やもりんいもりん

ニホンヤモリとアカハライモリ飼育

2016年11月

IMG_6766
どぉも!

モリーよ!!


今日はニンゲン・メスがハワイで買ってきた絵本の紹介。


グルメなあたしとしては、絵本なんかより食べ物のほうが興味あるんだけど、こういうものを紹介するのはやっぱりある程度の教養がなくちゃダメよね。

ヤモイモ家で一番インテリジェンスがあるあたしが受け持つしかないんでしょうね。

しょうがないわね。



まずはこの一冊。

image

「おやすみヤモリくん」(ニンゲン・メス訳)

初版が出てから25年間、愛され続けているハワイの絵本。

対象年齢は2歳~6歳・・・くらいかしら?

「とお~い しまの、おおきな やまのちかく、きんいろの はまべの そばに、ちっちゃな あかい おうちが ありましたとさ。 

ちっちゃな あかい おうちには、おかあさんと、おとうさんと、おんなのこと、おとこのこと、それからヤモリのかぞくが すんでいましたとさ。

おかあさんヤモリと、おとうさんヤモリ、それから2ひきのチビヤモリ。」(ニンゲン・メス訳)


先に生まれた姉さんチビヤモは、生まれてすぐにお月さまやお星さまに挨拶したのに、後に生まれた弟チビヤモは、ヤモリのくせに『暗い夜が嫌い!』と言って、巣から出てこないの。


弟チビヤモは太陽の下で花を摘んだり・・・

image




明るい海の中で魚と泳いだりしてみたいと言うのだけれど・・・

image

ヤモリは夜の生き物。

母さんヤモリに諭されて、チビヤモは夜嫌いを克服するために素晴らしい夜の世界を母さんと一緒に見に出かけるわ。

image

夜の世界で見た美しいものたちに、母さんヤモリは「Goodnight to・・・」と呼びかけていくのだけれど、文章が韻を踏んでいるから日本語訳するにはそれなりに詩心のある人でなきゃムリね。

でもとっても易しい英語だから、子供の英語の勉強なんかにちょうどいいと思うわ。


素敵な絵とお話しなんだけど、ニンゲン・メスが一番心を動かされたのは背表紙!

image
細かい字と丁寧なイラストで描かれたヤモリの説明文!!

・・・なにこの溢れるヤモリ愛・・・。



なによ、アマゾンで買えたじゃない・・・




2冊目は独特の存在感を放つコレ!

image

「ヤモリが鳴くようになったわけ」(訳 ニンゲン・メス)

対象年齢は小学校中学年くらいかしら?


「はるか昔、世界がまだ新しかった頃・・・夜、星は澄んだ空にきらめき、暖かな空気は静けさに満ちていた。なぜならヤモリたちが、まだ鳴くことを知らずにいたからだ。」



小川の傍の若いコアの樹に、ヤモリたちが住んでいたのだけど、彼らは朝から晩まで自分たちの生活に不平不満をこぼしながら暮らしていたの。

image

ある日、「ポノ」と名乗る謎の人面幼虫がやってきて、コアの樹にヤモリたちと一緒に住み始めるのだけれど、同じ環境に暮らしながらポノはいつもニコニコと上機嫌で口笛を吹いているわ。

それがヤモリたちの気に障って、ポノに対して意地悪な態度をとったりするのだけれど、ポノはどこ吹く風。

「僕は怒ることで時間を無駄にしたくないんだよ。君たちは僕の感情を害したりはできないね。
君たちが不幸な気持ちでいることに決めたからって、僕まで不幸な気持ちにならなきゃいけないわけはないもの。」

と言って、ニコニコと口笛吹きながら働いているの。

この幼虫・・・何の教祖!?




ある日、怖ろしい嵐がやってきて、ポノとヤモリたちの暮らすコアの樹は危機に直面するわ。

樹の上へ上へと逃げるヤモリたちの耳に、風の音の切れ間から、ポノの力強い口笛が聞こえてくるの。

image


いじめ、レイシズム、人生観、友情・・・

想像していたよりはるかにテーマが深くてニンゲン・メスは驚いたわ。



お話しを書いたのはマウイ島に住む15歳の女の子と、そのお父さんなんですってよ!

