やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: 脱皮不全


IMG_6570
オレ、トカサン。


IMG_6496

尻尾ガウマク脱皮デキナイノデ、温浴ヲシテイル。


IMG_6497

風呂ハイイモノダ。


IMG_6571

ニンゲンガ、水苔ヲ大量ニ買ッテキタ。


IMG_6572

コレハ非常ニオレノ気ニ入ッタ。



IMG_6544

ニンゲンハ、コレヲ使ッテオレノ尻尾ノ脱皮ヲ成功サセヨウト目論ンダガ・・・


IMG_6498


IMG_6500

・・・計画通リ事ガ運ブトハ限ラナイ。




IMG_6503

先日、今年初メテノ通院ヲシタ。

オレハ尻尾ニ低温火傷ヲシテイタ。

通リデ、脱皮ガ上手クイカナカッタ訳ダ。




IMG_6569

オレハ、下半身ノ感覚ガナイ。

熱イト感ジレバ、冷タイ場所ニ移動スレバイイ訳ダガ、尻尾ダケ「ホットゾーン」ニ置イタママ眠ッテシマッタヨウダ。

医者カラ「ヒーターの熱がダイレクトに伝わりすぎるのでは」トイウ指摘ヲ貰ッタニンゲンハ、ヒータート、ケージノ床ノ間ニ、段ボールヲ敷イタ。

タダ、ソレダケデハ、ケージ全体ノ温度ガ冷エテシマウノデ、断熱材デヨリ厳重ニケージヲ包囲シタ。


IMG_6567

コノ断熱材ノ隙間ハ、スナイパーノ覗キ窓ニピッタリダ。


IMG_6568

コレデ、ニンゲンドモニ気付カレズ、ヤツラヲ観察スルコトガデキル。



IMG_6543

外ノ同胞タチハ、マダ岩ノ間デ眠ッテイルノダロウ。

冬眠ハ命賭ケダ。

俺ハ暖カイ場所デ冬ヲ過ゴシテイルガ、ヤハリコノ状況ガ蜥蜴ニトッテ、幸セカドウカハ分カラナイ。

タダ、下半身不随ノオレハ、ココデ生キルヨリ術ガナイ。

「雪」ヲ見タ蜥蜴トシテ、ココデ精一杯生キテイル。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ





IMG_5628

・・・タムです。


IMG_5629

なんか自分白いわー・・・と思ってたら・・・


IMG_5652

脱皮しました。

ちなみにあたしは脱いだ皮はまとめて置いておく派です。

マナーは心得ています。


IMG_5654

すっきり。


あたしと同時期にヤモリのおかーさんも脱皮しましたが・・・



IMG_5648

このありさまです。

脱皮不全の原因はいろいろあります。

①極度の乾燥

②栄養不足

③なんか疲れちゃった




①の乾燥による脱皮不全はパネヒなどの暖房により、ケージ内が乾燥することが原因です。
これからの季節、増えてくると思います。

対応策としてはケージ内に小型の加湿器(プリンのカップにキッチンペーパー浸したものでOKです。)を作って置いたり、ウェットシェルターを置いたりします。

朝晩の霧吹きもしっかりめにやります。

ケージ内の湿度が60~70%くらいあれば、まず大丈夫です。



②の栄養不足は、カルシウム及び脱皮に必要なビタミンB&ビタミンDが不足することによって起こります。加温して代謝はそのままなのに、食欲が上がらない場合、注意が必要です。

放っておくとクル病にもなりかねないので、加温しているのにあまりに長期間(我が家では2週間が目安)なにも食べない場合はヨーグルトで溶いたレオパフードを強制給餌です。

皮が中途半端にしか浮いてこないので、強制給餌を続けつつ、浮いてきた皮を毎日少しずつぬるま湯でふやかしながら、1~2週間ほどかけてチマチマ取り除く必要があります。





③の疲れちゃったパターン。シニア世代に見受けられます。

栄養は足りていて、皮はきれいに浮いている。ケージ内の湿度も充分ある。

でもニンゲンにもあるじゃないですか、着替えるの面倒くさいから一日パジャマで過ごしちゃったとか。

おかーさんは、はじめは自分で脱ごうとしたようですが、途中であきらめたようです。

IMG_5649

32℃の風呂に入れられるおかーさん。




IMG_5650
皮自体はきれいに浮いているので、やさしく引っ張るとするする脱げます。

顔の皮を引っ張る時は、より慎重に・・・


IMG_5651

さて、すっきりきれいになりました。

ニンゲンのおかーさんは、あと数時間後に飛行機に乗って、また西の方へ出かけます。

ヤモリのおかーさんはタイミングがいいですね。



IMG_5653

脱皮を済ませたところで、あたしも少し日光浴してからケージに戻ります。

晴れてよかったですね。


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ


このページのトップヘ