やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 繁殖

こんばんは ヤモイモ母です。

今日、モモタロウのケージを掃除していたところ、ビビリっ子でテンパリのモモタロウが、ピョンとリビングの床に飛び降りて、そのままぴょんぴょんリビングを飛び回り始めたため、踏んだりしたらいけないので、一時的にタムのケージに入れました。

IMG_7287

さっきまでビビッていたくせに、女性の部屋に入れた途端、「チッチッチッ」と、求愛ソングを歌いながら尻尾を振るモモタロウ。

当然タムは無視するもんだと思っていましたが・・・

BlogPaint

なぜか受け入れ態勢になっている・・・。



IMG_7291

ヤモリのオスは、このようにメスの首筋に噛みつき、メスの身体を捕ていして事に及びます。

IMG_7289

事に及んでいる間は、ずっとメスの首筋を咥えて離してはならないという流儀がヤモリ界にはあるようで・・・

IMG_7292

タムもおそらく首が痛いのをこらえつつ頑張っているのですが・・・

IMG_7293

首筋を咥えたままだと、どうしても「下の方」が届きません。

モモタロウの身長が足りない。




以前買ったヤモリの本に「ニホンヤモリは2回冬を越して大人になる」と書いてありましたが、これは「性成熟しても、身体の大きさ的に子孫を残すには至らない」ということだったのでしょうか?

かつて、ポピさんのおうちの男子ヤモリ軍と我が家のメスたちがお見合いをしたことがありましたが、我が家のメスの首筋に交尾の痕を示す三角の傷があっても、有精卵が生まれなかったのは、男子がまだ若くて体格に差があったせいかもしれません。






私には「リンコの血筋を残したい」という密やかな願望がありました。

しかし、長女のオーちゃんはいい加減なタマゴしか生まないし、次女のタムちゃんは極度のヤモリ嫌いということで、半ば諦めていました。

しかし、タムちゃんがこの様子なら、これは望みがあるかもしれません。



モモタロウがダメなら、頼みの綱はこの男ヤモ・・・。

IMG_7294

引きこもり歴2年のココさんです。

しかし普段から何を考えているか分からないココ兄さん、女性に対して興味はあるのでしょうか?

「俺は二次元しか受け付けねえ」

とか言われたらそれまでです。



タムの気分がノッテいるうちにタムケージにココさん投入。

IMG_7295

一緒にしてものの20秒でこうなりました。

IMG_7297

君ら、ニンゲンがすぐそばでガン見しているというのに恥ずかしいとかそういう気持ちはないのか。



IMG_7298

誰に教えられたわけでもなく、子孫の作り方は本能で知っています。

性教育なんてものを学校でわざわざ教らなければならないのはニンゲンだけです。

IMG_7299

やはりココはタムの首筋を咥えたままです。

IMG_7301

・・・しかし長い。

30分はこの姿勢でした。

野生動物の交尾なんて、パッと終わるかと思っていましたが。

この姿勢で天敵に襲われたらどうするんでしょう?


IMG_7302

35分が経過した頃、タムが突然キレました。

「長ぇわっ!」

と、思ったのでしょうか?


ココの〇ン〇ンを生殖器に入れたまま、突然ダッシュで壁を駆け上る。

哀れココは足を滑らせ、〇ン〇ンだけで壁からぷら~んとぶら下がっている状態でもがいています。

ニンゲンの女である私も、これはココちゃんすごく痛そうだということは分かります。

慌てて救助しました。


初めてヤモリのヘミペニスというものを見ましたが、2cmほどの赤いものがココの股から伸びて、お腹にべっちょりくっついていました。

このまま〇ン〇ンが体内に戻らずに乾いてしまうと、いわゆる「ヘミペニス脱」になってしまうでしょう。

そうなったら困るので、濡れたティッシュで総排泄口の中に押し戻します。

どうやら片チンになるのは免れたようです。

IMG_7307

私の肘の上でしばし呆然と立ち尽くすココ。

ヤモリのオスが事に及ぶ際、ずっとメスの首を噛んで離さないのは、メスが突然暴れて〇ン〇ンが負傷するのを防止するためなのかもしれません。

しかし、ヤモリの交尾というのはオスもメスも大変ですね。

他人のプライバシーを覗く趣味は良い趣味とは言えませんが、こういう事例を見てしまうと、これから先、ニンゲンが見ていないところでヤモリに交尾をさせるのは、ちょっと心配になってしまいます。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image
悩めるイモリストの皆さん、グッモーニング♪ 

