やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ニホントカゲ

image

こんにちは♪ リンコです(*・ω・)ノ

私がヤモイモ家にやってきて、今月で丸5年になります(´∀`*)

ニンゲンさん夫婦の結婚歴より長いです。

image


5周年と言っても、特別なお祝い事はないんですけどね(´д`;)

今日も今日とて、暖かいソファの上でレオパフードヨーグルトを食べながらリハビリを兼ねて運動です。

去年の秋ぐらいから、歩くときに後ろ足がヨタヨタとしてきました( ・Д・)

産卵後だったのでクル病の兆候かと、ニンゲンさんは慌ててレオパフード給餌を始めたんですが、ファンデルワールス力(つるつるの壁に張り付く力)はぜんぜん衰えていないし、それ以前から定期的にレオパフードは舐めていたので体内のカルシウムやビタミンのバランスはそれほど悪くなかったと思います。

ただ、食事の時に、以前のように脂ののった大きなコオロギを捕まえる気がなくなって、子ヤモちゃんたちが食べているような、小さめのコオロギやローチしか欲しくなくなりました。



ニンゲンさんが爬虫類専門店の店長さんに相談したら、
「そりゃ年だから仕方ないですよ!」
・・・ですって(゚皿゚メ)

BlogPaint

image

お肌だって、こんなにプリプリよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ただ、娘時代のようにたくさん食べられるわけではないので、栄養バランスには気を付けてもらっています。

小さじ半分の無脂肪ヨーグルトに同量のレオパフード、それにレプチゾル半滴と、マルベリーカルシウムを耳かき一杯程度混ぜたものを、二日に一度食べさせてもらっています。

image

トカさんもお食事です。

今朝はヨーグルトに栄養剤を溶かしたもの。

ハニーワームの時のように、がっついてはくれません('A`)

ちまちまと面倒くさそうに舐めています。


image

後ろ足はこんな状態ですが、体格は立派になりましたね

image

トカさんの給餌の時、一番安定する持ち方らしいです。

中指伸ばせば「フレミングの法則」(☆゚∀゚)

BlogPaint

多摩湖畔は梅まつり(●´ω`●)

BlogPaint

地元ソース屋さんのキャラクターは暖かそうでいいですね(●´ω`●)(●´ω`●)

image

暖かい季節まで、あともう少し(・∀・)

皆さん、お風邪などひかれませんよう。

クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます(・ω・)ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

こんばんは ヤモイモ母です。

いつ誰の役に立つか分かりませんが、トカさんの排泄マッサージについて書いてみたいとおもいます。


トカさんは下半身不随で自力での排泄はできません。

よって、人の手でウ〇チやオシッコを出してあげる必要があります。



ヤモイモ家ではトカさんの排泄マッサージを週に2回行います。

1回はオシッコ(水分の排泄)のみです。

もう1回はウ〇チとオシッコが同時に出ます。


排泄の量や頻度はもちろん給餌の量や頻度に比例すると思いますが、我が家ではトカさんの給餌は1日2回、ヨーグルトやハニーワームの中身に病院で処方された栄養剤を混ぜて与えています。




※この後、ウンコ画像あります。



まず、トカさんをこのように左手で保定します。

image

ぎゅっと押さえつけるのは可哀そうですが、押さえが甘いと暴れて落っこったりする危険があるので、ほどほどの力加減が難しいところです。

BlogPaint

次に右手を使ってトカさんの下腹部を上から下へと撫でおろします。

あまり圧をかけず、「ウ〇チよ、降りろ!」と心に念じながら、左右の脇腹をゆっくりと上から下に優しくマッサージします。

徐々に総排泄口(肛門)が開いて、オシッコ(無色透明な水)が出てきます。

その後で尿酸(白いもの)が出てきます。


尿酸が出てこず、オシッコしか出ない場合は、まだウ〇チが降りてきていないので、中断して2~3日後にもう一回マッサージです。

総排泄口付近に白いものが見えてきたら・・・

BlogPaint

総排泄口(肛門)のすぐ上に、右手親指でゆっくりと圧をかけていきます。



image

あまり力を入れず(力を入れすぎると骨が危険です)、一定の強さで圧をかけながら数分待ちます。

徐々に尿酸の塊が肛門から出て、

image

あとからウ〇チ(写真の黄色い部分)がくっついてきます。

ポロッと一つの塊になって出てきます。

ウ〇チが黄色いのは、主食が栄養剤だからです。




出した後は食事・・・
image

今日はハニーワームの中身+栄養剤です。

ハニーワームって中身だけ写真に撮ってもそんなにグロくないですね。



image

色が似てるから、なんかヤですね~('д` ;)

