やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 母のつぶやき

IMG_6574

こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

IMG_6575

ニンゲンさんは、もうすぐ異国へ行きます。
1週間ほど留守にするそうです(*´ェ`*)


IMG_6600

私は来月でヤモイモ家にやってきて6年。

去年、タマゴ詰まりを起こしてしまったこともあり、すっかりオバアサンになってしまいました(´Д`) 


なかなか餌を1人で捕まえることが難しくなってきましたので、ニンゲンさんが留守にする前にレオパフードヨーグルトを給餌してもらっています。


IMG_20180115_132242

留守に備えてニンゲンさんは、新しい餌虫を買いに行きました。


育ち盛りのモモタロウちゃんが、

「僕、こんな小さいローチはいくら食べても食べた気せぇへんねん。もっと大きいローチがええねん・・・」

と訴えたかどうかは分かりませんが、ニンゲンさんはやや大振りのローチを買って帰ってきました。









虫画像注意↓

















IMG_6602

ローチはトマトが好きです。

ヤモイモ家の庭のプチトマトは、毎年冬になるまで実をつけます。

年末、最後の収穫で採れたトマトを貪るローチたち(゚д゚)






さて、ニンゲンさんは出張に向けて、新しいスマホを買いました。

ニンゲンさんはスマホでいつも写真を撮るので、さっそくカメラのテストをしたのですが、記念すべき被写体第一号は、私ではなく・・・


IMG_20180115_101614

ハエトリグモのエヴァ!!!




IMG_20180115_101827

エヴァは最近、よく私のケージのまわりをウロウロしています。

暖かくて過ごしやすいのでしょう。



IMG_20180115_101822

エヴァはとても美味しそうなハエトリグモちゃんですが、私の噛む力が衰えているということと、ニンゲンの旦那さんからひそかに可愛がられているということで、残念ながら私の食卓に上ることはないでしょう( ´_ゝ`)



続いての被写体は、次女のタムちゃん(●´ω`●)

IMG_6545

IMG_6546

タムちゃんはいつ見ても色白ですね(●´ω`●)(●´ω`●)


IMG_6547

タムちゃんが色白のせいなのか、ニンゲンさんがピントを合わせるのが下手なのか、輪郭がはっきりしないですね( ・Д・)





IMG_6553

続いてココちゃん(´∀`)



IMG_6552





IMG_20180115_140458

なんだか男らしくなりましたね(☆゚∀゚)ココちゃん




IMG_6548

日本も寒いですが、ヨーロッパも寒いようねヽ(・ε・)人(・ε・)ノ 

お気をつけて、いってらっしゃいまし。



クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´_ゝ`)ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ







                                   

IMG_6539

どうも!

モリーよ!!

ヤモリの赤ちゃんが亡くなって、ヤモイモ家は正月早々、悲しみのムード・・・

IMG_6536



でもね、悲しんでばかりもいられないわ!!


我が家にはニンゲンが2匹と、ヤモリが6匹、トカ君、そしてあたしとダーリンと28匹のイモリチルドレン、あと何匹か知らないけどメダカやらドジョウやら、生き物がたくさんいるのよ!!

生きてるものは生きてる以上、生き続けなければいけないんですもの!!

悲しくたって、お腹は減るわ!!

IMG_6562
ガールズによる「餌よこせ」の組体操。



IMG_6558

ボーイズによる創作ダンス。
題名は「ギブミー サムシング トゥ イート」





IMG_6556

ねぇっ!!

ボーイズルームの床にプラナリアがわいてるわよっ!!

ニンゲン・メス、あんたもうすぐ海外に行くんでしょ!?

出かける前に水換えはしていきなさいよ!!


・・・てゆーかあんた、書類作りは終わったの!!?


ちょっと、その前にガールズのランチの用意よ!!


IMG_6561
「♪エサ~を~~ エサを我らに~~♪  エサ~を恵たまえぇ~~♪」


トカ君だって病院に連れてかなきゃならないんでしょ?

リンコさんにレオパフードはあげたの??

あんたしっかりなさいよ!!

IMG_6560

「〇〇の分まで元気で長生きして」とかよく言うけど、それって本当。

亡くなったものがそのことで浮かばれるか浮かばれないかは、あたしだって死んだことないから分からないけど、ただ1つ確かなのは、あたしたちは今日をどうにかして生き抜ぬいていかなきゃならないってことよ。

これって野生動物でもペットでもニンゲンでも、同じことが言えるんじゃなくって??