貴方の心に咲く一輪の赤いバラ・・・サラよ

『アカハライモリのモリーちゃんのページ』中間報告なんだけど・・・

BlogPaint

とりあえず今、卵のことでお困りの人が多いようなんで卵と幼生の飼育記録を大急ぎでまとめたわっ!

内容的にはこのブログで紹介していることと変わりはないんだけど・・・このブログ、ページ数が多い上にまとまりが悪いのよね。どの日記から読んだらいいのか皆さん迷われてるみたい


繁殖に関してはできるだけ要点をついて書きたいと思ってるの。

ニンゲン・メスの文章力ではなかなかうまいこといかないけどね



ご意見・ご要望あったらよろしくね

幼体の飼育記録も初夏までには間に合わせるようにするわね!



ニホンヤモリのページは、まぁだいたいの感じはできたのかしら?
スマホだと読みにくいから、もう少しいじるみたいだけど。

ボタン
<a  title="ボタン" target="_blank" href="http://mojankomojaman.wix.com/nihonyamori"><img  src="http://livedoor.blogimg.jp/yamorinimorin/imgs/f/d/fdf3ab28.gif" alt="ボタン" class="pict" height="100" hspace="5" width="200" border="0"></a>

とりあえずこのヘボバナーで勘弁しといて。



アカハライモリ繁殖を考えてる皆さんは、家族計画をしっかりたててね。


・・・アタシたちはなにも好き好んでペットになったんじゃないわ。

貴方たちニンゲンがアタシたちイモリをペットにしたのよ。


だから飼う以上は命を預かる責任をしっかり持ってほしいわ。

小さな生き物だからって軽く考えないでね。

image

イモリとニンゲン、双方が幸せであってこそ素敵なイモリスト・ライフよ

貴方のイモリスト・ライフに幸多かれ

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ


にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ



にほんブログ村
 
ヤモリランキングへ

image
どぉも!
モリーよ!!

貴方が今お読みになってる、このへっぽこブログ「やもりんいもりん」のアクセス数がなんかここのところ急に伸びてる・・・

これはニンゲン・メスが仕事中(!?)に後輩たちに白い眼で見られながら一生懸命作ったサイ
「ニホンヤモリのページ」の効果かしら・・・


・・・と、思いきや検索ワードの圧倒的上位は「アカハライモリ・繁殖



ほれほれw
ごらんなさいなww

やっぱり世論はヤモリよりイモリなのよ!!!

ちょっとニンゲン・メス!聞いてるの!?ニホンヤモリのページなんかに時間を割いているヒマがあったら「アカハライモリのページ」つくりなさいよっ


ニンゲン・メス「でも、アカハライモリに関しては良い飼育情報が出回ってるしぃ・・・」

BlogPaint

あたしの言うことが聞けない??

確かにアカハライモリは熱帯魚屋さんや爬虫類ショップなんかでも置いているところが多いし、ニホンヤモリよりかペットとしての地位を確立しつつあるわ。


でもね、ニンゲン社会に出回っているほとんどの個体は成体よ。

卵→幼生→幼体の飼育記録ってそんなにないのよ・・・



寒いけど季節は春。

早いところでは、きっともう「飼ってるイモリが卵を産み始めた。どうしよう・・・」って、困ってらっしゃるお宅があるのよ!!


・・・ニンゲン・メスがぐずぐずしてるから、とりあえず一昨年の記録貼っとくわ!!
image


アカハライモリの繁殖その①タマゴ

アカハライモリの繁殖その②幼生

アカハライモリの繁殖その③幼体


とりあえずタマゴ~赤ちゃんの時は水質の悪化に気をつけて!
いざ水が汚れた時すぐに水替えができるように常時汲み置きの水を用意してると安心よ!!

あと、できればタマゴから孵る前に生餌をコンスタントに供給できるようにしとけば慌てなくてすむわ!

