やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ヤモグッズ

image

♪ いまは ただひとぉり~~  すぎしひ しのべぇばぁああ~~

くだけるなみおぉぉぉとぉぉ~~    さびしく ひびくぅぅぅ~~~♪


か~え~れぇぇぇ~~~~~  
きみぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~




シニョーレ シニョーラ ボナセ~ラ  夜風に歌う水の妖精 サラよ

ニンゲン・メスは昨日までまたイタリーに行ってきたわ。

次の目的地は島!

image

昔からのレモンの産地、カプリ島よ。グロッタアズーラ(青の洞窟)があることで有名ね。



image

しかし波が荒いわっ



image

はるか遠くに見えるのはベスビオ火山



image

島が見えてきたわっ。


image

頭に雲をかぶったカプリ島。





image

南イタリアのこのあたりは、島も本土も切り立った崖。

image

頭から波をかぶりまくりのニンゲン・メス。

やっと上陸よ!

image

うわぁ観光地。

image

うわぁビーチ。

image

白人は紫外線を恐れないのね。

image

海青いわね。

image

ニンゲン・メスたちの目的は洞窟内での観測。

でもちょっと波が高くて今日は無理みたいね。


image

土産物屋でこんな柄のタオルを発見!

image

こんな柄の大判ショールも発見!

ご購入してホテルに持って入ったわ。

この柄があるということは・・・

image

やっぱり実物が存在したわ。

ホテルの外壁に。

image

・・・立派な体格ねぇ・・・・
image

体長はぱっと見20cmくらい。

ニホンヤモリよりもずいぶん大柄よ。

モリーちゃんと同じくらいね。(背丈も幅も)



翌日。
image

波が少し穏やかになったわ。

image

モーターボートで港の外に出て島をぐるっと回って、小舟に乗り換え、頃合いを見計らって洞窟内に潜入。

image

青い!青いわ!!

観光客向けの小舟がひっきりなしに出たり入ったりしてくるんだけど、その船頭が歌ってるのよ。

サンタルチアとか、帰れソレントへ、とか。

音響効果は抜群よ。




そして、無事に測量を終え、帰ってきたニンゲン・メス。


image

image

お土産にアマルフィの焼き物のヤモリ。

南イタリアのヤモリはレモンしょってるのね。

image

島には残念ながら、イモリの仲間はいなかったようね。

ニンゲン・メスが見つけ切れていないだけで、実はいるのかしら?

でも住んでるニンゲンが違うように、世界にはいろんなヤモリがいるものね。




ハワイヤモリ


ブラジルヤモリ


クリックしてくれた貴方にグラツィエ・ミッレ!チャオチャオ



にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ





image


どぉも!

モリーよ!!


今朝、宅配便の人が来てから、普段低血圧のニンゲン・メスが気味悪いくらいウキウキなんだけど、その理由というのが・・・

BlogPaint

・・・イモT。

なんでも「ホイミ」っていうネット通販のTシャツ屋さんで買ったみたいよ。

ニンゲン・メス、あんたここんとこ昼夜部屋に籠って、寝ずに書類作ってて、「いや、よく働くわね~大変ね~偉いわね~」と思ってたんだけど、そう・・・ネットショッピングとかしてたの。

書類の提出日が近いってのに余裕ぶっこいてるわね。


image

ポケットからイモリがひょこっと覗いているというさりげなくも存在感のあるデザイン。

でも言わせてもらうなら、このモデルのイモリはポケットから出てくるというシチュエーションを生かし切れていないわね。

どうせならもっと思い切って・・・


BlogPaint

・・・くらいポーズとっても良くなくて???


