やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

カテゴリ: ヤモグッズ

image
・・・タムです。

紫外線ランプ浴びてます。

image

コードってなんか楽しそうだし、散歩したいんですけど、調子こいてコンセントに近づくとババア(ニンゲンのおかーさん)に怒られます。


ハワイのヤモグッズ屋で変な毒を浴びてきたニンゲンのおかーさんは、日本でも何かヤモグッズはできないかと、最近は仕事の最中にそればかり考えてるんですが・・・

BlogPaint

サンタを見ていて何故かひらめいた。



image

今日の落書き。

目と胸の文字と、ゴキブリのワンポイントは刺繍です。

ハロウィンや、寒い夜の防寒着に・・・。


夜中、銭湯に行く時も、これ着て行けば湯冷めと防犯、両方の効果があります。
(ただし職務質問されるおそれはあります。)

嫌なアイツと会わなきゃいけない時も、これさえ着ていけば、お互い自然と心にバリアーが張れます。


5色作って「カベチョロ戦隊 ヤモレンジャー」ができるようにします。

ちなみにヤモレンジャーにレッドはいません。

グレー、ライトグレー、グリーン、モスグリーン、ブラウン、のみ!

クソ地味!!

image

手の部分はジッパーで取り外しができるようにするか、指だしミトンみたく穴あけて指を出せるようにするそうです。



けっこう本気で作りたくて(もはや商品化というよりニンゲンのおかーさんが個人的に着たい)おかーさんの弟の知ってる業者に見積もりたててもらったんですよ。

そしたら一枚作るのに3万以上かかるそうで。

有名ブランドでもねーし、3万出してこんなパーカー誰も買わねーだろ・・・。

つーことで、もっと安くやってくれる業者さんを探し中です。

どっか知りません?

image

ポストカードとかも作れないか考えてるみたいなんですが、写真撮るっつったって、まともにポージングできるのってあたしくらいなんですよ。

ヤモリのおかーさんは年食ってるし、ガキはチョロチョロするし、姉貴は何も考えてねーし。

それになんつったってカメラがアイポンしかねーっつー・・・


グッズ作るっつっても道は険しいですね。

なんかできるといいですね。


クリックどうも。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

IMG_6766
どぉも!

モリーよ!!


今日はニンゲン・メスがハワイで買ってきた絵本の紹介。


グルメなあたしとしては、絵本なんかより食べ物のほうが興味あるんだけど、こういうものを紹介するのはやっぱりある程度の教養がなくちゃダメよね。

ヤモイモ家で一番インテリジェンスがあるあたしが受け持つしかないんでしょうね。

しょうがないわね。



まずはこの一冊。

image

「おやすみヤモリくん」(ニンゲン・メス訳)

初版が出てから25年間、愛され続けているハワイの絵本。

対象年齢は2歳~6歳・・・くらいかしら?

「とお~い しまの、おおきな やまのちかく、きんいろの はまべの そばに、ちっちゃな あかい おうちが ありましたとさ。 

ちっちゃな あかい おうちには、おかあさんと、おとうさんと、おんなのこと、おとこのこと、それからヤモリのかぞくが すんでいましたとさ。

おかあさんヤモリと、おとうさんヤモリ、それから2ひきのチビヤモリ。」(ニンゲン・メス訳)


先に生まれた姉さんチビヤモは、生まれてすぐにお月さまやお星さまに挨拶したのに、後に生まれた弟チビヤモは、ヤモリのくせに『暗い夜が嫌い!』と言って、巣から出てこないの。


弟チビヤモは太陽の下で花を摘んだり・・・

image




明るい海の中で魚と泳いだりしてみたいと言うのだけれど・・・

image

ヤモリは夜の生き物。

母さんヤモリに諭されて、チビヤモは夜嫌いを克服するために素晴らしい夜の世界を母さんと一緒に見に出かけるわ。

image

夜の世界で見た美しいものたちに、母さんヤモリは「Goodnight to・・・」と呼びかけていくのだけれど、文章が韻を踏んでいるから日本語訳するにはそれなりに詩心のある人でなきゃムリね。

でもとっても易しい英語だから、子供の英語の勉強なんかにちょうどいいと思うわ。


素敵な絵とお話しなんだけど、ニンゲン・メスが一番心を動かされたのは背表紙!

image
細かい字と丁寧なイラストで描かれたヤモリの説明文!!