近所に池がある人はミジンコとってきて。
バケツに水を汲み置きしてミジンコ入れて日の当たる暖かい庭やベランダに置いとけば増えるわ。


image

もうそういう季節なのね・・・毎年のことだけど、なんだか感慨深いわ。

え?我が家??

いくらなんでも、これ以上子供はねぇ・・・
image

image
貰い手のなかった28匹の我が子たちは、おかげさまでみんな立派に成長して・・・

image
あたしとダーリンを合わせて今や我が家は総勢30匹の大所帯。


・・・増やす人は前もって引き取り手を探すことね。

ニンゲンもイモリも幸せに暮らすための家族計画をたててね!

クリックしてくれた貴方に明るい未来がありますように


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ


にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ



にほんブログ村
ヤモリランキングへ








BlogPaint

どうも~!
週刊「イモスポ」です。

今週の第一面は・・・

BlogPaint



<以下記事です。>

一見、平和そうに見える家庭に何があったのか?

事件は9日午後、イモリ専用高級マンションの一室で起こった。

マンションに住む男性・・・もといニューハーフのサラ・ド・イモリン容疑者(推定5歳・無職)が妻モリーさんの左下腹部を噛み、全治3日の怪我を負わせたのだ!

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint




サラ容疑者はモリーさんに暴力をふるっているところをニンゲン・メスに押さえられ、その場で現行犯逮捕となった。 逮捕時の犯人の顔。

image
image

ご覧の通り、凄まじいまでの紫色である。






夫婦をよく知る人物に話を聞くことができた。




BlogPaint

BlogPaint


サラ容疑者は普段はどちらかというと大人しく内向的で、いつも妻であるモリーさんに付き従っているような夫であった。

しかし婚姻色である紫色が鮮やかになるにつれて、嫌がるモリーさんにしつこく付きまとい、乗り気でないモリーさん相手に何時間も求愛行動をする場面も見受けられたという。

その様子はまるで人が変わった・・・いや、イモが変わったようであった。



モリーさんは現在、水替えしたばかりの清潔な環境で療養中である。

一時は取り乱していたが、「ヒカリウーパールーパー」を数粒食べると落ち着きを取り戻したようである。

傷は浅く、数日で治る見込みである。




一方、サラ容疑者はモリーさんと引き離され、現在 独房で反省中である。

BlogPaint

本人は妻のもとへ帰ることを切望しているが、身体の紫色が消えるまで、それはかなわないだろう。




以上、週刊「イモスポ」でした~!

ちなみに、男ばかりの男子水槽は平和です。
BlogPaint


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
ヤモリランキングへ

image
時代の流れに押し流される現代社会の皆さん、グッディーブニング♪

空堀川のはぐれカモメ、サラよ






2週間にわたるヤモイモ・テラスハウスの生活も終わりを迎えたわ。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

一昨日ポピさんが迎えにいらして、ちょろちゃんとかりめろちゃんは元気におうちに帰って行ったわ。

ちょっと寂しくなったわね・・・


でもね、ニンゲン・メスはポピさんといろいろお話できてとても楽しかったようよ

詳しくは
http://perorin.sblo.jp/ 手乗りドラゴン ぺろ育成日記さんを参照してね




あとね、ポピさんともうひとりゲストがいらしたのよ!
image

じゃ〜ん
ポピさんとこの長女、レオパのぺろちゃん。

ぺろちゃんはね、とっても大人しい女の子なの。
ニンゲン・メスとポピさんがお話してる間、ずーっとポピさんの首元でおねんねしてるの。
可愛いいったらないわ


ポピさんがちょろちゃんとかりめろちゃんの帰宅の準備をしている間はソファでおとなしく待ってるのよなんてお利口なのかしら

ニンゲン・メスのレオパに対する興味がむくむくと沸き起こってきたようよ



うちにはすでにヤモリ3匹、アタシたち一家が30匹いるというのに・・・。

いえ、それどころか今後ニホンヤモリの一族の世帯数はお・そ・ら・く増える予定なのよっ


さぁて、このお見合いの結果どうなるでしょうねぇ・・・




image

クリックしてくれたアナタの人生によき出会いがあらんことを

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