やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: アカハライモリ

IMG_8153
どうもー!

皆さんの心のアイドル、イモ・ボーイズです!!

なんや大雨で大変やったみたいやねぇ・・・。

IMG_8143
これ、ニンゲンのオバハンのぱぱさんからラインで送られてきた、実家の近所の川の様子。
川底が水の力でめくれとぉね・・・。

IMG_8144
これ、オバハンの実家の近所。

オバハンの実家は六甲山麓やねんけど、六甲山麓って・・・坂やで。山麓やもん。
なんでこんなに水が溜まりよるねん・・・。

ぱぱさんのそのまたお父さんが子供の頃、このあたりはエライ水害で、家もなんも流されたらしいけど、これは水の被害としてはそれ以来の大惨事やで。


それでも、20数年前の地震の時とは違って近所に亡くなった人はおらへんから、まだマシやったと言えるわ。



IMG_8151
水害と一緒にしたらアカンけど、俺らもちょっと前に悲しいことがあってん。

兄弟が1匹、事故で死んでしもうた。

生まれてから5年、事故なんて起きたことなかったのに、起きてしもた。


俺らも、事故の原因はよう分かれへんのやけど、たぶん「カメの浮島」があかんかったんやろうってことで、ニンゲンのオバハンは新しい陸場として、柔らかくて軽い、挟まる心配のないコルクバーグを買うてきよってん。

まずはコルクバーグをそのまま水に浮かしてみた。

IMG_8073
これはなかなかコンフォータブルな乗り心地。



BlogPaint

BlogPaint


・・・て、コルクサーフィンを楽しむブラザーがいる半面、押したら動くコルクに「どーやって乗ったらええんやろー・・・」と悩むどんくさい奴もおる。


そこでニンゲンのオバハンは・・・
IMG_8149
買うてきたコルクバーグ3つのうち2つに穴開けて、プラスチックの棒を通して固定式にした。


IMG_8139
これで、生まれつきどんくさいブラザーも簡単に陸に上がれるようになったというわけや。

IMG_8138
ちなみに波乗りを楽しみたいGUYSのために、1個は可動式のまんまや。


image

生きてるとホンマ、色んなことがあるねぇ。

それでも生きてる以上は、前を向いて生きていかんとねぇ。


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ









IMG_8062

どぉも!
モリーよ!!


IMG_8061
うちの子が一匹亡くなって、あたしたちはとても悲しんでいるわ。
でもね、悲しむと同時に心配もしているの。

もし亡くなった子の死因が病気だった場合、同じ水槽にいる子たちも同様の病気にかかっている可能性があるから。

IMG_8063
でも、今のところ異常はなし。

一応、ニンゲン・メスは水替えしたけど、水替えする前だって水は綺麗だったし、亡くなった子も尻尾以外は異常が見つからなかったみたいなの。


やっぱり事故が原因かしら?

今まで5年間、ボーイズ水槽で事故が起きたことはなかったんだけど、尻尾を挟む事故の原因を考えると、ポンプか浮島か、どちらかなの。
IMG_8068
亡くなった子は、水槽の前面に沈んだ状態で発見されたらしいの。

もしポンプに吸い込まれて亡くなったなら、遺体発見時に水槽の前面にいるのはおかしいと思うわ。
ポンプに挟まったまま発見されるのが普通だと思うわ。

ということは、浮島が原因かしら?

うちでは「カメの浮島」という製品をもうずっと何年も使っているんだけど・・・

浮島とプラケの壁の細い隙間に尻尾が挟まれるということは考えられなくはないわ。
硬いし、重いし、浮島に乗っている他の兄弟たちの体重のかかり具合や、ポンプからの水流で挟まって動けなくなることはあるかもしれない。

「カメの浮島」を使っているイモ飼いさんは多いし、今まで我が家で問題が起きたことはなかったんだけど、唯一考えられる事故の原因がこれだとしたら、使い続けるわけにはいかなくなってくるわね。



IMG_8067
どうしたって陸地は必要だから、ニンゲン・メスは今日こんなものを買ってきたわ。


IMG_8066

水に浮くコルクバーグ。

ただ、このままだと水槽に固定できずに押し流されてしまうわ。

ショップでは、特に固定せずに水面をプカプカ動く状態で陸として使用しているところも多いけど、運動神経が特に良いというわけでもないうちの子供たちに、これが使いこなせるかどうか・・・


IMG_8069
あら、乗ってる子がいるわね。

ちょっと様子を見て、みんながコルクバーグを使えるようであれば、このままで。

だめならコルクバーグを固定して使えるように考えるわ。

IMG_8065

カマ、また大きくなったわね。


IMG_8070
悲しいけれど、このことを教訓として生かしていかないと、亡くなった子が浮かばれないわ。

絶対に安全な環境というのはないのだということを肝に銘じて、起こりうる危険を排除していかないとね。

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ


こんばんは ヤモイモ母です。


実家にいる間に体調を崩し、すぐに多摩湖畔にトンボ帰りする予定だったのですが、今朝やっと帰ってきました。


昨日、旦那から悲しい知らせがありました。
ボーイズ水槽の男子が一匹、亡くなったというのです。

第一発見者は我が家に出入りしている小学生で(旦那のお教室の生徒さん)水の底に沈んだ状態で発見されたそうです。

引き上げた時の写真が旦那からラインで送られてきました。

このページの一番下に、引き揚げ時のイモリの遺体の写真を載せています。

(このような写真をブログに載せて良いものか悩みましたが、イモリ飼いの方々には何らかの参考になるかもしれません。また、この子の突然死の原因もはっきり分かっていないので、分かる方に見て頂けないかと思い、掲載させて頂きました。苦手な方は見ないでください。)



