やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 母のつぶやき

IMG_0771

どぉも!

モリーよ!!


なんかいきなりあったかくなったと思ったら、各地で夏日、真夏日ですって!?


どうりで水槽の中が苔だらけになると思ったら・・・

BlogPaint
水質はそんなに悪化してないと思うんだけど、見た目が汚いから、ニンゲン・メスはボーイズ&ガールズ水槽の水替えをしたわ。


BlogPaint
ボーイズ、テンション高・・・

この子たち、水替えは嫌がるくせに、水がきれいになったらものすごく気持ちよさそうにしているのよね。

苔で水の色が暗いときは、みんな陸場にいるくせに、水がきれいになったらいっせいに潜って遊んでいるわ。


IMG_0761
庭のイチゴもいっせいに花をつけたわ。


IMG_0774
特になんの手入れもしれいないのに毎年咲くイチゴ。

えらいわね。


IMG_0760
こちらは野生化したイチゴ。



IMG_0759
スズランも花をつけ始めたわ。


IMG_0772

IMG_0776
待って待って、やっとのことで春が来て・・・。

でも春はきっとあっと言う間に過ぎていくわ。

すぐ夏が来るわ。


暑くなる前に身体のコンディションを整えておかなくちゃね。

クリックしてくれた貴方にベスト・シーズンを

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 


ヤモイモ母です。

ドバイ経由でリスボンに行ってきました。


IMG_0504
空から見たドバイ。

砂っ。


ドバイではトランジットの時間が7時間もあります。

ドバイやアブダビの空港には乗り換えで何度も来ていますが、せっかく時間があるので入国しようぜ、ということになりました。

といっても、あまり遠くまでは行けないので、タクシーで30分くらいのところにある世界一高いビル、ブルジュ・ハリファを見に行きました。

cache_Messagep70648
近くまで行っても、比べるものが周囲にないせいか、あんまり高さが分からなかったのですが、全長828mあります。

ちなみにこのブルジュ・ハリファに登りたければ、前売り4000円、当日1万円以上のチケットを買わねばなりません。

仕事でさんざん高いところに登っているということもあり、ケチな我々は登りませんでした。

ブルジュ・ハリファの前で記念写真だけ撮って、そのままとんぼ返りで空港へ戻ります。


IMG_0647
羽田からドバイまで11時間、ドバイで7時間過ごしたあと、さらに7時間かけてリスボンへ。

リスボンは遠い。

16世紀、天正遣欧少年使節団は長崎からここまで来るのに2年もかかりました。

IMG_0525
ベレンの塔です。

これも大きいんだか小さいんだか、ぱっと見わかりませんが、7階建ての建物です。



到着したのが早すぎて、まだ時間があります。

外でぼけーっとしてたら雨が降ってきたので近くの喫茶店に逃げ込みました。


IMG_0533

名物「パステル・デ・ナタ」

中のカスタードは甘さ控えめであっさり。外のパイはパリパリしています。



お菓子を食べている間に晴れました。
IMG_0537
ベレンの塔のてっぺんまで階段で登ります。

これがけっこうシンドイ。

ぜいぜい言いながらやっとの思いで屋上の展望台へ。

ここは地中海のはしっこあたりで、その向こうは大西洋です。


IMG_0581
リスボンは坂の街です。

登ったり降ったりが仕事だと思っている我々も、ちょっとキレそうになるくらい坂が多いです。

海から丘にかけて登り坂なのは当たり前のことですが、内陸に向けてちょっと下って、また登って、また下って・・・というワケの分からない地形をしています。

「なんでさっき登ったのにまた降りてもう一回登らなあかんねーん!」ってなります。

なので昔から街中にエレベーターやらケーブルカーが欠かせません。


上の写真はサンタ・ジュスタのエレベーターといって、100年以上も前に作られたエレベーターで、坂の上の街と下の街を結んでいます。



IMG_0584
エレベーターの上から見たリスボンの街です。

IMG_0586
反対側には、大震災で壊れたままの教会があります。

IMG_0567
聖ジェロニモス修道院です。

写ってませんが観光客でいっぱいです。

IMG_0549
スパイス貿易で得たお金で建てたという豪華な修道院ですが、壁を飾る彫刻がいろいろ不思議。


IMG_0562
修道院の入口にある顔ですが、なんでこんななんとも言えない表情をしてるんでしょうか。

「あんた、部長さんから電話やで!」


IMG_0561
「めんどくさいから留守やて言うて!」


IMG_0551
雨が降ると口から水がゲボゲボゲボ・・・


IMG_0550
バッタの口から水がポタポタ・・・


IMG_0546
上のオッサンに冠をベロリンチョされている王様の表情よ。      

何百年も残る建物の彫刻に、なんでかこのデザインを選んでしまった昔の職人さん・・・好きですよ、そのセンス。



IMG_0614
天気と坂道に悩まされたリスボンでしたが、なかなか楽しんで帰ってきました。

お土産はコレ。

IMG_0655
以前「やもりといっしょ」のおきさんもブログで紹介されていましたが、ボルダロの陶器です。

お値段8€。お買い得価格。

IMG_0656
トカゲの他にもリアルなカタツムリやら、芋虫やら、なかなか食器としては使い辛そうな面白いものが並んでいました。



IMG_0657
お食事中のリンコさんに見せてみました。

「ふーん( ´_ゝ`)」

まったく興味なしですね。


ニンゲンのオヤツ皿として使います。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 


IMG_0485
やっほ~

オーちゃんだよ~~

ダッピしたの~~


IMG_0484
てのさきとか、ちょっとだけダッピフゼンだったから、エイヨウザイなめさせられて、32どのオフロにもいれられたの~

ちょっとオコなの~~



BlogPaint
オーちゃんがオフロにいれられてるあいだ、ヤモリのおかあさんはマドベをおさんぽしてたの。

ボボたちと、なんかおはなししてたよ~


IMG_0488
いやなことをガマンしたあとは、もちろんゴホウビをもらったよ~

だいすきなハニーワーム



IMG_0493
ニンゲンのおかあさんがシャシンをとるヒマもなく、ペロッとたべちゃった~


IMG_0486
きもちのいいキセツだね~

でもまだまだヨルはさむいから、やもいもけでは、しばらくパネヒははずさないよ~


クリックしてもらえると、うれしいよ~


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 


IMG_0466
こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

皆さん、お元気?

