やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ポーちゃん

image
・・・あ、あたしの番か。
えっと、タムです。


2個目のカマタマ、なーんかカマっ子出てくる数が少ないな~、しけてんな~と思ってたら、第2弾で大量に出てきました。image




姉貴大喜び。
BlogPaint


さて、そんなことより
BlogPaint






今日の話題はポーちゃんです。
全あたしが全力で応援しているヤモイモ家のニューフェイスポーちゃん』について、暑苦しく語りたいと思います。
image


2週間前に突如として我が家にやってきたポーちゃんですが、毎日5gずつ増量をつづけ、現在240gです!
BlogPaint


足はまだ完治していないようですが、まぁまぁ普通に歩けるようになりました。

ジャンプもできます!寝床にしているダンボールのふちを飛び越えられるようになりました。

そればかりか、ニンゲンのおかーさんの後を追って出窓からテーブルに飛び降りたり・・・1mくらいの距離なら飛ぶこともできます。

最近ポーちゃんは羽ばたく練習をしています。

ニンゲンのおかーさんはポーちゃんを庭に出して運動させようとするのですが、ポーちゃんはすぐに家の中に入りたがります。これじゃいけねーなと思うのですが・・・

どうもポーちゃんは外の物音が・・・特にカラスの声がめっちゃ怖いみたいです。
ニンゲンに育てられたヒナは警戒心が薄くなるといいますが、ポーちゃんの場合カラスに対しては尋常じゃない怖がり方です。
「カァ~」って声が遠くに聞こえただけで、おかーさんの方にすっとんできます。

・・・こりゃ巣にいた時にカラスになにかされたようですね。

オイ・・・カァ公、テメェうちのポーちゃんに何しやがったんだゴルァ!!!

とにかくあたしたちの使命は、ポーちゃんをカラスにも野良猫にもコンドルにも負けない絶対無敵の最強鳩に育てあげて、大空に帰すことです!

どんどん食え、ポーちゃん!!image




拾いたての頃は自力で充分にエサを食べることができず、ニンゲンのおかーさんが数時間おきに挿し餌していました。

今では食べるのも上手になったよな、ポーちゃん!



なんかの参考に・・・なるのか?
《ヤモイモ流 仔鳩の挿し餌 つくりかた♪》
※用意するもの

1、ハト用配合飼料(カワラバト用よりキジバト用の方が良い)
2、牛乳もしくは豆乳
3、小松菜粉末(小鳥屋さんに売ってます。なければ小松菜をすり潰したもの)
4、小鳥用カルシウム剤(なければボレー粉をすり潰して粉にしたもの)
5、給餌器(文鳥用で代用しました)

image

まず、1を大きい粒(サフラワー、麦、マイロ、麻の実etc)と小さい粒(粟、ヒエ、青米etc)に分けます。挿し餌にするのは小さい粒の方です。(ちなみにニンゲンのおかーさんはこの2週間毎日毎日、わざわざ粒餌の大小をピンセットで分けていました。フルイを使えば早いじゃんってことに気付いたのは昨日の晩でしたwww爆。)

image

小さい粒ティースプーン一杯くらいを耐熱容器に入れ、ヒタヒタに牛乳(もしくは豆乳)を注ぎ、レンジで30秒チン。(煮立たせないように!)

image

給餌器にチンしたやつを入れて40℃くらいに冷まします。小松菜粉とカルシウムを入れて混ぜ混ぜして出来上がり♪♪

雛が小さいうちは、少量を3時間おきくらいに、大きくなるにつれて体重が増えていることを確認しながら給餌の回数を減らしつつ、自分で食べる練習をさせます。

(分けた半分のエサ、大きい粒をひとりで食べさせます。)

さて、出来上がった半おかゆ状のエサをスポイド型の挿し餌器でポーちゃんの喉に突っ込むわけですが、ハトのヒナって嘴を開けたら親がエサを口に入れてくれるのではなくて、親の口に自分が口を突っ込んでエサをもらうわけですよ。

ですのでツバメや文鳥みたいに口開けてピーピー言う習慣がないんですよ。

だからニンゲンのおかーさんが無理矢理嘴をこじあけてエサを押し込む必要があったわけです。
当然、最初のうちはポーちゃんも嫌がるわけで、かなりの強引さと冷静さが必要な作業でした。