トカさんは眠いのか、ウ〇チに疲れたのか、ぼーっとしているようです。

あさっての方むいて食べてます。

ハニーワームの中身は空気に触れると変色するので、作ったらすぐ食べてもらわねばなりません。



BlogPaint

スッキリしましたね。



トカさんは自分で噛みちぎった左後ろ足に続いて、右後ろ足の指も壊死して取れてしまいました。

出血もなく、気が付いたら取れていた、という感じです。

見ているニンゲン側からすれば痛々しいと思ってしまいますが、もともと神経が通っていないので、本人は痛くもなんともないようです。

むしろ邪魔なものが取れてホッとしているといったところでしょうか。


腕の筋力だけで壁をよじ登ったり、いろいろとできることが増えているようです。

生き物の潜在能力って未知数ですね。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキング

image

・・・タムです。

今、あたしが何を食んでいるのかというと・・・

image

ハニーワームのサナギです。

姉貴がめっちゃ美味そうにコレ食うんで、モノは試しとあたしも齧ってみたんですが・・・

結論から言うと、硬くて食えたもんじゃねー。


BlogPaint

はい。

「ぺっ」しました。サーセン。。

だって食えないもんは食えないですよ。

もったいないから、イモリのおばさんにあげることにします。



トカさんも、ニンゲンのおかーさんが買ってきたミミズを食い物として認識できなかったみたいです。

トカさんはヤモイモ家の庭出身なので、庭でミミズは食ってたと思うんですが、庭のミミズと買ってきたミミズは、どこかしら違うんでしょーかね?

image

ミミズを食べさせることは早々に諦めて、
「本日のスペシャリテ ヤモイモ風 ハニーワームの中身 栄養剤ソース絡め」
をご賞味いただいてます。


トカさんは
「メシが不味いと暴れる」
という昭和のモラハラ親父タイプの面倒くさい男ですが、ハニーワームをご賞味頂いている時のトカさんのテーブルマナーは非常に良いです。

本日のスペシャリテがお気に召した様子です。



<シェフ直伝 ハニーワームの中身 栄養剤ソース絡め>

材料 一皿分

〇ハニーワーム 大ごんぶと1本
〇栄養剤 耳かき一杯


①ハニーワームの頭の先をプッチンします。
②尻尾から頭にかけてハニーワームをしごき、内臓・肉・その他ドロドロしたものをプッチンした先から絞り出します。
③絞り出したドロドロに栄養剤をふりかけ、団子状に形を整えます。
④ハニーワームが変色しないうちに召し上がれ。(残った皮と頭はイモリのオヤツに!)


ちなみにクッキング風景の写真はありません。ご安心を。


ハニーワームは美味しい虫ですが、栄養バランスが偏っているのと、消化しにくいということで、今までトカさんにあげるのを躊躇っていたニンゲンのおかーさんでしたが、皮をとって、不足している栄養分を補ってあげれば問題ないということに気付きました。

そしてトカさんも、このスペシャリテがめちゃめちゃ気に入ったようです。

むしゃむしゃと咀嚼するトカゲの場合は、舌で舐めとるヤモリと違って、完全な液体より、半熟卵みたいなトロッとした固形物の方が食べやすいんだということにも今更気づきました。

ヤモリは「ベローン」と口の左右に舌を伸ばして、目のあたりまで舐めることができますが、トカゲはヤモリのように器用に舌を動かすことがなかなかできません。

BlogPaint

image

しっかりおかわりも食べて、部屋で苔から水を飲むトカさん。ピンボケですが・・・。

足が不自由なトカさんにとって「食べる楽しみ」というのは、トカ生の中でもかなりの比重を占めているものと思われますが、排泄が自由にできないので食べられるものは限られています。

そんな中でも、なるべく美味しいものを食べさせてやりたいと思いますからね。


BlogPaint

だけど、ニンゲンのおかーさんも、ハニーワームしごいたり、ミミズ切ったり、よくやりますよね。

慣れってコエ~。

虫が苦手だったおかーさんが、ここまで出来たんだから、案外「昆虫食」なんてのも、一回食べてみたらなんてことはないのかもしれません。

あたしがハニーワームのサナギに挑戦したノリで、いっぺん挑戦してみればいいと思います。


え?「ぺっ」しちゃうかもしれない?