クリックしてくれた貴方にファイト一発
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

IMG_6521

♪ア キャン テイ~ク オー ダ マッネス ザァット ワールドゥ ハズ トゥ ギブ ♪

他人ばかりの世界で毎日必死で生きてる小市民の皆さん、グッディーブニング♪

貴方のそばでいつも微笑む心の受け皿・・・サラよ




あ、サラと皿をかけてみました・・・・って、こんなクソ寒い季節にクソ寒い洒落。

・・・どうでもいいわね。

こんな冗談言うようになったなんて、アタシもオッサンね


IMG_6522

ねぇ聞いてよ。

アタシ、ここ最近、粒餌が食べられるようになったのよ。

キョーリンの光ウーパールーパーに限ってだけど、2~3粒食べられるようになったわ。



生餌とマグロのお刺身しか受け付けなかった超グルメなアタシが・・・。

誰よ、「年取って味覚変わった?」なんて言ってるの。

IMG_6523
イッツ スナックタ~イム♪ アイライク スナックタ~イム♪


モリーちゃんや、チルドレンがキョーリンの粒餌を夢中になって食べてるのに触発されたのかもしれないわね。








一昨日、昨日と、ずっと新入りのチビチビベビーの話をしていたけれど、ベビーにばっかり注目しているのもなんだから、今日は我が家のもうひとりの子ヤモの話をするわね。


IMG_6008
去年11月下旬に我が家にやってきたモモタロウ。

来たばかりの頃は、こんなガリッガリだったのが・・・



IMG_6510

2か月でこんな感じ。

IMG_6509

大人ヤモですらしり込みするようなMローチをバクバク。

ムチムチ体型になって、ほっぺたに栄養袋もできてきたわね。




モモタロウは身長は小さめだけど、思ったよりお兄ちゃんかもしれないわ。

・・・中学生くらいかしら?

モモタロウの実家のヤモヤモさんは「夏頃から家にいた」っておっしゃっていたし。


モモタロウは頭から尻まで5cmくらいしかなかったから、ニンゲン・メスは「いやいや、この大きさじゃ秋生まれですよ~」なんて答えたけど、家の中に食べられる虫がいなかったから成長が遅れただけで、本当に夏生まれかもね。


