IMG_1994
・・・タムです。

天高く馬肥ゆる季節ですが、まだちょっと蒸しますね。



さて、先月生まれたマタギ姐さんのお子さんたち。
IMG_1981
ニンゲンの旦那さんに、勝手に「マタベエ」と呼ばれているマタギジュニアAくん。

よく食べ、よくウロウロします。


BlogPaint
ニンゲンの旦那さんに、勝手に「アカギ」と呼ばれているマタギジュニアBくん。

いつも密かに竹筒の中に隠れています。

彼は将来チキンレースに身を投じて生きていくのか・・・?






2匹の子ヤモの母親は野良の中の野良、泣く子も黙るマタギ姐さんです。
IMG_1998
肩の怪我がなかなか治らないマタギ姐さん。

姐さんはニンゲンに飼われることを良しとしません。

あたしら飼われヤモリと違って、野性で生きることに誇りを持っているヤモリです。


IMG_1999
不自由な身体になった今でも、いつかは外の世界に出ることを志しているマタギ姐さん・・・

そんな姐さんの子供たちですから、いつかは外に放してやらなければなりません。

なるべく早いうちに。


IMG_20190904_141240
ヤモイモ家の庭にはたくさんの野良ヤモリが暮らしています。

おそらくヤモリが暮らしやすい庭としてヤモリ界で知られているのだと思います。

しかし、子ヤモリにとって絶対安全な庭というわけではありません。


ヤモリにとって怖ろしいのは鳥と猫と殺虫剤です。

特に、ヤモイモガーデンで子ヤモたちの脅威となり得るのは鳥です。

過去、庭で負傷してヤモイモ家に運び込まれた爬虫類たち・・・トカさんも、マタギ姐さんも鳥にやられた可能性が高いです。

でも、庭続きの大家さんもエサ台を設置して野鳥を呼んでいるし、ニンゲンのおかーさんも鳥は好きなんだよね。






鳥を追っ払ったり、攻撃したりすることはできないので、子ヤモを鳥から守る工夫をすることにします。

IMG_20190831_105636

このヤモリハウスには、もうすでにお住まいの方々がいらっしゃるようなので、子ヤモたち専用の避難場所を新たに作ることにしました。


IMG_20190830_215939
ニンゲンのおかーさんは近所のホームセンターに行ってホースを買ってきました。

本当は竹竿が欲しかったそうですが、売ってなかったようです。


IMG_20190830_221028
1.5mのホースを半分に切って、さらにカッターナイフでホースの裏表にいくつか穴を開けます。

この穴は、ヤモリがホースに出入りするための入口でもあり、中に雨水などが溜まらないようにするための排水溝でもあります。

IMG_20190831_105415
これは、今年使わなかったガーデニングの棒です。

朝顔やゴーヤのつるを伝わせるためのものです。


IMG_20190831_105455
ホースを棒に結束バンドで固定します。

これを2本作りました。

IMG_20190831_105621
1本はヤモリハウスの側に立てかけます。


IMG_20190831_105801
横から見るとこんな感じ。


1567245474405
もう1本は窓の桟に沿って寝かせて固定します。

上からすだれでカバーします。


1567245478101
リビングの内側から見るとこんな感じです。


野良ヤモの生活エリアは主にこの窓周辺です。

このヤモリ・ホース回廊を伝って、餌場から餌場へ安全に移動することができます。

このエリアにいる限り、鳥に攻撃される可能性は低いでしょう。



・・・環境は整いました!

後は時期をみて子ヤモを放つだけです。


IMG_1962
さて、次回はいよいよ子ヤモを庭に放ちます。

強く逞しく生きてゆけ!


クリックどうも。

にほんログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村