こんばんは ヤモイモ母です。


実家にいる間に体調を崩し、すぐに多摩湖畔にトンボ帰りする予定だったのですが、今朝やっと帰ってきました。


昨日、旦那から悲しい知らせがありました。
ボーイズ水槽の男子が一匹、亡くなったというのです。

第一発見者は我が家に出入りしている小学生で(旦那のお教室の生徒さん)水の底に沈んだ状態で発見されたそうです。

引き上げた時の写真が旦那からラインで送られてきました。

このページの一番下に、引き揚げ時のイモリの遺体の写真を載せています。

(このような写真をブログに載せて良いものか悩みましたが、イモリ飼いの方々には何らかの参考になるかもしれません。また、この子の突然死の原因もはっきり分かっていないので、分かる方に見て頂けないかと思い、掲載させて頂きました。苦手な方は見ないでください。)



腐敗の様子も、水かびなども写真で見る限りは分かりません。

ただ、尻尾だけが激しく損傷しています。

事故なのか、病気なのか。



私の留守中、エサはあげていないので、イモリの死因としてよくある消化不良ではなさそうですし、熱中症でもありません。

尻尾がどこかに挟まってしまって、呼吸ができずに溺れてしまったのではないかと推測していますが、病気だった場合、他の子への感染が心配なので、薬を買って帰りました。

IMG_8055

ツボカビ病に効果があると言われている塩化ベンザルコニウム水溶液と、化膿止めの薬です。


水槽を確認したところ、他の子たちに異変は見受けられないので、とりあえず水替えだけして様子を見ています。


IMG_8059






亡くなった子の尻尾の状態です。
IMG_8056

皮がむけてしまった状態です。

負傷していますが、共食いや喧嘩である場合も尻尾の怪我で命を落とすとは、やはり考えにくいです。




全体図です。
IMG_8057
尻尾以外はダメージがないように見受けられます。

やはり事故でしょうか?


2013年生まれ、享年5歳。

もっともっと生きて欲しかった。

可哀想なことをしました。