やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ヤモリの保護 

シロ子さんのおうちからやってきたチビチビ子ヤモちゃんが、天国へ行ってしまいました。

生き餌はもちろん、液状餌も受け付けず、水も飲めない様子でした。

今朝早くケージを覗いてみると、もうほぼ動けない状態で、あまりいじっても余計に寿命を縮めるだけだと思い、口元を濡れた脱脂綿で拭いて様子を見ていましたが、そのままの姿勢でスーッと亡くなっていきました。


助けてあげられず、子ヤモちゃんにもシロ子さんにも申し訳ないです。

庭のセージの茂みにお墓を作りました。

こんばんは ヤモイモ母です。

チビ子ヤモちゃんの状況ですが、あまり思わしくありません。

極度の栄養失調に加えて、脱水症状をおこしています。

レオパフードヨーグルトをなかなか舐めないというのは、液餌に慣れていなかったり、冬眠状態から覚めていなかったりする場合よくあることですが、この子の場合は水分も摂れていません。

これは保護した方が水を与えていなかったわけではなく、霧吹きはちゃんとしていたのに、子ヤモがなんらかの理由で水を舐めることができなかったのでしょう。




行きつけの爬虫類の病院に連れていくことも考えましたが、こんなタマゴから出たばかりの極小サイズの、しかも相当弱っている子です。

病院に着くまで体力は持たないでしょうし、もし連れて行けたとしても、このサイズでは・・・

IMG_6514

無駄に体力を削るだけだと思い、病院に行くことは断念しました。

とりあえず、脱水をなんとかしなくてはいけません。

こんな小さな子に温浴をさせたことは今までありませんが、27℃くらいの水温で、ぬるめの温浴をさせてみました。


IMG_6501

タムのケージに小型ケージを入れて、保護されたお部屋と同じ23℃をキープしていましたが、餌を食べないどころか水を飲めていないので、もうすこし温度を下げてみます。

IMG_6505

IMG_6506

モモタロウがうちに来た時、ヤモヤモさんがお持ちになっていた小ケージに一番小さいパネルヒーターを敷いて、20℃に保ちます。

この子はプラスチックの壁面を歩けないので、パネヒは床の半面に敷きます。

加温していないスペースに、小さく丸めて湿らせたキッチンペーパーを置きます。




・・・正直なところ、この子が助かる可能性は低いでしょう。





野生動物の保護に関してはいろいろな意見があります。

野鳥の雛であれば、親鳥がどこかで見守っている場合がありますが、ヤモリの場合、それはありません。

親はタマゴを産んだ後、殻が固まるまでしばらく見守って、タマゴが固まればどこかへ行ってしまいます。




餌虫のいない密閉された屋内で放置されれば、それは死を意味します。

かと言ってこの寒空の下、戸外に逃がしても、生まれたばかりで越冬するだけの栄養を蓄えていない個体は、遅かれ早かれ衰弱して死んでしまうでしょう。

「それも自然の摂理」だと言ってしまえばそれまでですが、私に言わせれば、暖められた屋内で冬に生まれてきてしまったということは、すでに自然ではありません。

意図せぬ「人工孵化」です。

「ニンゲン様の作った建物の中に勝手に入ってきて勝手にタマゴ産んだヤモリが悪い」などと言う人もいますが、そんな考えは人間の驕り高ぶり以外の何物でもありません。

この土地は誰の土地だなんて決めているのは人間だけです。



この子を拾ってしまった方は、拾ったことを後悔していらっしゃるようでした。

私もむやみやたらに野生動物を拾うのはよくないことだと思っていますが、このケースにおいては目の前にある1つの命を助けるために致し方なかったのだと思います。

ご自身は「生餌を与えることができない」という理由で、このブログを検索されて私にコンタクトを取られ、我が家に連れてきてくださったわけですが、生餌に抵抗があるというのも理解できます。

