やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 病気への対処

IMG_5628

・・・タムです。


IMG_5629

なんか自分白いわー・・・と思ってたら・・・


IMG_5652

脱皮しました。

ちなみにあたしは脱いだ皮はまとめて置いておく派です。

マナーは心得ています。


IMG_5654

すっきり。


あたしと同時期にヤモリのおかーさんも脱皮しましたが・・・



IMG_5648

このありさまです。

脱皮不全の原因はいろいろあります。

①極度の乾燥

②栄養不足

③なんか疲れちゃった




①の乾燥による脱皮不全はパネヒなどの暖房により、ケージ内が乾燥することが原因です。
これからの季節、増えてくると思います。

対応策としてはケージ内に小型の加湿器(プリンのカップにキッチンペーパー浸したものでOKです。)を作って置いたり、ウェットシェルターを置いたりします。

朝晩の霧吹きもしっかりめにやります。

ケージ内の湿度が60~70%くらいあれば、まず大丈夫です。



②の栄養不足は、カルシウム及び脱皮に必要なビタミンB&ビタミンDが不足することによって起こります。加温して代謝はそのままなのに、食欲が上がらない場合、注意が必要です。

放っておくとクル病にもなりかねないので、加温しているのにあまりに長期間(我が家では2週間が目安)なにも食べない場合はヨーグルトで溶いたレオパフードを強制給餌です。

皮が中途半端にしか浮いてこないので、強制給餌を続けつつ、浮いてきた皮を毎日少しずつぬるま湯でふやかしながら、1~2週間ほどかけてチマチマ取り除く必要があります。





③の疲れちゃったパターン。シニア世代に見受けられます。

栄養は足りていて、皮はきれいに浮いている。ケージ内の湿度も充分ある。

でもニンゲンにもあるじゃないですか、着替えるの面倒くさいから一日パジャマで過ごしちゃったとか。

おかーさんは、はじめは自分で脱ごうとしたようですが、途中であきらめたようです。

IMG_5649

32℃の風呂に入れられるおかーさん。




IMG_5650
皮自体はきれいに浮いているので、やさしく引っ張るとするする脱げます。

顔の皮を引っ張る時は、より慎重に・・・


IMG_5651

さて、すっきりきれいになりました。

ニンゲンのおかーさんは、あと数時間後に飛行機に乗って、また西の方へ出かけます。

ヤモリのおかーさんはタイミングがいいですね。



IMG_5653

脱皮を済ませたところで、あたしも少し日光浴してからケージに戻ります。

晴れてよかったですね。


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


こんばんは ヤモイモ母です。


今日、仕事から帰ってきてみると・・・
image
「・・・絡まっちゃった('A`)」



リンコさんがこんな状態でケージの隅で座り込んでいました。

脱皮不全です。

カルシウムは足りていて、皮も完全に浮いた状態なので、若い健康なヤモリならなんなく自分で脱げるはずですが、リンコさんは推定6歳。

春からのタマゴ詰まりの後遺症もあって脊椎が曲がっています。

脱ごうとしている最中で疲れてしまったのでしょう。


image

32℃のぬるま湯に浸けて、皮をふやかします。

鼻や口にお湯がかからないように注意します。

目や頭を脱ぎ残しているので、湿らせた指で目を軽く触って皮を浮かせます。

image

優しく皮をつまんで、じわじわとゆっくり取り除きます。

慌てて力任せに引っ張ったりしないように!

指先は皮が微量に残ってしまうことが多いので、十分にぬるま湯で湿らせてピンセットで爪に引っかからないよう気をつけながら静かに引っ張ります。

image

「スッキリしました.。゚+.(・∀・)゚+.゚」

水分を残さないようにティッシュでよく拭き取ります。

同時に指の先に脱げ残しがないかチェックします。

脱げ残しを放っておくと皮が固まって取り辛くなってしまうので、なるべく早めに取ってあげた方が良いです。


総排泄口付近などに脱皮不全があると糞が付着して雑菌が繁殖したりするので脱皮不全は気をつけてあげた方が良いです。

リンコさんの場合、カルシウムが足りている状態で皮もしっかりしていたので脱がせやすかったのですが、カルシウム不足で皮が薄く、なかなか浮いてこないような場合はまず栄養補給です。

image
無糖ヨーグルトにレオパードゲッコーフードなどを混ぜて十分なカルシウムとビタミンを摂らせましょう。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

こんばんは(*・ω・)ノ   リンコです♪


image

卵詰まり後、すっかり足腰が弱ってしまった私ですが、少しずつ回復して、今ではこうやって壁に貼り付けるようになりました(*´ -`)(´- `*)


image

今朝も流動食を頂きます(・∀・)


image

ダノンビオ無糖に同量のレオパードゲッコーフードを混ぜたものです。

混ぜてすぐはヨーグルトも冷たいし、フードが固形状にかたまるので、5分ほど置きます。

そうするとヨーグルトの水分にフードが馴染んで、柔らかくなります。


image

尻尾もこれだけ伸びました.。゚+.(・∀・)゚+.゚



image

私はヨーグルトのブランドはローソンの無糖無脂肪が好きなのですが、ダノンの方がお通じが良くなる(・・・と、ニンゲンさんが思っている)ので、最近はもっぱらダノンです。