どうも「The Goodnight Gecko」の作者の娘と旦那さんぽいわね。


絵を描いた人はベトナム人の画家らしいんだけど、ベトナムのヤモリってこういう顔なのかしら?

ちょっとベトナム行ってみたくなったわ。


ちなみにハワイ語でPonoは「幸せ、感謝、正しい」の意。


image

ニンゲン・メスはこの絵本を買って、ひとつ「しまった!」って思ったことがあったわ。

ニンゲン・メスったらハワイ島滞在中、デイゲッコーにはたくさん会ったけど、夜行性のヤモリにはぜんぜん会えてなかったのよ。

こんな絵本があるってことは、夜にもヤモリはいっぱいいるはずじゃない!

次は夜ヤモリに会いにマウイ島に行かなくちゃね!


クリックしてくれた貴方「Goodnight! Have a sweet dream
]



にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image

♪ ジスィズ ザ モーメンッ アイブ ウェイティッ フォォ~♪

太陽の下の若者たち&星の花嫁たち グッディーブニング♪

体長10㎝のプレスリー・・・サラよ




今夜はニンゲン・メスがハワイで見つけたヤモリグッズを紹介するわ。

何故イモリグッズがないのか・・・
そして何故パーフェクト・ニュートのアタシがヤモリのグッズを紹介しなくちゃいけないのか。
いろいろ解せないけど、順番だから仕方ないわ。




ハワイの人たちはヤモリを愛しているのね。

海辺のお土産屋さんには、いろんなヤモグッズが置いてあったわ。

image

image

コナの町で最初にできたホテル。

今では中を改装して、土産物屋やカフェになってるわ。

ここでニンゲン・メスは「運命の出会いをした!」と言ってるの・・・



image

「アリィ・ゲッコーズ」

なにこのグラサンかけてカッコつけたヤモリの看板・・・

まさか、ヤモグッズ専門店!?



店に入った途端、ニンゲン・メスの目に飛び込んできたのは

ヤモリTシャツ、ヤモリぬいぐるみ、ヤモリフック、ヤモリカード、ヤモリシール、ヤモリヤモリヤモリ
ヤモリだらけ!!


お店のマダムの了解を得て一枚だけ写真を撮らせてもらったけど・・・

image



ニンゲン・メスったらすっかり心を奪われて、買い物カゴに気に入ったものを手当たりしだい放り込んでいったわ。

同行者に「大丈夫?そんなに買うて、お金あるん??」と言われ、ハッと我に返り、とりあえずカゴの中身をお店の人にキープしてもらって冷静になろうと外に出たわ。


image

image

落ち着くのよ、ニンゲン・メス!

とりあえずヤモリから思考を開放するために、カメハメハ大王ゆかりの建物でも見て気を鎮めましょ。

これ大王が臨終を迎えた建物を模したヘイアウ。

ヘイアウっていうのはハワイの神殿みたいなもの。

image

ヘイアウの下にいた魚。

image

これはハワイ王朝の別荘。

カメハメハの子孫が何代か住んでたらしいわ。

ヘイアウのすぐ近所にあるわ。



少し頭を冷やしたニンゲン・メスはお店に帰って「本当に気に入ったもの」だけを買ってホテルに帰ったわ。

image

シャツが2枚と絵本が2冊、ビアマグと温度計。




image

ニンゲン・オスへのお土産のTシャツは、テキーラ瓶の底にいる虫を舌の長いヤモリが狙っている、という柄。

ニホンヤモリはエサを捕るときは口にパクッと咥えて捕まえているけど、ヒルヤモリは舐めとるイメージが強いわね。

まぁこんなカメレオンのお化けみたいに舌の長いヤモリはいないでしょうけど。



image
大きなビアマグには4匹のヒルヤモリ。

image
裏。



中でも「収穫が大きかった」って言ってるのは絵本。

image
「The Goodnight Gecko」はハワイの子供の本としてはポピュラーで去年25周年を迎えたベストセラー。

作者の愛を感じるわ。

かわいいわね。


image

「How The Geckos Learned to Chirp」は、このなんとも怖い絵に惹かれて買ったらしいわ。

なにこれジュラ期?