拾った方は今までたくさんの生き物の飼育経験があり、虫をペットとして飼っていらっしゃったこともあったようです。

ヤモリを飼うということは、間接的に生餌である虫を殺すことです。

1つの命を見捨てられずに、やむにやまれず救ってしまった方が、他の命を殺すことに抵抗があるのは当然のことです。



どういう結果になるか。

悲しい結果になってしまうかもしれませんが、私もお引き受けした「ヤモリ好き」として、できるだけのことはしてみるつもりです。



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ







こんにちは ヤモイモ母です。

早くも正月休みは終わり、家での書類作りに明け暮れております。


そんな中・・・

IMG_6485

シロ子さんのおうちから、子ヤモがやってきました。

IMG_6487

頭から尻尾まで5cmとうかがっていたので、「モモタロウと同じくらいかな~」と思っていましたが、体長は長めですがぜんぜん小さいです。

生まれたてのベビーサイズです。

去年の12月24日に職場で保護され、一度花壇にリリースされたものの、動かずにいたのをまた保護されたという形です。

IMG_6488

モモタロウと同じケージに入れると、おそらくモモタロウにしばかれる大きさですので、別のケージに入れて保温します。

後ろ足が不自由なようでやや引きずり気味に歩いています。

プラスチックの壁を登ることができないので、クル病の兆候も見られます。

IMG_6502

尻尾にもガタガタがあります。


IMG_6489

ヤモリの保護についてはいろいろな考え方がありますが、この子の場合はお店の中で踏みつぶされる危険があったということで、この子の命を守るという点で、戸外に出したのは自然な行動ですし、判断として正しかったのだと思います。

おそらく暖かい建物の中で季節を間違えて生まれてきてしまった子です。

この季節、特にニンゲンの住む建物の中では餌になる虫もいなかったのでしょう。

栄養失調で目は窪み、足もガリガリで背骨が浮いています。

レオパフードヨーグルトを給餌してみますが、やはり積極的には舐めてくれませんね。


もしかすると、生まれてから何も口にしたことがない子なのかもしれません。

IMG_6490

IMG_6494

とにもかくにも、この子の運にかけてみるしかありません。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ



こんばんは ヤモイモ母です。

ヤモヤモさんのお宅に現れたヤモリの子です。

我が家にやってきました。

IMG_6007

IMG_6013

ずいぶん痩せています。


IMG_6011

背骨が浮いて、尻尾もガタガタしています。

クル病の兆候が出ています。


IMG_6012

レオパフードヨーグルトを給餌します。

IMG_6009

ジャンプして逃げようと・・・気力はありますね。


IMG_6008

子供ならではの生命力にかけてみようと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

ID:rw2ssd
image

・・・タムです。

最近、「子ヤモ拾っちゃったどうしよう・・・」って方をたくさんお見受けします。

まず聞かれるのがエサの話ですが、子ヤモの体長にもよりますが、頭から尻尾まで4cmくらいのチビヤモには、ピンヘッドコオロギか、レッドローチSサイズにカルシウム粉まぶして、プラスチックの深皿(深さ4cmくらい。虫は出てこられないけどヤモリは楽に入れる深さ)に入れて、ケージの中に置いてあげてください。

無責任なサイトで「エサはミルワームでも可」としているところもありますが、百戦錬磨でいろんなゲテモノ食ってきた大人ヤモならともかく、最初からミルワームなんか食う子ヤモは激レアでしょうし、だいたいミルワーム自体、消化に悪いわ、リンが多くてクル病の原因になるわで、ヤモリのエサとしてはあんまりいいことありません。

食わないミルワームやサイズの合わないコオロギ買うより、ピンヘッドコオロギかレッドローチSを入手してください。
ワイルドスカイか、爬虫類倶楽部か、チャームか

探せばどこかで売ってます。

さて、ヤモリのサイズに合うエサ虫を調達したはいいものの、
「食べないんです、どうしよう?」
に関してですが、まずケージ内が寒すぎることが原因として考えられます。

貴方の暮らしている室内ではなく、ヤモリの暮らしているケージ内の温度を正確に計ってください。

昼間ではなく、夜行性のヤモリがエサを食べ始める夕方~夜間の温度です。

18℃を下回ると、ヤモリは食べたものを消化することはできません。

この季節、パネルヒーターでのケージの保温は必須です。

ケージを23℃~28℃くらいに保ち(暑くなりすぎないように)乾燥を防ぐため、水入れ(とりあえず子ヤモが溺れないように浅いお皿に水を張ったものでOKです)をケージに入れます。

