IMG_7635

どぉも! モリーよ!!

日本全国、季節は夏に向かって爆進中よね。

我が家のニンゲンたちは夏の繁忙期に向けて、資料作ったり、いろいろやらなきゃいけないんだけど、パソコンの前に座っても、モチベーションはゼロ・・・。

ネットサーフィンとかやりだす始末。



このブログが始まった頃は「ニホンヤモリ」や「アカハライモリ」主体のサイトって少なかったけれど、今はけっこうたくさんのヤモ&イモHPやブログがあるのね。

いいサイトもたくさんあるんだけど、ちょっと気になるのが「実際に飼育をしたり、飼育者から情報を提供してもらうかして、情報に信頼できる裏付けがあるのか」ってこと。

どっかのペット総合サイト?みたいなブログで、やたら「~らしい。」とか「~のようですよ。」を連発しているのがあったんだけど、ネットで聞きかじったことを適当にまとめるのは、生き物の飼育に関する情報提供者として良心に欠けていると思うわ。

ま、それを鵜呑みにする人もする人だけどね。




っていうか、「ニホンヤモリの寿命10年」ってどこから出てきたのかしら?
ちゃんと立証したのかしら?


まぁ「3年」て書くより「10年」て書いた方が飼う側は大事にするだろうからいいけどね。

・・・なーんてエラそうなことを言ってるけど、もちろんご自身の経験から信頼に足る情報を提供していらして、このブログよりも見やすく纏まっていて、すごく賛同できるブログなんかもあったのよ!





というわけで、仕事を脇に数時間ヤモイモ検索で時間を潰していたニンゲン・メス&オス。

ただ1日地下の作業場にいても鬱々とするだけなんで、夫婦そろって外出したわ。


一面の花畑・・・。

BlogPaint

完全に現実逃避に陥るニンゲンたち夫婦。
BlogPaint

見渡す限りマメ科の花(成長しすぎたカラスのエンドウ?)が咲き誇るここは・・・
IMG_7659

BlogPaint



ヤマトヌマエビやドジョウなんかが生息しているわ。
BlogPaint

日曜ともなると、近所の小学生たちや、子供をダシにドジョウ掬いに来るお父さん連中で賑わうわ。




BlogPaint





でも、今回ニンゲンたちの目的はドジョウではなく・・・
IMG_7646

たわわに実ったマルベリー、すなわち桑の実。

「♪やぁま~の畑ぇの~桑の~実ぃ~を~~(赤とんぼ)」とか、

「♪コクワ~の実また取ってねぇえ~~(ドリカム「晴れたらいいね」)

とか、日本人ならみんな言葉として「桑の実」を知っているはずだけど、見たことない人、食べたことない人は多いんじゃないかしら?

桑の実はアントシアニンとカリウムが豊富。
東京も郊外に行けばたくさん桑の木が自生しているわ。



かつては養蚕に必要不可欠だった桑。
オカイコ様のエサになる他に、葉っぱはお茶にできるし、実は美味しくてほっといてもたくさん生るし、こんな生産性のある木って他になかなかないと思うのよね。


今年はニンゲン・メスは養蚕には手を出していないけれど、桑の実が実る時期と、大きい実がなる木は、去年一昨年の経験で熟知しているわ!


IMG_7677

今回の収穫。
あっと言う間にこんなにたくさん取れちゃったわww

右はジャム用に軸を取ったもの。
この軸を取るのが面倒くさい。

あと、手がまっかっかになるし、汁が服についちゃうとなかなか色素が抜けないから気をつけてね。


IMG_7682

軸を取って綺麗に洗った桑の実300グラムに、レモンリキュールとワイン、お砂糖20グラム、ハチミツ大匙2を加えてコトコト煮詰めるわ。

我が家のニンゲンどもはジャムの消費が早いからお砂糖の量は少な目で作るけど、保存目的ならもっとお砂糖入れた方がいいわよね。


さ、ジャムを煮ているうちに日が暮れたわ。
・・・仕事しなさいよ・・・



IMG_7684
マルベリーっていうと、爬虫類・両生類飼育者の頭に浮かぶのは「マルベリーカルシウム」よね。

ま、あたしは桑そのものより、桑の葉についてるクワコの幼虫の方が気になるけどね。



クリックしてくれた貴方、一緒にね、いろんな話しましょ