IMG_8398
・・・タムです。


IMG_8399
・・・蒸しますね。


IMG_8402
暑い日は、丸一日寝て過ごすのもいいものですが、最近ずっと寝てばかりなので、ケージ掃除の合間に散歩をすることにしました。

運動不足の解消です。

掃除が終わって、すぐケージに戻されるのはシャクなので、ニンゲンのおかーさんの手の届かない背中に回ります。


IMG_8407
おかげさまで、我が子も元気です。


IMG_8408
大人ヤモリは、「脂っこい餌は嫌だ」だの、「大きい餌はアゴが疲れる」だの、「同じもんばかり食わすな!」だの「ハニ~ワ~ム~~」だの、勝手な文句を言いまくりますが、このチビは生まれてこのかた飽きもせずに、レッドローチのSSばかりバクバク食っています。

レッドローチのSSしか食ってないのに、身体は見るたびに成長し、モモタロウのより大きなウ〇コをぷりぷり出しています。

誰にでもあった。
素直で無欲な子供の頃・・・。





我が家のエサ虫は、今、こういう状態でキープしています。
BlogPaint
エサ虫は、買ってきた容器(プラスチックのコップ)のままキープしています。

増えることはありませんが(デュビアはたまに増えますw)、キープするだけならこの小さいコップのままで充分です。

ただ、中が湿気ると衛生上あまりよろしくないので・・・
IMG_8411
プラコップの蓋に大きめの穴をあけ・・・


IMG_8409
コバエなどの侵入を防ぐために、蓋にティッシュを挟んでいます。

これで中に湿気がたまることもなく、ハエも湧かず、2ヵ月くらいキープができます。



ショップで買うと、プラコップの底にエサ虫のエサが敷いてあることが多いです。
我が家はエサ虫をあまり大きくしたくないので、脂分やタンパク質が多そうな餌は早めに取り除いてしまいます。

エサ虫といえ、その点はちょっと気の毒です。

代わりに野菜や果物など、新鮮な植物質のエサを与えます。

虫に水は一切与えません。霧吹きもしません。

水分は野菜or果物から摂らせます。


(虫注意!)
  ↓
  ↓
  ↓


BlogPaint
今日のエサのエサは、みんな大好きオヤツのバナナです。

(ちなみに、どーでもいい情報ですが、先日ニンゲンのおかーさんが創造した精霊ライオンとは別バナナです。)


デュビアさんたちは、うまそうに食っています。


あたしたちの各部屋に配膳される際も、エサ皿にはエサ虫の他にエサ虫のエサとなる野菜or果物が入っています。

(虫注意!!)
  ↓
  ↓
  ↓

IMG_8412
チビの今日のお膳です。

この状態で、エサ虫はエサ皿の中で3~4日生きていることができます。

ニンゲンのおかーさんは、よく出張で家を留守にしますが、その間、ニンゲンの旦那さんには毎晩のケージへの霧吹きと、エサ皿がカラになったタイミングでエサ虫の補充をお願いしています。


IMG_8403
ニンゲンのおかーさんは、また出張に行ってしまうそうです。

あたしたちのメシの用意さえ、ちゃんとしてもらえれば、あとはどーでもいいです。

クリックどうも。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