それとは別に、朝夕、ケージの壁に霧吹きで水滴をつけてあげてください。

あと、ケージ内にはヤモリが安心できるように、隠れ家になりそうな何かを入れてあげてください。

暗くて狭いところが好きです。

あと、ヤモリが活動する夜間は、ケージに覆いをかけて中をのぞき込まないようにしてください。


そうしてたら、2~3日中にはエサを食べます。

1週間はエサを食べないなんて書いてるサイトもありますが、ぷっくぷくに太ったまさしく冬眠中のヤモリを採取してきた場合←(それ絶対ヤモリにとって良くないと思うからやめたげてよ。)を除いて、大概、戸外で行き倒れていたヤモリはお腹が空いているので、環境さえ良ければエサを食べ始めます。

特に成長期の子ヤモはエサを食べ始めるのが早いはずです。

それでも食べないというのは、先に言ったように、エサが合わないか(サイズ、エサ虫の種類)、寒いか、喉乾いてるか、ニンゲンがのぞき込みすぎてストレスになっているか、どれかが原因なのです。


image

image

ヤモリが数頭いる場合、スペースに余裕があれば、ケージを分けて1匹ずつにしておいた方がいいです。

フンの具合で食べているかいないか、判断する場合、1匹は食べているのに、もう1匹はぜんぜん食べていないということも考えられます。1匹ずつの方が健康管理は断然しやすいです。

我が家のチビッコたちは、ケージを置くスペースに余裕がないので2匹同じケージに入っていますが、ココはコオロギS、ローチⅯを食べられるのに対して、ボンは未だピンヘッドコオロギやローチSを好んで食べています。

ですので、シェルターとエサ皿は2つずつ置いています。



・・・ヤモリを飼うっつってもなかなか大変ですよ。

うちら、基本金のかからない生き物のように思われがちですし、手ぇ出しやすそうなイメージかもしれませんけど、タダで手に入れた生き物だからって、金出し渋るような飼い方する人には飼ってほしくないですね。

かといって、むやみに金使えばいいってものでもありませんよ。

要は犬猫と同じってことです。

タダだからって、命に貴賎をつけるような飼い方はしてほしくないってことです。

うちら犬猫ほど感情を主張したりしませんけど、うちらだって、お腹も空くし、怪我すりゃ痛いし、寒い・暑いは嫌なんです。

うちらが好きでここにいるんじゃない。
テメェが飼いたいって思って連れてきたんだから、テメェが最低限面倒見ろよってことですよ。

image

確かに、犬猫ほど構いきりになる必要はありませんが(あまり構われすぎてもメーワクなんで・・・)それなりに面倒くさい生き物であることは覚えといてください。

それでもうちらと暮らしたいという方のみ、お世話してもらえればと思います。


・・・そんなわけで、今日はトカさんの排泄デー

image

お腹が膨らんで、ケツ周りが盛り上がってきたら「・・・タマッテルゾ。」のサインです。

排泄補助のマッサージについては、ニンゲンのおかーさんがそのうち書くと思います。

誰かの役に立つかどーかわかんねーけど。

image

今日はヤモリのくせに小憎らしいことをたくさん言ったかもしれませんが、基本ヤモリって飼い主に「チっ(うぜー)」とか「ピッピッ(やめろっつってんだろ、しばくぞ!)」とか、文句は言えど、感謝したり素直に従ったりとかしませんよ。

慣れはするけど、なつかねーし。

ヤモリのためを思って強制給餌したのに、ヤモからマジ嫌われる場合だってありますよ。
でも嫌われようが何だろうが、ヤモのためならやんなきゃいけない時もあります。

あんまりしつこくされると、今度はそれでストレスたまって体調崩す時だってあります。

めんどくさいんですよ。

ニンゲン界でたまに見るめんどくさい女(男もたまにいる)並みにめんどくさいと思います。

そんなところもひっくるめて、「めんどくさい女(男)ほど可愛い」と、うちらの全てを愛せる人が真のヤモ飼い(=マゾ)と言えるのではないでしょうか。

うちのニンゲンのおかーさんにも、真のマゾ目指して頑張ってもらわないといけません。


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキング


このページのトップヘ