やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ニホンヤモリの産卵・抱卵

image


こんにちは♪ リンコです(=゚ω゚)ノ

今朝、ニンゲンさんが夜間ヤモケージを覆う布を取ると・・・

image


image


いつもなら朝方、登り棒の陰でぐっすり眠っているはずのボンちゃんが所在無げにウロウロしていました。


ニンゲンさんが不審に思いながらもいつものようにケージの掃除を始めると・・・

image


シェルターの裏に、また綺麗に産んだタマゴが・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


おかげで寝床をなくし、ボンちゃんより所在のなくなってしまった私は・・・

image


テーブルヤシの植木鉢で一晩過ごしたわけです(´-`).。oO

おそらく無精卵だとは思うのですが、こんなにキレイに産むなんて、これはもうこの子の性格なんでしょうか。



image


ニンゲンさんが留守の間に、ヤモイモ家の庭はスズランの季節。

image


あら、こんなところに菜の花が・・・(・Д・)

image


と、思いきや、キャベツの花でした。

それにしてもなんて咲き方かしら(・・;)

image


日光浴をするトカさん。

image


「ヨーグルトハ、イラン。
ハニーワームヲ ヨコセ」と言っています。


image


時間の経過と共に、産卵時に切れた私の尻尾も再生してきましたよ(*^^*)

クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

どぉも!

モリーよ!!

今日はようやく春らしいお天気ね。

ニンゲン・メスは午後から出勤。

image

こないだ立て続けに脱皮したカマっ子2匹だけど、1匹が脱皮不全。

image

自力でエサを捕れるか心配だからって、ニンゲン・メスからコオロギの足をもらった脱皮不全っ子。

美味しそうに食べているわねw

image

それを実に羨ましげに見つめる脱皮成功っ子。

そういえば、あんたたち3匹いたはずなのに、いつからか、もう1匹の姿が影も形もないんだけど・・・まさか・・・・。


image

リンコさんにレオパフードヨーグルトをあげようと、ヤモケージから出したら・・・

image
なにこの行儀よく産み付けられた無精卵!!!!!


image

そしてなに、リンコさん、そのポーズ!!! 明らかにリンコさんのタマゴではないけれど・・・





ちなみにリンコさんのこのポーズは

「お尻にタマゴの白身と尿酸がくっついて取れないんですけど、何とかしてください(((( ;゚д゚)))」

のポーズ。


桑原和子の「神様~~~っ!」ではないわよ。(←関西の皆さんは分かるわよね?)



ちなみにこの後、温浴してお尻を綺麗にしたわ。

リンコさんはまだ予断を許さない状態ね。



image

初めてのタマゴをお行儀よく産んだと思われるボンちゃん。

見たところ体型にあまり変化はないわ。

でもカルシウムをたくさん使ったはずだから、きちんと栄養摂って休まなくちゃね。


BlogPaint

ガールズはお水換え。

image

みんなお水換えは嫌いだけど、きれいなお水は気持ちいいわね。


image

あら、カマっ子容器の中で・・・

image

脱皮不全っ子がちゃんとコオロギ捕まえて食べてるわ。

ニンゲン・メスの心配も杞憂に終わったようね。


image

春になって、外の景色が変わって気持ちも晴れ晴れしてきたわね。

もうすぐ新学期、スデューデンツも、ビジネスメンも、気持ちを新たにがんばりましょ。

クリックしてくれたアナタに春の女神が微笑むわ




にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

こんばんは ヤモイモ母です。

獣医さんで陣痛誘発剤を打ってもらったおかげでつまり気味だったタマゴを1つ産むことができたリンコでしたが、その後、2個目を産もうとしたときに、よっぽど苦労したのが、取れかけていた尻尾を完全に切ってしまいました。





↓自切画像注意!










image

トレードマークの再生尾が・・・なんてこった。

お尻から尿酸とタマゴの白身みたいなものが出ていました。

急いで病院へ。

image
レントゲンを撮ってもらいます。

お腹に白い袋みたいなものが写っていますが、これは潰れたタマゴの皮です。

お腹の中でタマゴが潰れてしまったようです。


獣医さんからは、「これが上手く排泄されるか、排泄されなくても便の通りを邪魔しなければいいけど。とりあえず今まで通り、液体状のフードをあげて様子をみてください」と言われました。