あ~・・・イモリ貸しましょうか?



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキング

こんにちは ヤモイモ母です。


今朝起きてトカゲケージを見ると・・・

image

トカさんがこんな姿で爆睡していました。


image

拾い上げてみると、どうも脱皮の途中らしく、背中の皮が中途半端に剥けています。

トカさんは下半身不随のせいか脱皮が上手くありません。

いつも下半身は脱ぎ残しがあります。

しかし今回はいつもに増してうまくいってないようで、上半身のほとんどに古い皮が残っています。

どうも皮がうまく浮いてこないようです。


トカさんはいつも脱皮の前は濡れた苔の中に潜り、苔の妖精と化すのですが、今回はどういった訳か苔には潜らず、竹炭の下へ頭だけ突っ込んで寝ていました。

BlogPaint

湿った苔の中に潜ることで、古い皮をふやかして剥けやすくしているのでしょう。


BlogPaint

昨夜はとくべつ寒かったから、冷たい苔に潜るのを躊躇したのでしょうか。

乾燥したところで寝ていたせいで、濡れ手ニギニギをしても、なかなか皮が浮いてきません。

苔の傍にトカさんを連れて行っても潜ろうとはせず、「寒イカラ、嫌ダ!」と、ぽかぽかゾーンに帰ってしまいます。





そこで、余ったウェットシェルターにキッチンペーパーをお湯で湿らせたものを詰めて、ぽかぽかゾーンに置いてみました。

image

するすると入っていきます。

暖かければOKみたいです。

BlogPaint

しばらくこのまま寝かせておきます。

しかし、私の休日を見計らったようにいつも脱皮するトカさん。

私のスケジュールを掌握しているかのようです・・・。




トカさんを待つ間、ヤモイモ家の恒例行事・・・
image
近所の公園にカマタマ狩りに行ってきました。

image

我が家にはコカマキリのカマジョさん(年末にお亡くなりになりました。)のタマゴが2つあるから、今年は採りに行かなくていいかな、と思っていたのですが、カマジョさんに特別思い入れのある旦那が、

「カマジョの忘れ形見をヤモリのエサにするなんて、信じられない!!この外道!!!(´;ω;`)」

・・・などと煩いので、カマジョさんのタマゴはそのまま庭へ。



今回新たに他人(他カマ?)のタマゴを盗みに、寒い中公園にやってくる羽目になりました。


image
2つもあれば、ヤモリ5匹の春のオヤツには充分でしょう。

ヤモリの食べ残したカマ幼虫は全て、暖かくなるまで面倒を見てやってから野に放つ、というのが我が家の掟なので、あまりたくさん採りすぎるとエライ目に合います。

image

さっそく、リンコさんと子供たちのケージにカマタマ設置です。

子供たちに新しいケージを用意してあげなければと思うのですが、場所の関係でどういうものを買うか悩み中です。

当初、3Lサイズを買ってココとボンを前のように同居させようと思っていましたが、以前からケンカが絶えなかったのと、成長と共にさらに激しい縄張り争いになるのではないかと思い、だったらⅯを2つ買って今のうちから別居させた方がいいのか・・・そうなると、パネヒの配線なんかもまた考え直さなければいけないので、どうしようかと・・・。

迷っているうちに、おばあちゃん(リンコ)の家での滞在が2週間を過ぎてしまいましたが、不思議なことに、リンコの家へやってきてからというもの、ココとボンがケンカしている様子がないのです。

以前は毎日のように「ピッ!」「チッ!」ドタドタと、兄弟が怒鳴りあったり、どつき合ったりする物音が昼夜関係なく聞こえてきたのに、リンコの家に来てからというもの、2匹とも人(ヤモ?)が変わったように静かです。

家で仕事している旦那も「・・・ケンカしなくなった(´・ω・`)ばーさんの躾が効いてるのかなぁ」と不思議がっています。



はじめは2匹がリンコさんを恐れているのかと思っていましたが、ボンは平気でリンコさんの顔の上に乗ったりするし、ココもリンコに付きまとっています。

リンコのストレスが心配だったのですが、リンコさんの方も特に問題はない様子。

むしろ去年から食事量が少なく痩せていて、ヨーグルト給餌を続けていたリンコが、また積極的にエサを食べるようになりました。


・・・これはどういう訳なのでしょう?


