やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 病気への対処

image

こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

image

お腹の中で潰れてしまったタマゴの殻を、一昨日無事に産卵した私ですが、胃腸の働きを良くするために、今日も食事と同時にお風呂に入りました(`・д・´)

詰まりがちだったお通じや、産卵も、こうしてお風呂に入っている最中に催してきたので、やはり温浴は効果があるんだと思います。

image

お風呂の温度は32℃のぬるま湯

溺れ防止のためにニンゲンさんに固定された状態で2~3分ほど浸かります(*´Д`*)

image

食欲が湧かない時でも、お湯の中で温まりながらだったら食べられることが多いです。

お腹がいっぱいになったら、ニンゲンさんは私の鼻に水が入らないように気を付けながら、汚れた口周りを軽く指先で洗います。

image

お風呂の後は、身体が冷えないうちにティッシュペーパーで水けを拭き取ります。

image

抱卵している間にタマゴに栄養を奪われてすっかり痩せてしまいましたが、これから夏に向けて体力をつけていかなきゃなりません(・∀・)つ

まだ老け込むわけにはいかないわ!



クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

こんにちは ヤモイモ母です。


今朝、リンコを温浴させていたら、いきなり力み始めました。

総排泄口からウ〇チに続いて、尿酸とは違う白い塊が見えてきたので、トカさんの排泄マッサージの要領で下腹部を軽く圧迫しながら、ピンセットで白い塊の先をつかんで引きずり出したところ・・・

image
こんなものが出てきました。

お腹の中で潰れたタマゴがようやく排泄されたようです。

image

2月の半ばに抱卵。

3月半ばになっても産む気配がないので、病院に連れて行き、陣痛誘発剤の注射を打ってもらい、数日後に1つ産卵、残りの1つはお腹の中で潰れてしまいました。



獣医さんからは、

「うんと若い時にカルシウム欠乏にかかり、その後遺症で年取ってから脊椎が曲がってきている。
脊椎が湾曲しているからタマゴが産みにくい状態。
潰れたタマゴのせいでお腹に炎症が起きるとマズイ。
タマゴが便の通りを妨げると危険。殻がうまく排泄されるといいが。
とにかく液状のエサを続けてください」

・・・と言われていました。


<リンコ通院の記録>
1回目  2回目


栄養は取らせないといけないので、
2日に1度の流動食(レオパードゲッコーフード+ヨーグルト)

便通をよくするために食事の後には
温浴(32℃のぬるま湯に顔が浸からないように注意しながら2~3分浸ける)を繰り返していました。


時々、温浴の最中に便やタマゴの中身とおぼしき透明などろどろしたものを排泄することがありました。




一昨日、温浴の際に大きなウ〇チを排泄しました。

その後、お尻のあたりをやたらと気にするそぶりを見せていました。

そして、今朝、給餌の際にお尻に小さなウ〇チと、タマゴのカケラらしい白いものがこびりついていたので、それをふやかして取ろうと、いつもより長めに温浴させたところ、タマゴが排泄されたというわけです。



ニホンヤモリのタマゴ詰まりは対処の仕様がないと言われていたようですが、爬虫類の医学も進歩しているようですし、昨今は打つ手もあるようです。

今回、早めに信頼できる獣医さんに診てもらえたことが良かったのではないかと思います。

自宅で出来ることと言えば、ヨーグルト給餌と温浴くらいなので、タマゴ詰まりの際はなるべく早く病院に連れていった方がいいですね。



引き続きリンコの体力を回復させるべく、給餌と温浴を続けていきます。



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

こんにちは ヤモイモ母です。


今朝のリンコ。
image

真っ白ミイラ女状態!

慌てて温浴させます。

32℃のお湯に5分ほど、溺れないように身体を支えてやりながら浸からせます。

お尻からは、またタマゴの白身と尿酸を排泄していました。


温浴で浮いてきた皮を少しづつ剥いてやり・・・

image

スッキリしたリンコ。

自切の痕が痛々しいですが・・・

レオパフードヨーグルトを舐めさせ、暖かくしたケージの中に入れてやると、シェルターの中に入っていきました。





にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

こんばんは ヤモイモ母です。

獣医さんで陣痛誘発剤を打ってもらったおかげでつまり気味だったタマゴを1つ産むことができたリンコでしたが、その後、2個目を産もうとしたときに、よっぽど苦労したのが、取れかけていた尻尾を完全に切ってしまいました。





↓自切画像注意!










image

トレードマークの再生尾が・・・なんてこった。

お尻から尿酸とタマゴの白身みたいなものが出ていました。

急いで病院へ。

image
レントゲンを撮ってもらいます。

お腹に白い袋みたいなものが写っていますが、これは潰れたタマゴの皮です。

お腹の中でタマゴが潰れてしまったようです。


獣医さんからは、「これが上手く排泄されるか、排泄されなくても便の通りを邪魔しなければいいけど。とりあえず今まで通り、液体状のフードをあげて様子をみてください」と言われました。


家に帰って、いつものようにレオパフードヨーグルトを与え、暖かくして休ませています。

タマゴの中身が出てしまったので、とりあえずお腹はしぼみましたが、お腹に残ったタマゴの皮が無事に出て来てくれることを祈ります。




にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

こんにちは♪ リンコです(*・ω・)ノ

病院に行って3日目の朝にとりあえず1個タマゴを産みました(*´ェ`*)


卵殻が形成されていない大きなタマゴでした。

カルシウムは摂っていたんですが、タマゴの方には回らなかったのかしらΣ(´д`;)


image

ご報告が遅れたのは、ニンゲンさんが雪国に出張に行っていたからです。

image




image

産卵する時にいきみすぎて、もうちょっとで尻尾を自切するところでしたε=ε=(;´Д`)



image

大きなタマゴが一つ出たので、お腹がちょっと楽になりました(●´ω`●)

奥にいるのが私 手前にいるのが孫娘のボンちゃんです。

image

ボンちゃん、体長はまだ小さいですが、どうも抱卵しているように思います。

娘のオーちゃんが初めて産卵したのも、生まれた翌年の春だったので、ボンちゃんも初めての産卵を迎えてもおかしくないお年頃です。

メスは抱卵するようになるとカルシウム不足に常に気を付けなくてはなりません。

image

レオパフードヨーグルトを食べて、温浴しました。

ヤモリのお腹に宿るタマゴは一時に2つ・・・あと1個、無事に産まねばなりません(=゚ω゚=;)

頑張るわ!


クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´∀`)つ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


<

このページのトップヘ