私はついこの間、2年ぶりにタマゴを産みましたよ(゚Д゚≡゚д゚)

私が抱卵したと知って、ニンゲンさんはえらく心配していましたが、私たちのような爬虫類にとって、抱卵しなくなるということは繁殖能力を失ったということで、生命エネルギーがなくなってきたということなんですって。

私、まだ若くて女捨ててないってことよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


さて、ニンゲンさんは年が明けてから西へ行ったり、東へ行ったり、わちゃわちゃと忙しなく働いていました。

その間、私たちヤモリ一家はどうしていたかというと・・・



IMG_0451
コムちゃん(´∀`*)

IMG_0456
見て下さい。

こーんなに大きくなったのよ(^∀^)

もうタマゴも2つ3つ産みましたよ。


コムちゃんは将来モモタロウちゃんのお嫁さんになる予定ですが、ニンゲンさんはご自身の経験でも、人から聞いた話でも
「1歳未満のペアリングなんてロクなことねぇわ( ・Д・)」
と思っているので、お嫁さんになるのは早くても来年(*´ェ`*)


IMG_0473
モモタロウちゃん(・∀・)

冬の間も毎日かかさずローチSをちまちま食べていましたが、身長はあまり伸びませんでしたね。


IMG_0452
コムちゃんのお父さん、ココちゃん。

冬の間、何カ月もほとんど食べずに、時々ニンゲンさんに無理やり栄養剤を舐めさせられるほかは、ガンジーのごときハンガーストライキを行っていたココちゃんですが、ひと月ほど前から食べるようになって、今や暴飲暴食の日々・・・(*´ -`)(´- `*)

すっかり「お父さんらしい」体型になりました。

IMG_0453
コムちゃんの母親、私の次女のタムちゃん(●´ω`●)

タムちゃんは「食」に対してこだわりのないヤモリですが、抱卵シーズンはやっぱり食べますね。

量は食べるけれど、定期的な産卵と、適度な運動で、理想のプロポーションを保っています(☆゚∀゚)


IMG_0454
コムちゃんの母方の伯母、オーちゃん。うちの長女(´∀`)

オーちゃんは常に何か食べています。

真冬は他の季節と比べて、ほんの少し食欲がない時もありましたが、いついかなる時でもハニーワームは食べましたΣ(´д`)

ただ、ハニーワームは脂肪分が多くて消化もあまりよくないので、たくさんはあげられません。

よく食べますが、オーちゃんはこれ以上太りません。

年中同じ体型を維持しています。


IMG_0455
コムちゃんの父方の叔母、ボンちゃんです(*゚▽゚*)

ボンちゃんはぽっちゃりさん。

オーちゃんほどたくさん食べるわけではないのに、こんなにぽっちゃりなのは運動しないからでしょう。

シェルターの中でじっとしているのが好きヽ(・ε・)人(・ε・)ノ 


IMG_0460
冬は、野性ヤモリにはもちろん、飼われヤモリにとっても体調を崩しやすい厳しい季節です。

今年も無事に乗りきれたことを感謝したいと思います(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


さて、ニンゲンさんはまた出張の準備ですよ。




クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( -д-)ノ

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 



ご無沙汰しております。


ヤモイモ母です。


日々のたまりにたまった仕事&雑事で忙殺されていましたが、私もヤモもイモも元気にしております。



IMG_0459
先日、脱皮したリンコさん。

リンコさんは2年ぶりに抱卵しておりました。

一昨年タマゴ詰まりを起こし、すっかり足腰が弱ってしまったリンコさんです。

今回無事に産めるのか、早めにお医者さんに連れて行った方がいいのか(タマゴ詰まりは家ではどうしようもない)温浴をさせながら気を揉んでいましたが、脱皮のあとスルっと産んでくれました。

IMG_0461
「エサの与えすぎは抱卵・産卵を誘発するからあまり良くない」という説がありますが、抱卵している個体にエサを与えず栄養不足にさせるのは、それこそクル病やタマゴ詰まりの原因になると思っています。

ヤモイモ家では常にケージにエサ入れを設置し、その中に野菜くずとエサ虫を入れて、いつでもヤモリが食べたい時に新鮮なエサ虫を食べられるようにしています。

我が家では今のところ、エサの与えすぎで深刻な問題が起きたことはありません。

あくまで我が家でのケースですが、ヤモリの体調不良は、常に栄養不足から起こっています。
(しかし、この栄養不足はカロリー不足というより、ビタミン・カルシウムの不足です。)

リンコさんは自力での捕食が難しいので、レオパフードを溶いたヨーグルトの給餌が欠かせません。


IMG_0462
母親であるリンコさんと一緒に、シェルターのくぼみにいる娘オーちゃん。

IMG_0463
オーちゃんは最近よくリンコさんにくっついています。

・・・なんのつもりでしょうね?パワー注入なのか??

リンコさんが嫌がらないので放っておいています。

リンコさんは今年8歳。

私のヤモイモライフは、彼女との出会いで始まりました。


元気で長生きしてほしいです。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 

このページのトップヘ