つくづつ不思議なことですが、3匹が同じケージの中で平和に過ごしてくれているというのはヤモイモ家にとって有難いことなので、冬の間はできればリンコさんに孫の面倒をお願いしたいと思っています。


image

そうこうしているうちに、トカさんがウェットシェルターから出てきました。

image

手と頭は自力でうまく脱げたようです。

栄養剤を舐めて、またシェルターに入っていきました。



にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

・・・タムです。

え? あ、ことよろっす。

・・・そういえば年明けたんでしたね。

正月っつっても、ニンゲンが勝手に決めたアレなんで、あたしたち気分的にあんまカンケーないです。

お年玉もらえるとかなら、ちょっと嬉しいんですけど、うちのケチケチババアにそんな期待はできません。

「タムちゃん、お年玉~」とか言って、ネチョネチョのレオパフード入りヨーグルトを舐めさせようとしてきます。
image

お正月バージョンで「レオパフードの粉多め」だそうです。

ふざけんなババア。

ちなみに正月の2~3日あまり食べてなかったヤモリのおかーさんは、めっちゃ美味そうにヨーグルト食ってました。

味覚は遺伝しないようです。




・・・あたし疑問なんですけど、正月ってお年玉以外に、なんかいいことあるんですか?

お餅だってお煮しめだって、食おうと思えば年中食えるし、バーゲンだって春夏秋冬やってるじゃないですか。

テレビだってクソつまんねーし。

あ、あたしテレビにはもともと興味ないんで別にどーでもいいんですけど。

image

我が家で唯一、テレビに影響を受ける爬虫類、トカさん。

昼行性なんであたしたちヤモリとは目の構造が違うんでしょうか。

トカさんは給餌の最中、よくテレビを見ています。

しかも番組によってはかなり熱心に・・・。

BlogPaint

新春のお笑い番組は、お気に召さなかったようです。

スポーツはかなり集中して見ています。

まぁ、このひとトカゲなんで、内容を理解しているとは到底思えないんですけど。

BlogPaint

ニンゲンの旦那さんは、神戸から帰ってきて、正月の間録りためていたお笑いと、映画を観ていました。

トカさんも旦那さんの隣でニンゲンのおかーさんに栄養剤食わされながら、いろいろ観ていましたが、お化け系のホラー映画は平気でも、暴力的なシーンは苦手なようです。

ゴッドファーザーの暗殺シーンで「アワワ、アワ、アワ・・・」となっていました。


あたしたちはテレビから銃声や悲鳴が聞こえても
「・・・・・っせーな。(音量が)」
くらいの反応しかしませんが、トカさんはマフィアが首絞められて苦しんでいるのを見てマジびびってました。


ケージに戻った後も呼吸が荒く、シェルターに逃げ込んで、しばらくすると眠ったのですが、寝ながら身体がびっくんびくんしていて、ニンゲンのおかーさんが心配して
「あんた大丈夫かいな?」
と、声をかけたらハッと飛び起きて、まわりをきょろきょろしていました。

BlogPaint
ケージ内を見回って、危険がないか確認するトカさん。

タッタリアもコルレオーネも多摩湖畔にはいないから心配すんな。

ケージ内を一通り一周して、水を飲んだら落ち着いたようです。



・・・トカさんて、前世イタリアマフィアだったんですかね・・・。


image

・・・もしかすると、強マフィアに一方的に痛めつけられている下っ端マフィアに、鳥に襲われて酷い目に合わされた過去の自分を重ねたんでしょうかね、なんつて・・・まさかね。

ニンゲンの旦那さんが気を使って、トカさんの給餌の時はゴッドファーザーを見なくなったんで、それ以来トカさんのメンタルも安定しているようです。

BlogPaint


image

年明けて何か変わったことがあったかというと、そういやコヤモのボンがいっちょまえにも鉢底ネットトンネルの使い方を覚えましたよ。

ボンは鉢底ネットで寝るようになって、その代わりヤモリのおかーさんがシェルターで寝るようになりました。

ココはおかあさんと一緒にシェルターに入ろうとしていましたが、おかあさんのでっかい尻が入口を塞いでいて入れず、しょうがないからシェルターの裏で寝ています。

この三にん暮らしも、もうしばらく続きそうです。

クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