シュールな内容を期待して読んでみたら、けっこう深い話だったみたい。

絵本については、また改めて詳しくご紹介するわ。



image

ニンゲン・メスったら、すっかりこの「ALLEY GECKOS」ってお店に影響されちゃって、「日本でもヤモリ専門店開きたいわー」とか言ってるわ。

日本で通用するのかしら?

どちらかっていうと「イモリ専門店」の方がいいと思うわよ。

あ、黒焼きとか漢方的な意味でなくてよ!!


クリックしてくれたアナタ、♪ I do love you with all my heart~


にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ

image
・・・タムです。

寒いですね。

姉貴は加温もしてねーのに、またガツガツ飯を食い始めましたが、あたしはまだしばらくハニーワームの蛾をときどき食べるくらいで充分です。

追加の暖房、そろそろつけてもらいたいもんですけど、ニンゲンのおかーさんに言わせれば「まだ早い」とのことです。

電気代ケチッてんじゃねーよクソババア。



まぁニンゲンのおかーさんは、あたしたちの健康のことを考えてプチ冬眠期間を設けてるんだそうですけどね。




ニンゲンのおかーさんはハワイ滞在3日目にマウナケアという山に登ってきたそうです。

せっかくあったかい島に行ったのに、なんで好き好んでわざわざ寒い高山なんか登るんでしょーね。



マウナケアは標高4205m、裾野にあたる太平洋の海洋底から測ると、10,203メートルの高さがあり、エベレストを抜いて世界で最も高い山である・・・らしいです。(うぃきぺでぃあ談。)

まぁエベレストでも富士山でも、あたし見たことないんで高さとかよくわかんねーし、どーでもいーんすけど。

image
個人で行くのはけっこー難しいらしいんで、同行者の人がツアーを予約してくれたそうです。


image
ハワイって高い山いっぱいあるらしーんすけど、傾斜がゆるやかなもんだから、あんま高いって感じがしないそうです。


オニヅカビジターセンター。

image
ミスター・オニヅカは1986年のスペースシャトル「チャレンジャー号」の事故で亡くなった飛行士さんです。
ハワイ出身の日系人だったんですね。

オニヅカビジターセンター(標高2800m)まではふつーの車でも行けます。

高山病にならないために、ここで1時間ほど休憩して身体を慣らします。

image

センターの裏手。

image

珍しい銀剣草は、野生のヤギやヒツジに食べられないよう保護されています。

image

正面にはマウナロア山が見えます。

有名なキラウエア火山は、この山の左っかわにあるのですが、マウナロアに比べると標高低いし今は見えません。

image

雲海。

image

赤富士のちっこいのが、山肌にボツボツあります。

ビジターセンターから上は4WDの車でないと上がれません。

4WDの車があれば山頂まで車で行けます。

道中めっちゃ揺れますけど・・・。

image

山頂付近には世界各国の研究機関による天文台群があります。

BlogPaint

日本のすばる望遠鏡がある国立天文台の前ではしゃぐおかーさんたち。

ガイドのおにーさんのスペシャルなカメラで撮ってもらったそうですよ。

image

山頂です。。

image

日が沈む・・・太陽でけぇ!