このモモタロウに、このたび問題行動が発覚したわ。


彼は最年長のリンコ(ヤモリ母、推定6歳半)とヤモイモ家に来てから2か月間ずっと同居していたんだけど。


なんだかここのところ、ヤモリ母の頭部に異変が・・・。

IMG_6531

はじめは脱皮不全のせいかと思っていたんだけど、今朝見たら昨日までなかった三角形の噛み傷がついていたのね。

IMG_6532
鼻先にも同じ形の傷。

この傷は一昨年、ココと一緒のケージに入れてたときに、よくボンの鼻先についてた傷と同じだわ。

モモタロウが元気になったのはとても嬉しいことだけれど、年寄りとの同居は力の関係上、無理みたいね。

BlogPaint

婆さんは悪くない。


ニンゲン・メスはすぐに新しいケージをネット注文したけど、正月休みの関係で、すぐにお届けはできないみたい。


ケージが届くまでの間、誰か他のヤモリの家にモモタロウをホームステイさせることにしたわ。



IMG_5641

ココ「はん!?この俺に子守の真似事しろってか??」


ココ兄さんの部屋に入れたら、モモタロウがしばかれるのは確実。




・・・となると、ヤモ次女?
IMG_5937

タム「・・・・・・。」



今、一番広いスペースに住んでいるのはヤモ次女。

この女、ひとりで3Lサイズのプラケを独占しているんだけど・・・。

BlogPaint

やたら縄張り意識の強いヤモ次女。

彼女の領域を荒らすものは、誰であろうと咥えてぶん回す。

こんなマッドドッグのケージにまだ子供のモモタロウを放り込むなんて、いくらなんでもできないわ。



やっぱり一番無難なのは・・・

BlogPaint

おっとりノンビリ ヤモ長女&ボンちゃんケージ。

このふたりなら、子供に手を上げるなんてことはまずないだろうし、いくら怖いもの知らずのモモタロウでも、この巨体のお姉さんふたりに喧嘩売ったりしないはずよ。




IMG_6511

そんなわけで婦女子のケージにモモタロウを投入。

ちょっとの間、不安げにチョロチョロしてたけど、それも初めのうちだけ。

小さな身体に似合わず肝の太い子ね。

すぐに不安が好奇心に変わり、我が物顔にケージの中を探検していたわ。

IMG_6528


ケージ奥に六角形のシェルターを発見したモモタロウは、何の躊躇もなく、のしのしと中へ入っていったんだけど・・・そのとたん、今まで壁に張り付いてぼーっとしてたボンが、いきなりシェルターに走って行って、モモタロウを追い出しにかかったわ。


身体は大きいけれど度胸のないボンは、へっぴり腰で尻尾をプルプル降って、モモタロウのお尻をちょんっとつついて(笑)威嚇。

「・・・あ・・・貴方だれですかっ・・・で、出てってください!」って感じ?


この娘、怒ることあるのね。六角形シェルター、そんなに気に入ってたのかしら。

あんまり入ってるのみたことなかったけど。

このちっちゃい六角形が、この娘の唯一のテリトリーなのかもしれないわね。



モモタロウのために、ニンゲン・メスはチャリを走らせて、もう1つシェルターを買ってきたわ。


IMG_6527

すると、今まで六角形シェルターにがっちり陣取っていたボンが、「あ、こっちの方がいい・・・」と、新しいシェルターに入っていくじゃない。



まぁ、ボンが新しい方を使うなら、モモタロウが六角シェルターを使えばいいし、それぞれ落ち着ける場所ができたわと思ったら・・・

IMG_6529


IMG_6530

なぜか執拗にボンのお尻を追い回し始めたモモタロウ。

「それあんたに買うてきたんやないで!僕のやで!」って怒ってるの?

でも攻撃をしかけるわけでもないし、ただただテクテクテクテク歩いて、お姉さんの後を付け回しているわ。



何?恋なの??

LOVEなの??

「おもろいねーちゃんやないか。ワイの好みやで。気に入ったで。」って言ってるの???






ちなみに同じケージにもうひとりいるオバサンのことは完全に空気として扱っていたわ。
BlogPaint




まぁ、中学生のモモタロウにとっては、いきなり目の前に20代中盤くらいの栄養状態のいいグラマー美女が現れたんだから、そりゃ興味も湧くでしょうね。

IMG_6516

モモタロウはまだ身体が小さいから、一緒にしといてもボンが妊娠なんていうことは、まぁしばらくないと思うけど、これじゃボンが休まらないから、ボンは反対に婆さんの家に里帰りよ。

これで落ち着くところに落ち着いたというわけね・・・。


職場や学校の人間関係に悩んで、ニンゲンは時々心の病気にかかったりすることがあるんですってね。

ニンゲンだけじゃなくて、ヤモリもイモリも、お互いの関係性ってフクザツなのよ・・・



クリックしてくれた貴方に心からのスマイルを
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


こんばんは ヤモイモ母です。

年末から年始にかけて、旦那と共に六甲山麓の私の実家に帰りました。

IMG_6352


私が留守の時は大概、ヤモイモトカの面倒は旦那が見てくれるわけですが、今回は親戚の集まりがあるので3日間は2人とも家を空けねばなりません。

ヤモリケージには自家製の加湿器とお弁当、イモリは出発前日くらいに餌をあげて水を換えてあげれば3日くらいの留守番はどうってことはありません。

問題は下半身不随のトカさんです。
IMG_6481

爬虫類なので普段充分な栄養を摂っていれば、餌は少しの間なら食べなくても平気です。

実質1日目の朝に出発して3日目の夕方には旦那は仕事で戻ってこなければいけないので、トカさんに断食してもらうのは1日だけです。

ただ、たった1日でも水が飲めないというのは可哀想です。

(トカさんの水皿は転落して溺れるのを防ぐため、普段は浅い皿を使っています。浅いので水を毎日足さないとヒーターの熱で干上がってしまうのです。)

春~秋の気候の良い時期で、もっと長期間の外泊であればいっそ連れていってしまうのですが、今回は去年買ったコレに登場してもらって、留守番してもらうことにしました。
IMG_6348

便器じゃないよ!給水器だよ!