びびって焦ってスポイドを喉に入れられず嘴の手前にエサを流してしまうと器官がつまって呼吸困難になるおそれがあります。

爬虫類と違って、鳥は、特に小さいヒナのうちは半日食べないだけで命に関わるので、様子見とかあまり悠長なことも言ってられません。エイッと決めてヒナの体を補ていし、グイッと口を開けさせてエサを押し込みます。
嘴を大きく開けさせると器官の入り口も分かるので誤嚥させる心配もありません。


ヒナも慣れてくるとエサをもらえると分かるのか、すんなり口を開けさせてくれるようになります。

最近ではポーちゃんは自分で食べるのが上手になって、挿し餌も一日1、2回で済むようになりました。
ニンゲンのおかーさんは大助かりです。

さて、日々順調に成長しているポーちゃんですが、野鳥は育てるのよりリリースするのが大変なんだよな・・・。

ニンゲンのおかーさんはポーちゃん用巣箱を製作中です。庭に巣箱を取り付けて、昼間は外で暮らさせ、徐々に外の世界に慣らしていく計画です。

あたしいつも応援してるから・・・頑張れよ!ポーちゃん!!
image



心と時間に余裕があったらクリックしてあげてください。
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村


どぉも!
モリーよ!!
image

まったくあの鳩っ子ときたら、明け方からガサゴソガサゴソうるさいのなんの!
落ちついて寝てられやしないわっ!!

今日日の親鳩はどーいう教育をしてるのかしら!?

BlogPaint

昼間は食べてる時以外は寝てるくせに。
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


キジバトは毎日ポーを見にくるわね。
ポーがうちに来るまでは警戒心強くてやたら無愛想だったくせに。

窓辺のポーに何時間も熱い視線を注いでいるわ。

ポーをじっと見つめているといえば、この娘も!
BlogPaint

さすがに近寄っていくことはしないけど、ポーの一挙手一投足に注目してるわ。
BlogPaint






ポーは日に日に成長しているわ。
時々羽ばたく練習もしているわ。まだ羽をばたつかせるだけで、ぜんぜん飛べないけど。

ニンゲン・メスは今日初めてポーの体重を量ったわ。
BlogPaint

タオルの重さを引いて、今210グラムってとこね。
大人の鳩はだいたい300グラムくらいあるらしいわ。

一応ひとりでエサをつつけるんだけど、食べ方が下手くそで少ししか食べられないからって、ニンゲン・メスが五時間おきくらいに給餌してるわ。市販の鳩エサからトウモロコシとか大きい粒を抜いて、粟とマイロと青米だけにしたものを温めた牛乳でふやかして、文鳥用の給餌器でノドの奥に差し込むの。

かなり深めに差し込む(ニンゲンだと『オエッ』ってなるくらい)ので見てると怖いようだけど、ひな鳥ってノドの奥で味を感知するらしいのね。あと、挿しこみが浅いと気道を塞いだりして、かえって危険なようよ!

しかし鳥のヒナってほんと手がかかるわねぇ。うちの子たちも小さい時はタイヘンだったけど、それ以上の労力だわっ!!なのにニンゲンたちは喜んで、ポーちゃんポーちゃんって甘やかしてばかり。

子供だから大目に見てやってるけど、もう少し大きくなったら
BlogPaint



・・・あら、ダーリンに子供たち、どうしたの?そんな不安そうな顔して。

BlogPaint

BlogPaint

やだわダーリン・・・
さすがのあたしでも鳩は丸呑みできないわよ~
・・・いくら丸々してて美味しそうだからって・・・
BlogPaint


・・・なによ、その怯えた視線はっ
しょうがないから我が家の両生類代表としてあんたが成長するまで見守ってあげるわよ

あ~ら、クリックしてくださるのあ~り~が~と~う~

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image
アーバンボーイズ&ガールズの皆さん、グッディーブニング♪
おはようからおやすみまで暮らしを見つめるアカハライモリ・サラよ