・・・なにこの溢れるヤモリ愛・・・。



なによ、アマゾンで買えたじゃない・・・




2冊目は独特の存在感を放つコレ!

image

「ヤモリが鳴くようになったわけ」(訳 ニンゲン・メス)

対象年齢は小学校中学年くらいかしら?


「はるか昔、世界がまだ新しかった頃・・・夜、星は澄んだ空にきらめき、暖かな空気は静けさに満ちていた。なぜならヤモリたちが、まだ鳴くことを知らずにいたからだ。」



小川の傍の若いコアの樹に、ヤモリたちが住んでいたのだけど、彼らは朝から晩まで自分たちの生活に不平不満をこぼしながら暮らしていたの。

image

ある日、「ポノ」と名乗る謎の人面幼虫がやってきて、コアの樹にヤモリたちと一緒に住み始めるのだけれど、同じ環境に暮らしながらポノはいつもニコニコと上機嫌で口笛を吹いているわ。

それがヤモリたちの気に障って、ポノに対して意地悪な態度をとったりするのだけれど、ポノはどこ吹く風。

「僕は怒ることで時間を無駄にしたくないんだよ。君たちは僕の感情を害したりはできないね。
君たちが不幸な気持ちでいることに決めたからって、僕まで不幸な気持ちにならなきゃいけないわけはないもの。」

と言って、ニコニコと口笛吹きながら働いているの。

この幼虫・・・何の教祖!?




ある日、怖ろしい嵐がやってきて、ポノとヤモリたちの暮らすコアの樹は危機に直面するわ。

樹の上へ上へと逃げるヤモリたちの耳に、風の音の切れ間から、ポノの力強い口笛が聞こえてくるの。

image


いじめ、レイシズム、人生観、友情・・・

想像していたよりはるかにテーマが深くてニンゲン・メスは驚いたわ。



お話しを書いたのはマウイ島に住む15歳の女の子と、そのお父さんなんですってよ!

どうも「The Goodnight Gecko」の作者の娘と旦那さんぽいわね。


絵を描いた人はベトナム人の画家らしいんだけど、ベトナムのヤモリってこういう顔なのかしら?

ちょっとベトナム行ってみたくなったわ。


ちなみにハワイ語でPonoは「幸せ、感謝、正しい」の意。


image

ニンゲン・メスはこの絵本を買って、ひとつ「しまった!」って思ったことがあったわ。

ニンゲン・メスったらハワイ島滞在中、デイゲッコーにはたくさん会ったけど、夜行性のヤモリにはぜんぜん会えてなかったのよ。

こんな絵本があるってことは、夜にもヤモリはいっぱいいるはずじゃない!

次は夜ヤモリに会いにマウイ島に行かなくちゃね!


クリックしてくれた貴方「Goodnight! Have a sweet dream
]



にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image

♪ ジスィズ ザ モーメンッ アイブ ウェイティッ フォォ~♪

太陽の下の若者たち&星の花嫁たち グッディーブニング♪

体長10㎝のプレスリー・・・サラよ




今夜はニンゲン・メスがハワイで見つけたヤモリグッズを紹介するわ。

何故イモリグッズがないのか・・・
そして何故パーフェクト・ニュートのアタシがヤモリのグッズを紹介しなくちゃいけないのか。
いろいろ解せないけど、順番だから仕方ないわ。




ハワイの人たちはヤモリを愛しているのね。

海辺のお土産屋さんには、いろんなヤモグッズが置いてあったわ。

image

image

コナの町で最初にできたホテル。

今では中を改装して、土産物屋やカフェになってるわ。

ここでニンゲン・メスは「運命の出会いをした!」と言ってるの・・・



image

「アリィ・ゲッコーズ」

なにこのグラサンかけてカッコつけたヤモリの看板・・・

まさか、ヤモグッズ専門店!?



店に入った途端、ニンゲン・メスの目に飛び込んできたのは

ヤモリTシャツ、ヤモリぬいぐるみ、ヤモリフック、ヤモリカード、ヤモリシール、ヤモリヤモリヤモリ
ヤモリだらけ!!


お店のマダムの了解を得て一枚だけ写真を撮らせてもらったけど・・・

image



ニンゲン・メスったらすっかり心を奪われて、買い物カゴに気に入ったものを手当たりしだい放り込んでいったわ。

同行者に「大丈夫?そんなに買うて、お金あるん??」と言われ、ハッと我に返り、とりあえずカゴの中身をお店の人にキープしてもらって冷静になろうと外に出たわ。


image

image

落ち着くのよ、ニンゲン・メス!