ただ、この給水器にも問題点がありまして、小鳥用の製品のため、飲み口が床面から3cmと高く、下半身不随のトカさんにはやや使いづらいのです。

この機会に、トカさんが使いやすいように給水器に足場を作ることにしました。

IMG_6349

ホームセンターで買ってきたウレタン素材で、床面から飲み口までなだらかな傾斜を作ります。


IMG_6478

ウレタンは柔らかいのでカッターナイフでスパスパ切ることができます。

切った断面をツルツルにしてしまうと、トカさんが登りにくいので、あえてデコボコにします。

IMG_6477

飲み口は深いので、トカさんが誤って転落しないように竹炭を細かくしたものを入れます。

IMG_6475

どうだ、トカさん。

バリアフリー給水器だぞ!トカゲの社会福祉に貢献したぞ!!

誰か表彰してくれ!!


IMG_6476

「・・・便器ノ水ヲ飲ムノハ心理的ニ抵抗ガアル。」

と、言っているのかどうかは分かりませんが、湿った苔から水分摂取をするトカさん。


IMG_6482

便器の・・・いや、給水器の下に敷いたキッチンペーパーの下に潜って、便・・いや、給水器を撤去しようとするトカさん。

まぁ、とにかくウレタンに登れるということは確認したので、水が飲みたくなったら飲んでくれるでしょう。

そんなわけで私たちニンゲン2人は六甲山麓で年を越し、年が明けて旦那は一足先に多摩湖畔へと帰りました。

旦那が帰ったので、「もうヤモイモトカは大丈夫!」と、私はすっかり安心して、琵琶湖周辺でゆっくり寄り道をしました。

IMG_6463

このデカい不思議な茅葺の建物。

IMG_6465

滋賀県では有名なバームクーヘンの工場です。


IMG_6468

バームクーヘン旨し。


さんざん正月を満喫して、多摩湖畔へ戻ると・・・


IMG_6472

旦那がこの状態のリンコさんを抱いて、困り果てておりました。


IMG_6473


聞けば、朝からケージの前の方でウロウロしていて、気付けばこんな風になっていたとのこと。

慌てて32℃のお風呂にいれました。


IMG_6474
ようやくほっとした表情のリンコと旦那。

ふたりともすまんかった。

しかし旦那は、この機会に脱皮時のリンコさんのお風呂の入れ方も覚えてくれました。

私は今年も出張が続くので、頼りにしています。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ
















IMG_6327


・・・タムです。

あけおめです。


IMG_6371


ニンゲンのおかーさんは、六甲山麓で新年を迎えた後・・・


IMG_6392


雪の中・・・


IMG_6403


メタセコイアの樹々の間をひたすら走り・・・


IMG_6384


IMG_6407


IMG_6387


琵琶湖へとやってきました!



IMG_6433


ここは琵琶湖博物館です。


IMG_6417


ここには、琵琶湖周辺に住む・・・


IMG_6418


様々な・・・


IMG_6449


実に様々な生き物たちが・・・


IMG_6442


展示されています。


IMG_6427


・・・楽しそうですね。


IMG_6435


こちらは琵琶湖大ナマズさんです。


IMG_6437


とても大きなナマズさんですが、「どのくらい大きいのか、イマイチ分からねぇ!」という人のために・・・


IMG_6450


原寸大の模型と自撮りもできます。



IMG_6443


オオサンショウウオさんのお手てかと思ったら、あんよでした。


IMG_6444


こちらが上半身。


IMG_6432


骨格の模型もあります。


IMG_6428


海洋堂か!?



IMG_6430


大事なことも書いてあります。


IMG_6416


哺乳類もいますね。

こちらはカヤネズミ。


IMG_6439


石にみっしりタマゴ



IMG_6441


「なによ!勝手に撮らないでよ!!」



IMG_6459


生き物以外にも、地層や歴史や風俗など、琵琶湖畔のすべてがこの施設に集約されています。

1日遊べるようですよ。


IMG_6326


そんなわけで、ニンゲンのおかーさんは琵琶湖で一泊して、明日多摩湖に帰ってくるようです。

今年もヨロシクお願いします。

クリックどうも。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