BlogPaint


image

ニンゲン・メスったら、他にもTシャツ買ったみたいね。

image

こっちはヤモT。

嬉しがって早速着てるわ。

image

はぁ・・・ネットショッピングもいいけど、さっさと仕事なさいな。

やることどんどん溜まってくわよ


クリックしてくれた貴方、時間とお金は効率よく使いましょ

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

・・・タムです。

image

・・・訳あって逃走中です。

それというのも・・・

image

あたし今朝、脱皮したんですが、尻尾と脇の下に脱ぎ残しがありまして。
おせっかいなニンゲンのおかーさんが、あたしを温浴させて、残った皮をふやかそうとしたんですが・・・

BlogPaint

生憎、あたしはヤモリのおかーさんのようにゆっくりと風呂に浸かるような年寄り臭い趣味はありません。

そこで、風呂の途中で逃げ出したわけですが・・・

BlogPaint


なるべくモノがごちゃごちゃしてるところに逃げてやろうと思ったわけですよ。

したら偶然・・・

image

なにここ、すげー適所。

image

・・・適所だと思ったけども、マネキンチャレンジあえなく失敗・・・

image

しょうがないので、ぴーにゃっつの股の下へ・・・

image

image

image

ぴーにゃっつの股間もあたしを庇いきれませんでした。

image

・・・え? なんか飛び降りてきましたが・・・

image

・・・・・・・・。


image

・・・・・おたく、どちらさん?


image

ピンクの何かに気を取られている間に、ニンゲンのおかーさんに捕まって、尻尾の皮剥かれました。

皮を剥かれたあとは、レオパフード入りヨーグルトを食わされて、紫外線浴です。

いろいろ大変な日でしたが、出会いの多い一日でもありました。





PS・ちなみにタムの逃走場所はニンゲン側が意図したものではなく、完全にタムの思惑によるものです。(Byヤモイモ母)
image



クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキング

image
・・・タムです。

紫外線ランプ浴びてます。

image

コードってなんか楽しそうだし、散歩したいんですけど、調子こいてコンセントに近づくとババア(ニンゲンのおかーさん)に怒られます。


ハワイのヤモグッズ屋で変な毒を浴びてきたニンゲンのおかーさんは、日本でも何かヤモグッズはできないかと、最近は仕事の最中にそればかり考えてるんですが・・・

BlogPaint

サンタを見ていて何故かひらめいた。



image

今日の落書き。

目と胸の文字と、ゴキブリのワンポイントは刺繍です。

ハロウィンや、寒い夜の防寒着に・・・。


夜中、銭湯に行く時も、これ着て行けば湯冷めと防犯、両方の効果があります。
(ただし職務質問されるおそれはあります。)

嫌なアイツと会わなきゃいけない時も、これさえ着ていけば、お互い自然と心にバリアーが張れます。


5色作って「カベチョロ戦隊 ヤモレンジャー」ができるようにします。

ちなみにヤモレンジャーにレッドはいません。

グレー、ライトグレー、グリーン、モスグリーン、ブラウン、のみ!

クソ地味!!

image

手の部分はジッパーで取り外しができるようにするか、指だしミトンみたく穴あけて指を出せるようにするそうです。



けっこう本気で作りたくて(もはや商品化というよりニンゲンのおかーさんが個人的に着たい)おかーさんの弟の知ってる業者に見積もりたててもらったんですよ。

そしたら一枚作るのに3万以上かかるそうで。

有名ブランドでもねーし、3万出してこんなパーカー誰も買わねーだろ・・・。

つーことで、もっと安くやってくれる業者さんを探し中です。

どっか知りません?

image

ポストカードとかも作れないか考えてるみたいなんですが、写真撮るっつったって、まともにポージングできるのってあたしくらいなんですよ。

ヤモリのおかーさんは年食ってるし、ガキはチョロチョロするし、姉貴は何も考えてねーし。

それになんつったってカメラがアイポンしかねーっつー・・・


グッズ作るっつっても道は険しいですね。

なんかできるといいですね。


クリックどうも。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

IMG_6766
どぉも!

モリーよ!!


今日はニンゲン・メスがハワイで買ってきた絵本の紹介。


グルメなあたしとしては、絵本なんかより食べ物のほうが興味あるんだけど、こういうものを紹介するのはやっぱりある程度の教養がなくちゃダメよね。

ヤモイモ家で一番インテリジェンスがあるあたしが受け持つしかないんでしょうね。

しょうがないわね。



まずはこの一冊。

image

「おやすみヤモリくん」(ニンゲン・メス訳)

初版が出てから25年間、愛され続けているハワイの絵本。

対象年齢は2歳~6歳・・・くらいかしら?