とりあえずヤモリから思考を開放するために、カメハメハ大王ゆかりの建物でも見て気を鎮めましょ。

これ大王が臨終を迎えた建物を模したヘイアウ。

ヘイアウっていうのはハワイの神殿みたいなもの。

image

ヘイアウの下にいた魚。

image

これはハワイ王朝の別荘。

カメハメハの子孫が何代か住んでたらしいわ。

ヘイアウのすぐ近所にあるわ。



少し頭を冷やしたニンゲン・メスはお店に帰って「本当に気に入ったもの」だけを買ってホテルに帰ったわ。

image

シャツが2枚と絵本が2冊、ビアマグと温度計。




image

ニンゲン・オスへのお土産のTシャツは、テキーラ瓶の底にいる虫を舌の長いヤモリが狙っている、という柄。

ニホンヤモリはエサを捕るときは口にパクッと咥えて捕まえているけど、ヒルヤモリは舐めとるイメージが強いわね。

まぁこんなカメレオンのお化けみたいに舌の長いヤモリはいないでしょうけど。



image
大きなビアマグには4匹のヒルヤモリ。

image
裏。



中でも「収穫が大きかった」って言ってるのは絵本。

image
「The Goodnight Gecko」はハワイの子供の本としてはポピュラーで去年25周年を迎えたベストセラー。

作者の愛を感じるわ。

かわいいわね。


image

「How The Geckos Learned to Chirp」は、このなんとも怖い絵に惹かれて買ったらしいわ。

なにこれジュラ期?

シュールな内容を期待して読んでみたら、けっこう深い話だったみたい。

絵本については、また改めて詳しくご紹介するわ。



image

ニンゲン・メスったら、すっかりこの「ALLEY GECKOS」ってお店に影響されちゃって、「日本でもヤモリ専門店開きたいわー」とか言ってるわ。

日本で通用するのかしら?

どちらかっていうと「イモリ専門店」の方がいいと思うわよ。

あ、黒焼きとか漢方的な意味でなくてよ!!


クリックしてくれたアナタ、♪ I do love you with all my heart~


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image
こんばんは♪リンコです(*・ω・)ノ

トウレプ行かれた方、行かれなかった方も、皆さん今日一日お疲れさまでした。

関東圏の方は突然の地震、びっくりしましたね(´;ω;`)

大丈夫でした?


地震が苦手なニンゲンさんは、しばらくリビングで「狼狽の踊り」を踊っていましたが、落ち着きと理性を取り戻すためと言って昨日買ったお猪口で一杯やり始めました。

冷静になるのに酒のチカラを借りるという・・・(*´Д`*)

image
日本酒の中のイモリさん。



image
盃の中から徳利で「ま、ま、一杯。」と勧めてきます。

お酒すすんじゃいそう(*´Д`*)(*´Д`*)

蛙庵さんで購入しました。


image
お猪口を買ったら、こんなオマケをつけて頂きました。

サンショウウオのチョコレートです(´∀`*)お味は抹茶!



image
以前、奥のコースターを買ったお店で手前のチャームを買いました(☆゚∀゚)

ラッピングされてたミニ袋も可愛い。


image

こちらは買ったのではなく、アンケートを書いたら頂きました。

生体に毒性の少ない殺菌消臭スプレーです。

トカさんのケージのお掃除に使わせて頂きます(^∀^)




image

ポピさんに頂いたクジラさん、さっそくガールズ水槽に導入しましたよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

image
ガールズ、興味しんしん。

「なんなん?新しい遊具??」とクジラさんに詰めかけます。

いきなりすごい人気!!

