image

えっと、すいません・・・タムです。

イモリの拒食の話なのに、なんでヤモリなの?って・・・思いますね、そーですね。


「うちには拒食を語れるイモリはいない!」ってことで、当番あたしになったみたいです。

はじめに言っときますが、うちに拒食のイモリはいません。
しかし、このブログを訪れるニンゲンさんたちの中に「イモリ・拒食」で検索するひとがけっこういるみたいで、ヤモイモ家で拒食について語れるとこは語っとこうか・・・というハコビになりました。

ものすっごいめんどくさい偏食のオッサンと
BlogPaint


食欲が全て!思考の99.9%が食うことで占められている割りに、水温低いと食べる速度がめっちゃ遅くなるオバサンと
BlogPaint


日によってオメェラ頭おかしいんじゃないかってくらい食べたり、ぜんっぜん食べなかったりのチビイモリたち
BlogPaint

こーゆーメンバーを見てると拒食の原因については、ある程度予想がつきます。

ちなみにここで言う「イモリの拒食」とは水温20℃~27℃で成体なら一ヶ月以上、幼体なら一週間から10日、なにも食べず痩せてきてるかも・・・っていう状態です。
BlogPaint

こーゆーのは間違っても拒食とは言いません!あしからず!!

基本、イモリはあたしたち爬虫類以上に絶食には強い生き物です。


上のオバサンくらいデブ・・・もとい全身に栄養が行き届いている状態なら、一ヶ月なんも食べなかったとしてもさほど問題ありません。

でも、上陸したばかりの幼体や、田んぼで拾ったガリガリの個体、ショップからお迎えしたばかりなんだけどナ~ゼ~か~ガリガリの個体・・・なんかは、そっこー対策練った方が良さげかと思います。

食べるのも消化するのも、それ自体体力が必要なんで、弱かったり幼かったりした場合 時間との勝負です。

イモリの拒食の原因その①
好き嫌いが激しい!

「なんだよそんな理由あるかよ」と思ったあなた、あいつらの好き嫌いの度合いをナメちゃいけません。
「お腹が空けば何だって食べるでしょ」なんて哺乳類的発想はそっこー捨ててください。
やつら、嫌いなエサはたとえ死んでも食いやがりません。
BlogPaint

対処としては単純にエサを変えることです。
ヒカリウーパールーパーや冷凍アカムシだけがイモリのエサではありません。

一番食いつきが良いと予想されるのは個体差もあるでしょうが「生きたエサ」
特に2cm以下の小さめハニーワーム
これを目の前にチラつかせれば大抵のイモリは興味を示すと思います。

しかし、中には上のオッサンのように極度にビビリなイモリもいます。
できればワームはあげる直前に半分にちぎる。
コオロギなんかは全ての手足・触覚をとって食べやすくしてからあげることをオススメします。

虫が苦手なニンゲンさんなら、メダカなど小さなお魚をあげてもいいかもしれませんね。



上陸したてのイモリの幼体がアカムシに餌付かないなんてのはよくあることで、そんな場合は無理せずコオロギ1齢(ピンヘッドと言われてます。カエルを取り扱っているペットショップなら大概置いてます。)を通販かなんかで購入されることをオススメします。


イモリの拒食の原因その②
寒いor暑い
イモリは夏と冬とで食べる量がぜんぜん違います。
冬にエサを食べないのはあたり前のことなので、そんなに心配する必要はないです。
ちなみにオッサンは冬は2週間にいっぺんカルシウム添加したハニーワームのきれっぱしを1㎝食べるだけです。

しかし、幼体で痩せている子や、成体でも背骨が見えるほど痩せているような個体の場合、冬越しをするための栄養を蓄えられていないので気をつけた方がいいと思います。
熱帯魚用のパネルヒーターで水温を20℃くらいに上げて、エサ食いの様子を見ます。
イモリは高温に弱いので温度は上げすぎないように注意してください。

水温上げても食べないようなら原因①も関わってくるのでエサを変えてみます。


イモリの拒食の原因その③
うちにいるオッサンのようにガラスの心を持ったイモリなのかもしれません。
複数飼いの場合、いじめられたりしていませんか?
水槽の中で隠れられる場所はありますか?
汚れっちまった悲しみに小雪が降りかかったり・・・なんかいろいろあって、いじけているのかもしれません。
image

イモリが安心できる環境を整えましょう。
複数飼いでは場合によっちゃ別居です!別居!!

・・・でもオッサンは骨の髄までオバサンに支配されてるから、別居できないんだよね。

趣味このみって、人それぞれだよね。





image

・・・とりあえず、ヤモイモ家でお伝えできることはお伝えしました。

しかし、イモリにとって絶食以上に気をつけなければならないのは「エサの与えすぎ」です。
食べるようになったからといってどんどんエサをあげないようにしましょう。

どうしても食べないイモリに関しては「強制給餌」という手段もあるのですが、爬虫類への強制給餌の何倍も危険が伴います。
イモリはニンゲンの体温でヤケドするデリケート(???w)な生き物だからです。いやマジで。

「強制給餌」は最後の最後の手段です。
無理やり食わせる前に、どうにかやつらを食う気にさせましょう。


クリックしてもべつにいいことはないですが、心に余裕ある親切なヒトはしてあげてください。
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