小さく小分けになっているのも使いやすくて良いそうです。


image

一応、私にもそれなりの警戒心はあるので、すぐには舐めません。

image

ヨーグルトを口の端につけてもらって、1分くらいじっと待ってからおもむろに舐め始めるというのが私のスタイルです(*´ェ`*)

今日は5滴ほど舐めました。


image

気付けば、お庭はすっかり初夏です。

image

ニンゲンの旦那さんが庭に放置・・・いえ、自然に任せて育てているジャスミンが満開になっていて、リビングまで良い香りが流れてきます。


image

食べた後はお風呂に入ります。

32℃のぬるま湯に下半身だけ3分ほど浸かります。

そうするとお通じが良くなります(●´ω`●)



image

身体が冷えないうちに、水分を拭き取ります。

image

お腹がいっぱいになったので、部屋で休みます。

リビングはもうかなり暖かいので、ヒーターなしで過ごせるようになりました。

ニンゲンの世界でも「人生は60歳から」と言いますし、私もまだまだ元気でいなくちゃね(´∀`)

クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


image

こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

image

お腹の中で潰れてしまったタマゴの殻を、一昨日無事に産卵した私ですが、胃腸の働きを良くするために、今日も食事と同時にお風呂に入りました(`・д・´)

詰まりがちだったお通じや、産卵も、こうしてお風呂に入っている最中に催してきたので、やはり温浴は効果があるんだと思います。

image

お風呂の温度は32℃のぬるま湯

溺れ防止のためにニンゲンさんに固定された状態で2~3分ほど浸かります(*´Д`*)

image

食欲が湧かない時でも、お湯の中で温まりながらだったら食べられることが多いです。

お腹がいっぱいになったら、ニンゲンさんは私の鼻に水が入らないように気を付けながら、汚れた口周りを軽く指先で洗います。

image

お風呂の後は、身体が冷えないうちにティッシュペーパーで水けを拭き取ります。

image

抱卵している間にタマゴに栄養を奪われてすっかり痩せてしまいましたが、これから夏に向けて体力をつけていかなきゃなりません(・∀・)つ

まだ老け込むわけにはいかないわ!



クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

こんにちは ヤモイモ母です。


今朝、リンコを温浴させていたら、いきなり力み始めました。

総排泄口からウ〇チに続いて、尿酸とは違う白い塊が見えてきたので、トカさんの排泄マッサージの要領で下腹部を軽く圧迫しながら、ピンセットで白い塊の先をつかんで引きずり出したところ・・・

image
こんなものが出てきました。

お腹の中で潰れたタマゴがようやく排泄されたようです。

image

2月の半ばに抱卵。

3月半ばになっても産む気配がないので、病院に連れて行き、陣痛誘発剤の注射を打ってもらい、数日後に1つ産卵、残りの1つはお腹の中で潰れてしまいました。



獣医さんからは、

「うんと若い時にカルシウム欠乏にかかり、その後遺症で年取ってから脊椎が曲がってきている。
脊椎が湾曲しているからタマゴが産みにくい状態。
潰れたタマゴのせいでお腹に炎症が起きるとマズイ。
タマゴが便の通りを妨げると危険。殻がうまく排泄されるといいが。
とにかく液状のエサを続けてください」

・・・と言われていました。


<リンコ通院の記録>
1回目  2回目


栄養は取らせないといけないので、
2日に1度の流動食(レオパードゲッコーフード+ヨーグルト)

便通をよくするために食事の後には
温浴(32℃のぬるま湯に顔が浸からないように注意しながら2~3分浸ける)を繰り返していました。


時々、温浴の最中に便やタマゴの中身とおぼしき透明などろどろしたものを排泄することがありました。




一昨日、温浴の際に大きなウ〇チを排泄しました。

その後、お尻のあたりをやたらと気にするそぶりを見せていました。

そして、今朝、給餌の際にお尻に小さなウ〇チと、タマゴのカケラらしい白いものがこびりついていたので、それをふやかして取ろうと、いつもより長めに温浴させたところ、タマゴが排泄されたというわけです。



ニホンヤモリのタマゴ詰まりは対処の仕様がないと言われていたようですが、爬虫類の医学も進歩しているようですし、昨今は打つ手もあるようです。

今回、早めに信頼できる獣医さんに診てもらえたことが良かったのではないかと思います。

自宅で出来ることと言えば、ヨーグルト給餌と温浴くらいなので、タマゴ詰まりの際はなるべく早く病院に連れていった方がいいですね。



引き続きリンコの体力を回復させるべく、給餌と温浴を続けていきます。



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