BlogPaint

ガイドのおにーさんの良いカメラでサンセットを撮る。

アングリーバードの帽子をはじめ、防寒着は貸してもらえます。

image

夕陽の反対側には地球の影が見えます。

日が完全に沈むと・・・

IMG_4486

こんなふうに、6等星までの星が肉眼で見えるですよ。

アイポンのカメラでは写りませんが、良いカメラだとこんな写真も撮れます。



IMG_4483

ガイドのおにーさんの良いカメラで撮ったキラウエア火山のハレマウマウ火口。

山頂からちょっと降りたところで、こんなんまで見えます。

IMG_4484

マグマです。


IMG_4478

ミルキーウェイと金星。

マサシのネイチャースクール
という会社のツアーでは、星に詳しいガイドさんがレーザーポインター使って面白おかしく星の説明をしてくれます。

味噌汁付きの弁当まで付いてきます!
下から持ってきてるくせに味噌汁熱々でネギしゃきしゃきで旨いらしいです。


image

あたし的にはこんな寒そーなとこ行くの嫌ですけど、あっついハワイで、寒~い体験するっつーのもなかなか贅沢ですね。

自然に興味がある人はもちろん、ロマンチックな星空に浸りたいリア充カップルにはオススメだそうですよ。

てゆーか、リア充カップルの比率が高いようです。



防寒具は貸してもらえますが、中に着るフリースなんかは自分で持ってった方がいいです。

酸素薄いんでカイロはなかなか温まりません。


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image

やっほ~


オーちゃんだよ~~



オーちゃん、ニンゲンのおかあさんがハワイにいってるあいだに、ダッピしたよ~~


ダッピしたらおなかすいちゃったから、プチとうみんシュウリョウ~~



image
ココちゃんもダッピしたよ~~


ココちゃん、ボンちゃんのダッピちゅうにタケヅツをセンリョウしたのに、ジブンのダッピちゅうにケイセイギャクテン

またタケヅツおいだされちゃった~~






ニンゲンのおかあさんはハワイのシャシンをセイリチュウなんだけど・・・

BlogPaint
ハワイのひとってニホンジンとくらべて、タイケイがりっぱだね~~


きっと、エイヨウあるものをたくさんたべてるんだよ~~




でもハチュウルイにかんしては・・・

image
にっぽんだいひょう トカさん


image
おいもばたけにいたカナヘビさん



image
トカさん~


image
カナヘビさん~~

マッチョさでトカさんのかち~~



image
にっぽんだいひょう オーちゃん


image
グリコさん


image
オーちゃん


image
グリコさん~

ふくよかさでオーちゃんのショウリ~



ハチュウルイにかんしては、ニッポンのほうがタイケイりっぱかもね~~






ハワイのハチュウルイさんは、なにをたべてるんだろうと、ニンゲンのおかあさんがカンサツしてたら、デイゲッコーが、ちいさいちいさいアリさんをたべているのをみたんだって~~

アリさんのギョウレツをさがして、ながれてくるアリさんをかたっぱしからなめるようにたべてたらしいよ~~


デイゲッコーさんたちは、カラダはぽっちゃりしてたけど、アタマはちいさめ~~

ニホンヤモリはアタマがおおきくて、おくちもおおきいね~~





ハワイのニンゲンのたべものは・・・

image

とにかくおおきいよ~~

パンケーキはニンゲンのおかあさんのかおの1.5ばいのが3まい~~

140ドル~~



image
アサイーボウル10ドル~

Sサイズなんだけど、よしのやのギュウドンサイズ~~

これデザートでショクゴにたべるとか、ニンゲンのおかあさんにはかんがえられないよ~~



image
シェイブアイス3.5ドル~

コオリイチゴみたいだけど、あじはチェリー&ココナツ~~


image
げんちのヒトにニンキのおみせのシェイブアイス3.5ドル~

あじはマンゴー&ウォータメロン&マイタイ~~



コナはカンコウチだから、たべもののネダンがたかいんだって~~




ファーマーズマーケットでかうと、やさいやフルーツはやすくかえるよ~

ちいさいナイフもっていけばよかったんだけど・・・

image

image


ニンゲンのおかあさんはもっていかなかったから、たかいけどスーパーでゴハンかったよ~~

ふたりぶんのユウショク20ドル~


たくさんはいってるから、つぎのひのアサゴハンにもまわせる~~

image

あま~いおかし

image

image

image

image
レッドベルベッドケーキは、みためがエゲツナイけど、あじはフツウにおいしいらしいよ~~



image
おいしいハーブティー

あまさひかえめ~~






image
マウナケアのオニヅカビジターセンターでたべたオベントウ

ニンゲンのおかあさんはカイガイでニホンショクたべたりしないんだけど(たいていマズイから・・・)このオベントウはおいしかったらしいよ~~



いちおうコナでニンキのレストランにもいってみた~~

image


image
アヒ(マグロ)のサラダと、エビ~

すごいたくさん~~



image
ステーキ40ドル~ちょうデカイ

いちまい40ドルのステーキって、ちょっとたかいようだけど、これアメリカのオニクにしてはカナリおいしいし、ふたりでシェアしてもまんぷくになるリョウだから、むしろコスパたかいかも~~