家に帰って、いつものようにレオパフードヨーグルトを与え、暖かくして休ませています。

タマゴの中身が出てしまったので、とりあえずお腹はしぼみましたが、お腹に残ったタマゴの皮が無事に出て来てくれることを祈ります。




にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

こんにちは♪ リンコです(*・ω・)ノ

病院に行って3日目の朝にとりあえず1個タマゴを産みました(*´ェ`*)


卵殻が形成されていない大きなタマゴでした。

カルシウムは摂っていたんですが、タマゴの方には回らなかったのかしらΣ(´д`;)


image

ご報告が遅れたのは、ニンゲンさんが雪国に出張に行っていたからです。

image




image

産卵する時にいきみすぎて、もうちょっとで尻尾を自切するところでしたε=ε=(;´Д`)



image

大きなタマゴが一つ出たので、お腹がちょっと楽になりました(●´ω`●)

奥にいるのが私 手前にいるのが孫娘のボンちゃんです。

image

ボンちゃん、体長はまだ小さいですが、どうも抱卵しているように思います。

娘のオーちゃんが初めて産卵したのも、生まれた翌年の春だったので、ボンちゃんも初めての産卵を迎えてもおかしくないお年頃です。

メスは抱卵するようになるとカルシウム不足に常に気を付けなくてはなりません。

image

レオパフードヨーグルトを食べて、温浴しました。

ヤモリのお腹に宿るタマゴは一時に2つ・・・あと1個、無事に産まねばなりません(=゚ω゚=;)

頑張るわ!


クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´∀`)つ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


<

こんばんは ヤモイモ母です。


一ヵ月前から抱卵のきざしがあるのに、なかなか産む様子がないリンコ。

タマゴ詰まりの疑惑もあるので、今日、トカさんかかりつけの病院へ診てもらいに行きました。

image

まだ寒いこの季節、電車を乗り継いで片道1時間半かかる病院へ、ヤモリを、しかも5年も家から出ていないリンコを連れていくのですから緊張します。

しかし、獣医さんから「卵詰まりは家ではどうしようもない」というご指摘を頂いたので、防寒対策をしっかりして出かけます。

image

保温バッグの底に新聞を敷きます。新聞の裏にはカイロが貼ってあります。

image

ケースにキッチンペーパーを敷き詰めます。

この大きさのケースが保温バッグに2つ入ります。

今日はトカさんとリンコ、2頭を連れていきます。

image

上からタオルを被せますが、タオルにもカイロを貼り付けています。



ニホンヤモリは身体が小さすぎて手術ができません。

先生に陣痛促進剤の注射を打ってもらって、様子見です。

image

帰宅したリンコさん。


凄腕先生の診断では・・・

〇リンコはうんと若い時にカルシウム欠乏症にかかっている。
(おそらく2012年の春~夏にかけて、リンコを一度野生に帰そうと思って庭に放した後、妊娠してガリガリに痩せて帰ってきたので、その際のことかと思います。)

〇カルシウム欠乏は一度は治ったが、その時の後遺症が年齢を重ねるごとに出て来て、脊椎が変形している。そのためにタマゴが生みにくい。

〇後ろ足を動かしにくそうにしているのも、脊椎の変形のため

・・・・であるそうです。


5年も前のカルシウム欠乏が今になって症状として表れるなんて、ヤモリにとってカルシウム欠乏は本当に怖ろしい病気なんだと思いました。



フードを舐めさせるようにとのアドバイスを頂いたので、帰ってきてレオパフードヨーグルトを用意すると、リンコは待っていたかのように3滴ほど舐めました。

食欲があるということは「生きる意志がある」ということです。

リンコには、しんどいかもしれないけど、頑張ってほしいです。



そして私たちの帰宅と同時に・・・

image

なぜかタムが脱皮していました。

image

脱皮と同時に産卵もしていました。

タムも一か月以上抱卵していたのですが、タムは食欲もあるし、いつものように部屋をぐんぐん散歩したり元気だったので、リンコほど心配していませんでした。

この通り、すんなり産んでくれました。

期間としてはタムの方が長く抱卵していたので、リンコにもするっと産んでもらいたいです。



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ












このページのトップヘ