腐敗の様子も、水かびなども写真で見る限りは分かりません。

ただ、尻尾だけが激しく損傷しています。

事故なのか、病気なのか。



私の留守中、エサはあげていないので、イモリの死因としてよくある消化不良ではなさそうですし、熱中症でもありません。

尻尾がどこかに挟まってしまって、呼吸ができずに溺れてしまったのではないかと推測していますが、病気だった場合、他の子への感染が心配なので、薬を買って帰りました。

IMG_8055

ツボカビ病に効果があると言われている塩化ベンザルコニウム水溶液と、化膿止めの薬です。


水槽を確認したところ、他の子たちに異変は見受けられないので、とりあえず水替えだけして様子を見ています。


IMG_8059






亡くなった子の尻尾の状態です。
IMG_8056

皮がむけてしまった状態です。

負傷していますが、共食いや喧嘩である場合も尻尾の怪我で命を落とすとは、やはり考えにくいです。




全体図です。
IMG_8057
尻尾以外はダメージがないように見受けられます。

やはり事故でしょうか?


2013年生まれ、享年5歳。

もっともっと生きて欲しかった。

可哀想なことをしました。

IMG_7795
どぉも!
モリーよ!!

ジメジメが心地良い季節ね。

IMG_7798


洗濯物が乾かないってニンゲンたちは嘆いているけど、梅雨を歓迎する生き物は多いわ。


例えば… 

(軟体動物注意!)

IMG_7777
こういう生き物。


IMG_7778
大きなナメクジ。

美味しそうだけど、ニンゲンメスは寄生虫がいるから食べちゃダメなんて言うのよ。



IMG_7796
ボーイズも元気


IMG_7797
ガールズも元気。

エサ待ちの迫力がすごいわ






あと、最近なぜか気力に満ち満ちているのが
IMG_20180613_124005
トカくん


トカゲは雨なんて好きじゃないはずなのに、最近はやたら行動的。

image
ニンゲンオスがテレビをつけると落ち着きがなくなるわ。


IMG_7792
そわそわ…


IMG_7793
そわそわ…

高いところに登ろうとする。

何があってもテレビ観たいトカくん。



連日サッカーだものねw
IMG_7786
岡田さんとトカくん。


IMG_7785
ゴンとトカくん。



IMG_7784
過去のワールドカップの映像。

インタビューはあまり興味ないみたいだけど、試合になると集中して見てるわ。

サッカーの何がこんなにもトカゲを引きつけるのかしら?




IMG_7794
私たちはサッカー観戦はあまり興味ないけど、水槽の中の備品を蹴ったり投げたりするのは好きよ。

ストレス解消になるものねぇ。

クリックしてくれた貴方のハートにミラクルシュート

IMG_7782
♪ ネッスンドルマッ ネッスンドルマッ

誰も寝てはな~らぬ~~っ♪

深窓の姫君と、愛と希望に打ち震える王子様方、ボナノッテ♪

2000分の1縮尺のパバロッティ サラよ




ニンゲン・メスが帰ってくるなり、途端に家が騒々しくなったわ。

今朝もいきなり水替えよ!誰も頼んでないのに!!

BlogPaint
・・・しかしこうして並んでみるたびに思うのだけど、どこまで大きくなるのかしらね、うちのワイフは・・・。


BlogPaint
チルドレンも食欲旺盛ね。



IMG_7776
抱卵してて、ちょっとカルシウム不足気味だったヤモ長女。

無事に産卵を終えて、足の力も戻っていたわ。




IMG_7774
引きこもる養子息子。

体型は妹そっくり。



IMG_7775
引きこもる養子息子2。

彼もけっこう大きくなったわね。

警戒の程度が他のヤモたちと違うわ。


未だ彼の信頼を勝ち得ていないニンゲン・メス。





IMG_7768
ヤモ次女も、お腹にタマゴが1つ残っていたけれど、実はニンゲン・メスが出張に出る直前に産んでたのよね。



IMG_7715
きれいな形だけど、黄色っぽいままだから、きっと無精卵ね。



・・・そして・・・
IMG_7772
彼。

ニンゲン・オスが大事に飼っているカマっ子。

ちょっと大きくなってるわね。警戒心0





IMG_20180416_000518
ニンゲン・メスはアタシたちの住まいを水替えしたあと、ヤモリケージの掃除をして、デュビアSとレッドローチSを大量買いしてきたわ。

またすぐ出張に出るんですってよ。

ご苦労なことだわね。



クリックしてくれた貴方に我が愛を捧げるわ





このページのトップヘ