IMG_8116
・・・タムです。

夏まっさかりですね。



IMG_8146
コイツはあたしたちヤモ一家の中で、今のところ一番若年者のモモタロウです。

ビビリなモモは、ニンゲンの気配があると、すぐに物陰に隠れます。

今はニンゲンが見ていないと思って、明るいところに出てきて紫外線を浴びています。


IMG_8155
ニンゲンが来たら、いつでもシェルターに駆け込める体制で背中を焼いています。

あたしには分かります。

どれだけビビリであっても、若人は夏を楽しみたいのです。






IMG_8154
ボンです。

ボンはニンゲンのことを怖がらないわりに、普段はシェルターの中に引きこもっていることが多いインドア乙女ですが、たまにケージの外に出すと、ニンゲンのおかーさんの肩から足の方まで登ったり降りたりして上下運動を繰り返しています。

あたしには分かります。

腹についたタプタプを気にしているのです。


ボンも女子ですから。



image
トカさんです。

今日も日課の「苔掘り」に勤しんでおられます。

本来であれば苔山の麓から山頂までトンネルを開通させるつもりだったのに、計算違いで中腹の変なところに出てしまいました。

このまま後退するのもシャクですし、かといって人間に助けを求めるのはもっとシャクなので、どうしようかと思案しておられます。

あたしには分かります。

トカさんはトカさんなりに、アクティブな夏を過ごしたいのです。





BlogPaint
イモリのおじさんです。

この季節になると、イモリの水槽の壁に保冷剤を押し当てて、水温を調節しています。

高温を苦手とするアカハライモリの中でも、特に暑がりのおじさんは、夏は保冷剤のある壁際から離れようとしません。

今は愛妻と保冷剤の間のベストポジションにいます。

あたしには分かります。

これも幸せな夏の過ごし方なのです。




image
5月10日に産んだ、あたしのタマゴです。

もうずいぶん色が黒っぽくなってます。

孵化は近いのでしょうか。遠いのでしょうか。

世話をしているニンゲンのおかーさんが、もうすぐ夏の出張に行ってしまうので、その間に孵化しちゃわないか気を揉んでいます。







IMG_8114
タマゴの父親であるココです。

「心配してもしょーがないぜ。」と言ってます。

あたしには分かります。

コイツはなんも考えてません。




IMG_8115
ニンゲンのおかーさんは、出張中タマゴが孵っても大丈夫なように、ピンヘッドコオロギとローチSSを大量買いしてきました。

子ヤモの世話と言っても基本的に大人ヤモの世話と一緒で、やることと言えばエサやりと霧吹きくらいです。
ニンゲンの旦那さんに任せてOKなんですが、おかーさんは「できれば孵化の現場には立ち会いたい」そうですwww


クリックどうも。

にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村