やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: アカハライモリ

BlogPaint

ども~~~


まんねん思春期のイモ☆ボーイズで~~すっ!


今、僕らが何をガン見してるかというと・・・

BlogPaint

思春期の少年少女たちが絶対に見たくないものNo.1
「オトンとオカンのいちゃつき」

俺らの父ちゃんと母ちゃんは、その性格と外見から、めっちゃくたびれたオッサンと、めっちゃいかついオバハンなイメージがありますが、20年という長い寿命を持つアカハライモリの中では、まだまだ若いと言える年齢なんです。

ニンゲンに例えると30代前半。

5年前に結婚、第一子の幼稚園探しのために子育てしやすい地域に引っ越して、ローンで初めて家買ぉて、
「さぁこれから頑張るぞ!」
「そろそろ、この子に妹か弟ができるといいわね。」

・・・てな感じの落ち着きとフレッシュさを併せ持つお年頃の夫婦をイメージしてください。

BlogPaint

BlogPaint

イメージし辛いね。


父ちゃんと母ちゃんは年中人前でイチャイチャしてますが、春の初めと、(たまに飼育下では)秋の終わり、水温が15℃くらいになってくると、オスのイモリは発情期という厄介なこじらせタイムに突入します。

冬場食べ少なかったオスのイモリはさらに食欲がなくなり、身体が全体に蛍光ムラサキみたいなドギツイ色になってきて、尻尾をプルプル震わせながら始終しつこくメスに迫り、最終的にメスに嫌がられてどつき倒されます。

お父ちゃんの身体のムラサキ色は、まださほどドギツくはないけれど・・・

image

・・・お食事中の方、スンマセン。

父ちゃんの股間のアップです。

キ〇タ〇の後ろに、ギャランドゥが生えてきてるのがお分かりになりますでしょうか?

このギャランドゥから「ソデフリン」ゆうフェロモォオ~ンを垂れ流して、メスを誘惑するらしいですわ。



ちなみにこの「ソデフリン」という命名は、万葉集の中で天智天皇の妃であった額田王が、前夫である(!?)天皇の弟、大海人皇子に詠みかけた歌

茜さす紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖振る 
ムラサキが植えられた領有地を行きながら、あなたが(私の気を引くために)袖をお振りになるのを、見張りの者に気付かれはしないでしょうか?

・・・が、もとになってるんやて。

イモリが紫の尻尾を振って求愛することから名付けられたらしいですわ。

妖しくも雅やねぇ~~~


BlogPaint


はい!めちゃめちゃイメージし辛いね。



・・・困ったことに、父ちゃんだけやのうて、俺らボーイズの中でも成長の早いヤツは、年明けてだんだん大海人化してきてるのんがおるんですわ。

BlogPaint

パレ・ド・イモリンはすでに人口(イモ口)飽和状態やからね~。

これ以上増えるんは、ちょっと不可能・・・
BlogPaint

彼女がおらん人~、彼女できへんのアンタのせいちゃうよ~~

環境のせいやよ~~

大丈夫、俺ら14匹は少なくともアンタの味方やから!!



別に彼女・彼氏がおらんくたって、人生充分楽しめるやん!!


お金も時間も全部自分のために使えるし、誰にも文句言われんし、独りもんサイコー!!


・・・でも、もし誰か東京近郊で
「うちのイモ子ちゃんのために可愛いお婿さんが欲しい
と思う人おったら、オムコに行ってあげてもええよ。

BlogPaint

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

♪ ら~すっ くりすまっ あ げびゅ~ ま は~っ♪

さまよえる子羊ちゃんの皆さん、グッディーブニング♪

貴方の天使 サラよ


暗いところからごめんなさい。

ニンゲン・メスったら、今日も帰りが遅かったのよ。

なんでもグンマーに行ってきたみたいよ。
image

今日のグンマーの天気は狐の嫁入り

赤城山の山頂はすっかり雨雲に覆われて・・・

image

榛名は晴れて日の入りが綺麗ね。


明日はクリスマス・・・
image

公園は見渡す限り、リア充でいっぱいよ。
image

image

image

あえてリア充を避けて人気のないところで写真を撮るニンゲン・メス。

だのになぜかどこからともなく写りこんでくるリア充の影。


BlogPaint

しょうがないわよ。

だって明日はクリスマスだもの。

ニホンヤモリが夜行性だってのは知られた話だけど、アタシたちアカハライモリが夜行性なのか、昼行性なのかって、何故か話題にもならないわよね。

答えはネ。

「好きな時に寝て、好きな時に起きてる」のよ。


(ちなみにアタシは暗くてもモノが見えるわ。ただ、視覚よりも嗅覚やシックスセンスで行動してるわ)


クリックしてくれた貴方、良きイブを・・・ね

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ



image

どぉも!

