こんばんは ヤモイモ母です。

しばらく家を留守にしていましたが、トカさんとニンゲン・オスはずいぶんと充実した日々を過ごしていたようです。

IMG_20180622_120122

朝の給餌中。
トカさん、ずいぶんと眠そう・・・。

トカさんはニンゲン側の都合で、もともと朝早く起きて夜遅く寝るトカゲでしたが、帰ってきてみると昼過ぎまで寝て、深夜にゴソゴソと起き出すトカゲになっていました。

なんで多摩湖畔にずっといるアンタが私より時差ボケしてるねん・・・。

IMG_20180622_120133



原因は言う間でもなく・・・
IMG_20180622_200616
ワールドカップです。

今、全世界のニンゲンたちを引き付けてやまない競技は、東京郊外に住む1匹のトカゲをも魅了しているのです。




IMG_20180623_102514

旦那はサッカー狂なので、興奮した旦那がうるさくて毎晩起きてしまう習慣がついたのかと思っていたのですが、旦那は
「(´・ω・`)俺は騒いでない。」
と主張します。

「(´・ω・`)むしろヤモイモトカに気を遣って毎晩ヘッドフォンつけて観てる。それでも俺がサッカー見てるとゴソゴソ起きてくるんだよ。無視してるとプラケの壁をガリガリ引っ掻くんだよ。」

・・・ほんまかいな・・・。




乱れた生活習慣のわりにトカさんの健康状態は良く、エサもよく食べているようで、マッサージすると大きなウ〇コがプリッっと出ました。

ニンゲンにとってもトカゲにとっても、ストレスのない生活というのが一番なのかもしれません。
IMG_20180622_121901
2週間ぶりにトカさんの部屋のメンテナンスです。




障がい者であるトカさんは自力でウ〇コをすることもないし、給餌もニンゲンの手の上でなので、ほとんどケージを汚しません。

しかし、自分で良い環境に移動することができないので、定期的なメンテナンスは必要です。


まず、プラケの中のものを全部出して、水洗いできるものは洗ってしまいます。プラケの底は水拭きします。


プラケの床の上にキッチンペーパーを一枚敷きます。
その上に押さえとして、珪藻土のコースターを3枚とシリコンの蓋を2枚置いています。
BlogPaint
右がドライゾーン、左がウェットゾーンです。

ドライゾーンとウェットゾーンの合間にシリコン素材を置いているのは、ウェットゾーンの水分がドライゾーンに伝わって湿るのを防ぐためです。左のウェットゾーン部分に表面がボコボコした石のプレートを置きます。
ここに水皿を置きます。
どうしてボコボコしたプレートを置いているかというと、前足しか使えないトカさんがツルツルのプラケの床では足が滑ってしまって前に進めないからです。



BlogPaint
また、プラケに緩い傾斜をつけてドライゾーンを少し高くし、ウェットゾーンの苔から染み出した水が上がってこないようにしています。

右半分のドライゾーンにキッチンタオルを重ね置きします。

左半分のウェットゾーンには湿らせた水苔を置きます。

IMG_20180622_121844

トカゲは土に潜る生き物ですが、トカさんは障がいがあるため土に潜れません。
ですので、キッチンタオルと水苔に潜ってもらうようにしています。

トカさんのプラケは横45cmです。
健康なトカゲの場合は衣装ケースのような、もっと広い面積が必要です。

かつ床材は土が望ましいです。
土も、種類によってはトカゲが窒息してしまう場合があるようなので気を付けてください。





IMG_20180622_121849
プラケの右半分にはパネルヒーターが貼ってあります。

トカさんは下半身の感覚がないので、熱いパネルヒーターの上に尻尾を置きっぱなしで寝てしまって、尻尾をヤケドしたことがあります。ですので、パネルヒーターとプラケの間には厚紙を敷いて、パネルヒーターの熱が直接伝わらないようにしています。


IMG_20180622_122007
ドライゾーンに紙で出来た軽いシェルターと、竹炭を置いて完成です。



IMG_20180622_200623
機嫌が悪い時は給餌を嫌がって私の手を引っ掻いたりするトカさんも、テレビでサッカーやっている時はすこぶる大人しいです。

一体、どのチームを応援しているのでしょう?


ちなみにヤモイモ母はサッカーは録画で充分というニンゲンです。にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