パンももれなくついてくるけど、パンたべるどころじゃなかった~~




ちなみにハワイでは「To go please!」っておみせのひとにいえば、もちかえりようのヨウキをくれるところがおおいよ~~




かえりみち、のりつぎのホノルルくうこうでたべたファーストフードチェーンのチキンセット17ドル~~

image

image
ニワトリ4ぶんの1わ。

それにタイリョウのマッシュポテトとギュウニクがついてくる~

ひとりじゃぜったいムリ~~




image
デルタのキナイショクはリョウちょうどよかった~~


ハワイのゴハンはたいていおいしかったけど、たか~いわりにあんまりおいしくないおみせもあるみたいだから、できればゲンチのひとにオイシイおみせをきいたほうがいいよ~~




クリックしてくれるとうれしいよ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

image
こんばんは♪ リンコです(*・ω・)ノ

ニンゲンさんたら時差ボケで写真がピンボケ('A`)



ニンゲンさんがハワイ島に行っている間に、コカマキリが卵を産みました。

BlogPaint

しかもよりによってプラケの蓋に・・・(*´ェ`*)




留守の間は旦那さんが私たちのお世話をしていましたが、多摩湖畔は雨続きでめっきり寒くなって、私やトカさんはあまり食欲が出ませんでした。

ニンゲンさんが帰ってすぐにトカさんと一緒にレオパフードヨーグルトを頂きました。





オーちゃんは脱皮を終えて早くもプチ冬眠を卒業。

ココちゃんもボンちゃんに続いて脱皮完了!

指先まできれいに脱いでいるので健康状態は良さそうです(´∀`*)




ニンゲンさんはハワイに行って、いろいろと面白いものを見てきたそうですよ( ・Д・)

ハワイ島(ビッグアイランド)は面積にして四国の4分の3ほど。

緯度は低いながら高山の土地であるため、島の中にはさまざまな気候が見られるそうです。

image

北西部~中央山岳の草だけの地域や・・・







image

image
image

南東~北東のジャングル。

写真は有名なアカカの滝。落差128m(゚∀゚)

海から上がってきてこの滝を登る根性ある魚がいるそうですよ(゚∀゚)(゚∀゚)





image
南の火山地帯




image

image

西のリゾート地帯も、ちょっと町から離れると・・・


image

image
溶岩まみれの荒地が広がっています。





南国・・・というと、みんなが想像するプルメリアや・・・

image


バナナ(*´∇`*)

image



色とりどりのハイビスカス.。゚+.(・∀・)゚+.゚

image

image

image

・・・こういう花は、ヒトが住んでいる地域ではよく見られますが、山の中や森の中に行くと・・・


image

image

image

なんだかわけの分からないブキミなものが生えています。

image

image

このムカデのお化けのような植物は、この赤い部分の長さが1m以上もあります。

ブッキーΣ(゚д゚;)


image

指写りこんでますがノニの実。

ブッキーΣ(゚д゚;)Σ(゚д゚;)

現地の人たちはこれを瓶に入れて腐らせ、しみ出してきた汁を薬がわりに飲むそうです。


image

ハワイを代表する花 「オヒアレフア」

ジャングルの至るところで目にします。

image

赤い豆の花。

遠目で見るとオヒアレフアによく似ています。



image

珍しい高山植物 「銀剣草」

ヒマラヤとハワイでしか見つかっていないそうです。




ハワイに着いて2日目に、ニンゲンさんは車で島をぐるっと一周しました。

image

サーストン溶岩洞窟。

image

中はジメッとしています。


溶岩の砂で形成された海岸、ブラックサンドビーチ。

image

image

・・・あら(゚ロ゚;)

image

image

ウミガメさんが甲羅干しをなさっていました(●´ω`●)


image

ニンゲンさんたら、ハワイに行ってお肌カサカサになって帰ってきたわね。

西の方は日本の冬以上に乾燥するようです。

3日目は世界の天文台が集まっているマウナケア山頂まで行ったそうですよ

ダラダラと旅行記は続きます(*´ェ`*)


クリックして頂けるとニンゲンさんが喜びます。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ

このページのトップヘ