なにこれハリーポッター!?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
BlogPaint

ガールズ、すごく楽しそうです(´∀`*)



ニンゲンさん夫婦、今日は慌ただしい一日でしたが、夕ご飯はちょっとだけ御馳走だったみたいです。
BlogPaint
きれいなケーキ(´∀`)

ニンゲンさん、お誕生日はとっくに嬉しくない歳ですが、ケーキはいくつになっても嬉しいみたい(´∀`)(´∀`)

image
私もごちそうのお相伴で、ひさびさにイエコを頂きましたよ。

ずーっとフタホシばかりでちょっと飽きていたんです(*´Д`*)

月夜野ファームのイエコは美味しくて、お皿に入れてもらってすぐに2つも食べちゃいましたよ(*´∇`*)

柔らかいイエコは産後の肥立ちにもいいんでしょうね。

image

美味しいものがあるって幸せなことですね(*´∇`*)

クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます(*・ω・)ノ


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ

にほんブログ村
 にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
 
ヤモリランキングへ

 爬虫類・両生類
 


image
こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

先日脱皮をしました。
その最中ニンゲンさんに見つかってしまって・・・

image


脱ぎにくそうにしていたので、ぬるま湯で湿らせたテッシュでくるまれて皮をむかれてしまいました。

自分で脱げるって言ったのに・・・ヽ(#`Д´)ノ




ニンゲンさんは最近よく実家に帰ります。

妹さんが実家の空いたスペースでお店をやろうと考えているそうで、「何したらええと思う?」 と相談されて、「爬虫類喫茶!!」と即答し、即却下されたそうです。

実家の人たちは哺乳類や鳥類は好きですが、ヤモ、トカゲ、ヘビはやっぱりちょっと苦手なのね*´Д`*)



ニンゲンさんてばくやしがってか、私たちヤモリの可愛さを世に知らしめるんだとか言って、HP作ったりしてました。ネット音痴のくせに( -д-)

ニホンヤモリのページbyやもりんいもりん


同じ爬虫類でもカメさんなんかはわりと人間社会に受け入れられているようで、映画でもヒーロー扱い(*´ェ`*)



グッズもたくさん出てますね。

両生類だと、カエルはイモリやサンショウウオよりキャラクターとしてメジャーよね。

最近あんまり見ないけど「ケ〇ケロ け〇っぴ」とか・・・。



ニンゲンさんの妹は爬虫類全般ダメ。両生類もだいたい苦手なくせに、なぜかカエルが大好きなんだそうです。

アマガエルとか平気で触れちゃうのね( ・Д・)

葛西の方に、ニンゲンさんがよくコオロギを買いに行く「ワイルドスカイ」さんっていうカエル専門店があるんですが、そちらでは生体や飼育用品の他に、カエルのぬいぐるみやキャラクターグッズも置いてあるんだそうです。見てるだけでとても面白いんですって。

妹さんは飼育はしてないけどカエルグッズを集めているので、コオロギを買うついでに妹さんへのプレゼントなんかを買うこともあるみたいですね。


ニンゲンさんもヤモラーとしてヤモリグッズを集めてはいるんですが・・・
image

指の数に注目(´・ω・`)

海外の製品は華やかですが、生体をよく観察してないのかしら?
前足の指4本が多いです。

もしかして中国やアメリカのヤモリは指4本なのかしら??

image


安定の海洋堂。



image

左上 ハワイアンジュエリーのシルバーのヤモリペンダントヘッド
右下 コラソン動物園の樹脂製ヤモリペンダントヘッド

鎖部分はどちらもニンゲンさんがビーズを編み込んで細工してます。

コラソン動物園 ヤモリかわいいのでお気に入りだそうです(´∀`)

左前脚の指がとれちゃったのはニンゲンさんが愛用しまくってるからです。
コラソン動物園のせいではありません。


ヤモリだけで三種類の色があります。

コラソン動物園の樹脂アクセサリーには、この他にもエリマキトカゲやらタンチョウヅルやらフェレットやら・・・ちょっと他では見ないくらい沢山のバリエーションの動物たちがいます。

みんなリアルで、かつ可愛いです(*゚∀゚)っ

ちっちゃくて可愛いモノが好きなニンゲンさんはコラソン動物園のアクセサリーシリーズについてだけで3時間くらい語れますが、ここは「ヤモリブログ」ですのでキリのない話はやめてもらいます。


最後に、コラソンについて敢えて難点を言うと、動物のパーツは細工が細かくて素敵なのですが、金具部分が安っぽいのでチェーンやイヤリングホルダーは付け替えをオススメしますよ。

image

ニンゲンさんの実家は代々お店をやっています。
いつか「ヤモリに関するお店」を開けたらいいな・・・というのが、ニンゲンさんのささやかな夢なんだそうです。

でもヤモリのグッズってまだまだ少ないから仕入れが大変そうですね。

どなたか、かわいいヤモリグッズ開発してくださいませんか?


クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます(。・ω・)ノ゙
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
ヤモリランキングへ

このページのトップヘ