やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ:繁殖 > ニホンヤモリの産卵・抱卵

こんにちは ヤモイモ母です。
IMG_8213
7月19日のお昼に生まれたココとタムの子供です。


IMG_8212
ちいさーいです。



BlogPaint
おかあさん(タム)と比べると、こんな感じ。


IMG_8211
今朝、無事にフンを確認しました。

IMG_8206
わんぱくでもいい。逞しく育って欲しい・・・というCMがありましたが、今まさにそんな心境です。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

ヤモイモ母です。

ローマから帰国しようという時、旦那からラインが来ました。

IMG_8204


IMG_8203


やっべ!

かわえぇ〜(*´Д`*)

タムちゃんとココちゃんの子。

リンコの孫で、私の孫です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



ちびコオロギ買っといてよかったー


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

IMG_8116
・・・タムです。

夏まっさかりですね。



IMG_8146
コイツはあたしたちヤモ一家の中で、今のところ一番若年者のモモタロウです。

ビビリなモモは、ニンゲンの気配があると、すぐに物陰に隠れます。

今はニンゲンが見ていないと思って、明るいところに出てきて紫外線を浴びています。


IMG_8155
ニンゲンが来たら、いつでもシェルターに駆け込める体制で背中を焼いています。

あたしには分かります。

どれだけビビリであっても、若人は夏を楽しみたいのです。






IMG_8154
ボンです。

ボンはニンゲンのことを怖がらないわりに、普段はシェルターの中に引きこもっていることが多いインドア乙女ですが、たまにケージの外に出すと、ニンゲンのおかーさんの肩から足の方まで登ったり降りたりして上下運動を繰り返しています。

あたしには分かります。

腹についたタプタプを気にしているのです。


ボンも女子ですから。



image
トカさんです。

今日も日課の「苔掘り」に勤しんでおられます。

本来であれば苔山の麓から山頂までトンネルを開通させるつもりだったのに、計算違いで中腹の変なところに出てしまいました。

このまま後退するのもシャクですし、かといって人間に助けを求めるのはもっとシャクなので、どうしようかと思案しておられます。

あたしには分かります。

トカさんはトカさんなりに、アクティブな夏を過ごしたいのです。





BlogPaint
イモリのおじさんです。

この季節になると、イモリの水槽の壁に保冷剤を押し当てて、水温を調節しています。

高温を苦手とするアカハライモリの中でも、特に暑がりのおじさんは、夏は保冷剤のある壁際から離れようとしません。

今は愛妻と保冷剤の間のベストポジションにいます。

あたしには分かります。

これも幸せな夏の過ごし方なのです。




image
5月10日に産んだ、あたしのタマゴです。

もうずいぶん色が黒っぽくなってます。

孵化は近いのでしょうか。遠いのでしょうか。

世話をしているニンゲンのおかーさんが、もうすぐ夏の出張に行ってしまうので、その間に孵化しちゃわないか気を揉んでいます。







IMG_8114
タマゴの父親であるココです。

「心配してもしょーがないぜ。」と言ってます。

あたしには分かります。

コイツはなんも考えてません。




IMG_8115
ニンゲンのおかーさんは、出張中タマゴが孵っても大丈夫なように、ピンヘッドコオロギとローチSSを大量買いしてきました。

子ヤモの世話と言っても基本的に大人ヤモの世話と一緒で、やることと言えばエサやりと霧吹きくらいです。
ニンゲンの旦那さんに任せてOKなんですが、おかーさんは「できれば孵化の現場には立ち会いたい」そうですwww


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


IMG_20180526_132710


・・・タムです。


IMG_20180526_132925
せっかく苦労して産んだタマゴPART2でしたが、生憎の無精卵ということで、ニンゲンのおかーさんに撤去されました。

シャクに障ります。


BlogPaint
しかも後から気付いたんですが、まだ腹ん中にもう1個あるっぽいのです。


IMG_7692
シャクに障るので、ニンゲンの旦那さんの手の届かない背中側に居座ります。

蹴りたい背中。

抜きたい髪の毛。


IMG_7701
タマゴPART1は、どうも順調に発生しているようです。

遠目から見ても明らかにピンクになって、真ん中らへんに黒い影が見えてきました。
中で赤ん坊の身体が作られていくのです。

IMG_7700
トカさんちの隣に保管。


IMG_7703
トカさんはお食事中です。

ニンゲンの旦那さんが観てるテレビが、サッカー中継ではなく、お笑いなので、ややお怒りです。


IMG_7702
脱皮したての小さい白デュビアを潰したものをお召し上がりになりました。

潰した柔らかいデュビアなのに、なぜか「ムシャァァァッ ムシャァァァッ」という迫力ある咀嚼音をたてておられます。

・・・我が子よ、隣人には気を付けろ。



IMG_7693
ニンゲンのおかーさんは、もうすぐ海外出張で10日ほど帰ってきません。

その間、旦那さんの面倒も見てやんなきゃいけません。

まったく、一家の母は大変です。


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村










IMG_7688

こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ



IMG_7696

2011年生まれの私はヤモ家の中では最長老で、みんなから「おばあちゃん」扱いされていますが、もしかしたら、再来月あたりに本当におばあちゃんになるかもしれません(●´ω`●)



10日に立派な有精卵を、1個だけ産んだタムちゃん。

通常ヤモリは2個いっぺんに産卵するものですが、もう1個のタマゴはいったいどこに行ってしまったのかしらと思っていたら・・・

BlogPaint



産みましたよ(●´ω`●) 残りのもう1個。
BlogPaint




こないだ産んだタマゴは切り株シェルターの裏側に隠すように産んでありましたが、今回はまた目立つところに産んだものです( ・Д・)
BlogPaint



しかも縦向き(正統派)ではなく、横向き。
IMG_7681

タマゴの側面はすでに潰れています。

そのまましばらく置いてみましたが・・・

BlogPaint

どうもこれは無精卵・・・('д` ;)

お腹がいつもより大きかったから、てっきり今回も有精卵だと思っていたのですが。




BlogPaint

お父さんもがっかりしちゃったのかしら?



IMG_7694
こちらは先に産んだ有精卵。

色といい、大きさといい、産み方といい、今回のタマゴとはぜんぜん様子が違います。

タムちゃんも産む前からお腹にあるのが無精卵だと分かっていたのでしょうね。



IMG_7689

とにもかくにも、無事に産んでくれて私たちヤモイモ家一同、ほっとしています。

産卵はメスの身体に大きな負担となるのですよ!

でも、哺乳類の生理と一緒で抱卵&産卵は女の宿命(;´Д`)
逃れようとして逃れられるものではありません。


有精卵か無精卵かということより、タムちゃんの健康が一番大事なので、するっと産んでくれて良かったと思います(*´ -`)(´- `*)


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村









このページのトップヘ