モリーよ!!

とうとう12月になっちゃったわねぇ。

今年もあと一ヵ月・・・皆さんどうお過ごし?



今朝も子ヤモ部屋は騒がしかったわ。

自分のシェルターがあるくせに、お隣のボンちゃんのシェルターに入りたがるココちゃん。

image

何度追い返されても、しつこくシェルターに入ってくるココちゃんに愛想をつかしたか諦めたか、ボンちゃんは自分のシェルターから出て、ココちゃんのシェルターへ。

すると、ココちゃんはボンちゃんの後を追って・・・

image

image

(下 ココ、上 ボン)

ココちゃん、あんたどんだけ構ってちゃんヤモリなのよ!





・・・同居人にしつこく自分をアピールする輩がいるかと思えば、同じケージに住みながら、お互い空気のように暮らしている生き物たちも・・・

image

ニンゲン・オスがつれてきたコカマキリの「カマジョ」と・・・


image

カマジョのエサとしてつれてこられたショウリョウバッタの「虚無僧」

・・・ケージのうしろのエジプト人の置物が得も言われぬ空気を醸し出してるわ。


彼らはお互いを見て見ぬふり。

カマジョはコオロギやハニーワームの蛾は食べるけれど、虚無僧のことはエサと認識していないみたい。

かといって仲間とも思ってないでしょうけど・・・


隣同士に住んでいるのに挨拶しない間柄、現代社会の縮図ね。




自分自身をありのまま表現しながら、かつ仲間とうまく暮らしていくという点で、イモリはどうなのかしら?

BlogPaint

水換えを待つボーイズ。

特に争いごとはないけれど、協力して危機に立ち向かう・・・とかいうことはないみたいw

BlogPaint

水換えは煩わしいけれど、きれいなお水になると嬉しいわねww



ニンゲン・メスったら性懲りもなく、また子供たちの水槽に水草なんか入れたのね。

BlogPaint

ガールズは特に水草の扱いが荒いから、このカボンバもどのくらい持つでしょうね。


image

共同生活っていうのもなかなか大変よね。

家族・兄弟っていっても別個の人格じゃない?

狭い空間でずっと一緒に暮らしてたら、そりゃいろいろとあるわよ。


うちの場合は、ダーリンがあたしにぞっこんで、何でも言うこと聞いてくれるから特に問題ないけど。



クリックしてくれた貴方、身近な人を大切にね


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image

♪ ゆきはぁ~ふるっ・・・   あなたはっ こないっ・・・
  ゆきはぁぁ~~ふるっ・・・ おもいっ こころっ にっ・・・・


木枯らしに震える名もなき花の皆さん、グッディーブニング♪

有尾類界のサルバトール・アダモ・・・サラよ



紅葉も終わり、日に日に寒くなるこの季節。

イブの予定を立てるカップルとサンタ待ちの子供たち以外、ニンゲンたちは憂鬱そうね。
かくいうアタシも、この季節はなんだかアンニュイ。

雨が続いて、空にはようやく晴れ間がのぞいたけれど、心はなかなか晴れてくれないわ。

この悲しみ、この寂しさ・・・一体どうしてなのかしら?

