IMG_7383


・・・タムです。

ぬくい・・・っつーか、なんかもう暑いっすね。





ここんところ、なんか急にブログの閲覧数が伸びて
「あ、もうヤモリの季節だなー。」
「野良ヤモリが活動し始めて、ニホンヤモリで調べてたどりつく人が増えたんかなー」って思ってたんすよ。

・・・ところがまー・・・。

みんなどーやって検索してくんのかなって思って「検索ワード」ってのを見てみたら、「ヤモリ 冬眠 失敗」 「ニホンヤモリ 冬眠 死んだ」とかが結構多くて、春からダークな気分になりましたよ。



IMG_7391
本文と関係ないけどシャガです。


「NEVERまとめ」とかに、「ヤモリを冬越しさせよう」とかいう記事がありますが、5ヵ月なんも食べなかったって書いてあるだけで、室温何℃でどういう状況で冬越しさせたのかは全く書かれてないんですよね。

「冬眠しない場合は乾燥に気をつけよう」とありますが・・・オイオイちょっと待て。

ヤモリは冬眠中ずっと寝てるわけじゃありません。エサは食わなくても時々起きて水は飲みます。


つーかさ・・・寝てようが起きてようが、人だろうがヤモリだろうが、生き物乾燥させたらミイラになるわ!分かれよ!!



そもそも、二ホンヤモリは「冬眠」はしません。



あたしらニホンヤモリは平安時代あたりに中国あたりからやってきた外来種だと言われてます。

古くからの在来種のニホントカゲやヤマネなんかと違い、完全に冬眠をすることはできないんです。

凍るほど寒すぎない、でも代謝が上がってしまうほど暖かくもない、ぎりぎりの温度設定で、ぎりぎり生き延びている状態というのが所謂ニホンヤモリの冬眠です。

野生のヤモリはこのぎりぎりの温度設定の場所を自力で見つけて、あくまで自己責任で冬越しします。

しかしこの「ぎりぎりの」状況を人為的に作るのは、かなり難しいと思われます。



つーかさ・・・
なんでテメーが好きで飼ってるペットに「ぎりぎりの状況」を強いろうとするん?
パネルヒーターの電気代なんてたかが知れてるだろーが。
電気代ケチるとか世話めんどくせーならそもそも飼うなよ!!



・・・てことが言いたかった、タム5歳、ニンゲンのおかーさん3〇歳の春でした。

IMG_7384

ヤモイモ家でも「プチ冬眠」と呼ばれるクールダウンをすることはあります。

これは11月くらいになって気温が下がってきて、ヤモリの食欲が落ちても、1ヵ月ほどヒーターを付けずに様子を見ることです。

これは秋の間に身体に貯めこんだ脂肪分をほどよく消費させることと、本格的な冬になった時にヤモリの絶食を避けるのが目的です。

ほぼ断食のような状態ですが、生餌や固形エサを食べなくても、栄養不足でクル病にならないように、様子を見つつ1週間から10日に1度くらいビタミン剤や、レオパードゲッコーフードやカルシウム剤など、液状の消化の良いエサを強制給餌させることもあります。

それくらい注意してやらなきゃ「冬眠≒断食」は怖いです。



いやほんと、豊富な経験とか、知識とか、実践に基づいた確かなデータがあるなら(あるならまじ教えてください!)やってみてもいいかと思うんすけど・・・今の時点で信頼できる安全なニホンヤモリの冬眠方法って、ないですよ。

そのデータとるために罪もないヤモが犠牲になるのも嫌ですし、ヤモイモ家でそーゆー非道なヤモ体実験やるのは絶対に嫌です。


IMG_7392
関係ないけどシャガです。



可哀想じゃね?

すげー寒くて乾燥したところや、反対にすげー中途半端な温度で逃げることもかなわずミイラになって死ぬの。

そーゆーのまじやめたげてほしい。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村