「とお~い しまの、おおきな やまのちかく、きんいろの はまべの そばに、ちっちゃな あかい おうちが ありましたとさ。 

ちっちゃな あかい おうちには、おかあさんと、おとうさんと、おんなのこと、おとこのこと、それからヤモリのかぞくが すんでいましたとさ。

おかあさんヤモリと、おとうさんヤモリ、それから2ひきのチビヤモリ。」(ニンゲン・メス訳)


先に生まれた姉さんチビヤモは、生まれてすぐにお月さまやお星さまに挨拶したのに、後に生まれた弟チビヤモは、ヤモリのくせに『暗い夜が嫌い!』と言って、巣から出てこないの。


弟チビヤモは太陽の下で花を摘んだり・・・

image




明るい海の中で魚と泳いだりしてみたいと言うのだけれど・・・

image

ヤモリは夜の生き物。

母さんヤモリに諭されて、チビヤモは夜嫌いを克服するために素晴らしい夜の世界を母さんと一緒に見に出かけるわ。

image

夜の世界で見た美しいものたちに、母さんヤモリは「Goodnight to・・・」と呼びかけていくのだけれど、文章が韻を踏んでいるから日本語訳するにはそれなりに詩心のある人でなきゃムリね。

でもとっても易しい英語だから、子供の英語の勉強なんかにちょうどいいと思うわ。


素敵な絵とお話しなんだけど、ニンゲン・メスが一番心を動かされたのは背表紙!

image
細かい字と丁寧なイラストで描かれたヤモリの説明文!!

・・・なにこの溢れるヤモリ愛・・・。



なによ、アマゾンで買えたじゃない・・・




2冊目は独特の存在感を放つコレ!

image

「ヤモリが鳴くようになったわけ」(訳 ニンゲン・メス)

対象年齢は小学校中学年くらいかしら?


「はるか昔、世界がまだ新しかった頃・・・夜、星は澄んだ空にきらめき、暖かな空気は静けさに満ちていた。なぜならヤモリたちが、まだ鳴くことを知らずにいたからだ。」



小川の傍の若いコアの樹に、ヤモリたちが住んでいたのだけど、彼らは朝から晩まで自分たちの生活に不平不満をこぼしながら暮らしていたの。

image

ある日、「ポノ」と名乗る謎の人面幼虫がやってきて、コアの樹にヤモリたちと一緒に住み始めるのだけれど、同じ環境に暮らしながらポノはいつもニコニコと上機嫌で口笛を吹いているわ。

それがヤモリたちの気に障って、ポノに対して意地悪な態度をとったりするのだけれど、ポノはどこ吹く風。

「僕は怒ることで時間を無駄にしたくないんだよ。君たちは僕の感情を害したりはできないね。
君たちが不幸な気持ちでいることに決めたからって、僕まで不幸な気持ちにならなきゃいけないわけはないもの。」

と言って、ニコニコと口笛吹きながら働いているの。

この幼虫・・・何の教祖!?




ある日、怖ろしい嵐がやってきて、ポノとヤモリたちの暮らすコアの樹は危機に直面するわ。

樹の上へ上へと逃げるヤモリたちの耳に、風の音の切れ間から、ポノの力強い口笛が聞こえてくるの。

image


いじめ、レイシズム、人生観、友情・・・

想像していたよりはるかにテーマが深くてニンゲン・メスは驚いたわ。



お話しを書いたのはマウイ島に住む15歳の女の子と、そのお父さんなんですってよ!

どうも「The Goodnight Gecko」の作者の娘と旦那さんぽいわね。


絵を描いた人はベトナム人の画家らしいんだけど、ベトナムのヤモリってこういう顔なのかしら?

ちょっとベトナム行ってみたくなったわ。


ちなみにハワイ語でPonoは「幸せ、感謝、正しい」の意。


image

ニンゲン・メスはこの絵本を買って、ひとつ「しまった!」って思ったことがあったわ。

ニンゲン・メスったらハワイ島滞在中、デイゲッコーにはたくさん会ったけど、夜行性のヤモリにはぜんぜん会えてなかったのよ。

こんな絵本があるってことは、夜にもヤモリはいっぱいいるはずじゃない!

次は夜ヤモリに会いにマウイ島に行かなくちゃね!


クリックしてくれた貴方「Goodnight! Have a sweet dream
]



にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

このページのトップヘ