例のハトだけど『ポーちゃん』なんていうイージーなネーミングにもめげず、今日も元気に成育中よimage

ちなみにこの安易な名前をつけたのはニンゲン・オスの方ね



ポーちゃんは右足を痛めていたみたい。土日はじっとうずくまっていたけれど、昨日から右足をかばいつつもなんとか立ち上がれるようになって、今日はちょっと歩けるようになったわ!
image

エサも自分で食べられるようになったし。
image

ポーちゃんを日光浴させるために窓辺に置いてたら、庭の木に巣をかけているキジバトがしょっちゅう見にくるわ。気になるのね。BlogPaint


アタシたちは鳩なんてかまやしないけど、ヤモリ一家は多少気にしてるのかしら?
警戒してる様子はないけれど、プラケ壁にへばりついて様子見てるわ。

特にヤモリ妹の方。
BlogPaint




・・・鳩の話ばかりしていても仕方ないわね。
このブログはヤモラーとイモリストのためのブログなのだから。

今日はボーイズのお水換えの日だったの。
ここ最近、活動量が増えてきたボーイズのためにニンゲン・メスは水量を少し増やしたわ!
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

ちょ、ちょっとっ!
はしゃぎすぎよっアナタたち!!

・・・日が長くなってきて嬉しいのかしら。
この子たちも今年で2歳。
イモリはだいたい2歳で大人になると言うけれど、アタシにとってはいつまでも愛しいベイビーだわ

もうちょっと暖かくなったら、アタシしばらくボーイズの水槽で暮らすわ。
ああ、待ち遠しいような、不安なような、春。

その頃にはポーちゃんはもう飛べるようになっているかしらね?

ちなみにヤモリの母親は今年2回めの脱皮をしたわ。
あの母親の頭の中はいち早く春まっさかりなのねぇ


クリックしてくれたアナタにグレーテストなハピネスあれ
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image
やっほ〜
オーちゃんだよ〜
え〜っとね〜 事件だよ〜









image

見ての通り、鳩ポッポだよ。

ニンゲンのおかあさんが昨夜、旦那さんとギョーザ食べに行く途中、近所のおにいさんがお店の前でずぶ濡れの仔鳩を握って途方にくれていたんだって。

雨の中、水溜りにはまって震えてたところを拾っちゃったんだってさ~。
2週〜3週ヒナだよ。巣立ち直前て感じ。カラスに巣ごと襲われたのかな?


ほんとは野鳥ってひろっちゃいけないんだよ。

おにいさんも昼間だったら放っといたけど、夜中だったし雨だったし、連れてきちゃったんだって。

で、なぜかおかあさんに託されたという・・・おかあさんのお爺ちゃんは野鳥に関してはスペシャリストなんだけど、おかあさん自身はスズメと文鳥しか育てたことないよ

ま、いざというときはお爺ちゃんを頼るんだろうけどね

おかげでおかあさんと旦那さんはギョーザ食べそこねたらしいよ。ま、夜中にギョーザ食べに行くかって話だね


とりあえず保温だよ。
もう結構羽が生えそろってきてる感じだけど、濡れてたし震えてたからね。
image

ピタリ適温とカイロをダンボール箱の内側へ。
暖まって、少し落ち着いたみたい


ピジョンミルクはもう必要ない大きさだけど、とりあえず温めた牛乳に生卵の黄身を入れて飲ませたよ

あと閉店すべりこみでホームセンターに行って、鳩用の配合飼料を買ってきたよ
image

一応自分でエサをつつけるんだけど、まだうまく食べられないから今日になって挿し餌器も買ったよ!

おかあさんの実家のあたり(某・国立公園内)では、こーゆーの獣医さんが引き取って育てるんだけど、東京だとそうもいかないみたいだね。

鳩って一応野鳥だから、飼うのに役所の許可がいるんだよね~


オーちゃんもニンゲンのおかあさんも知らなかったんだけど、鳩の子供ってピーピー鳴くんだね
あと、鳩って、文鳥やスズメみたいにヒナが口を開けてるところに親鳥が餌をつっこむんじゃなくて、ペンギンみたいに親鳥の口の中にヒナがクチバシをつっこんでエサを貰うんだよ

ちょっとびっくり~

とにかく頑張ってオトナになりなよ〜

クリックしてくれるとうれしいよ
あと鳩に詳しい人、情報くれるとうれしいよ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