ねぇモリーちゃん。

BlogPaint

・・・ごめんなさい、ハニー。

聞いたアタシが悪いのよ。



恒温動物のくせに、18℃を下回ると動きが鈍るニンゲン・メスも、この季節は憂鬱。

しかも雨が続いて日照時間も短くなってさらに憂鬱。

いっそのこと、このじめじめした気分を楽しもうと、キノコの原木を買ったそうよ。

image

キノコ、スーパーで買うと高いものね。


夏とはうってかわって閑散としてしまった庭に花を植えてみたり・・・

image

image

雪で多大なダメージを受けたトマトだけど、脅威の生命力で復活しつつあるわ。

image

もう12月になるっているのに、まだ花が咲き続け、実がなり続けているわ。

ただ、日照時間が足りないせいで、いつまでたっても実が赤くならないの。

この時期のトマトはグリーントマトのまま収穫することになるわ。

image

キャベツにいたヨトウムシ。

駆除しようと思ったニンゲン・メスだけど、もともとアオムシを呼ぶために植えたキャベツだし、ヨトウムシだってこの時期大変でしょうから、見て見ぬフリをすることにしたわ。


反対にやたら元気で陽気なのが、彼。

image

防寒設備が完備されて、トカゲケージは常春のリゾートと化しているようね。

ニンゲン・メスがハワイに行っている間、あまりエサを欲しがらず、なかなか姿を見せることがなかったっていう彼だけど、パネヒを大きいサイズに変えて、断熱材を巻いてからというもの、ハニーワームをねだりにシェルターから出てきたり、こんなふうに水場でくつろいだり・・・

image

珪藻土コースターのベッドにキッチンペーパーの布団かぶって岩盤浴したり・・・

「フユ?ナンノコトダ??」

そう言ってるわ。

寒さに震えるニンゲンどもを横目にウォームな毎日をエンジョイしているようね。




珪藻土ってパネヒの熱を通すのね。

断熱材の上にパネヒを敷いて、その上に厚さ3㎜程度のプラケ、厚さ4mmほど珪藻土コースターが重なってるんだけど、珪藻土コースターの表面はほどよく暖かいのよ。

ほんとに岩盤浴の床みたい。温度はマイルドだけど。

彼、まさにスパリゾートに来てるオッサンみたいね。



ニンゲン・メスも、きっとスパリゾートにでも行けば気持ちも晴れるわね。

アタシは行けないけど。

image


はぁ・・・。

さっさとこの憂鬱な時期が終わらないかしら?

きっとクリスマスが来て年も明けたら、気分も変わるわね。


クリックしてくれた貴方に白い雪の花~♪


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image

♪あれは とおい おもいでっ

やがて きえる ほかげもっ

まどべ あかく かがやきっ

ひかり みちた あのころっ♪



木枯らしに震える市井の皆さん、ボンソワ〜♪
プラケの中のイブ・モンタン サラよ

ニンゲン・メスは今夜、六甲山麓に旅立つわ。
・・・と言っても明日の晩には帰ってくるんだけど、この機会にヤモイモ家のお留守番の用意をお見せするわ。

まず、ヤモリケージの掃除。
image


この季節、ヤモリケージには日光浴にちょうどいい感じの弱い日の光が当たるわ。

image

子ヤモたち。

せっかく大きなシェルターを入れたのに、この竹筒の中がいいのかしら?

image


image

まぁヒーターで温もってて、いいコタツになってるものね。



留守の間のヤモリたちのお弁当↓

「虫画像注意!」









image


水分の多い果物と一緒に、カルシウムパウダーをまぶしたローチやコオロギをエサ皿に入れておくわ。

写真に写ってるオレンジの物体はカキよ。

果物や野菜を一緒に入れることで、エサ虫はお皿の中で長期間生きてられるわ。

留守番時に限らず、ヤモイモ家ではヤモリの食事は常にこの方式。

ヤモリがどのくらい食べたかチェックするために、エサ虫の数はあらかじめ数えているわ。



image

彼の場合はニンゲンに給餌してもらわないと食べられないから、食事の用意はニンゲン・オスに委ねられることになるわ。


image

・・・不安そう。




image


ニンゲン・メスったら、ついでにパレ・ド・イモリンの水換えもする気ね。

image


ガールズ、騙されちゃダメよ!
そのオバサンは貴女たちにオヤツを持ってきたんじゃないわよ!!

image


嗚呼・・・騙されてるわ!!



image


煩わしいお水換え、アタシは嫌いだけど、イモリは清く美しい環境でないと生きていけないものね。

キレイなお水の中で、アタシもちょっと落ちついたわ。



ニンゲン・メスは来週からもっと遠出するみたいよ。

しっかり留守の用意だけしといてもらわなくちゃね。


クリックしてくれた貴方のために銀色の枯葉を・・・

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