IMG_6766
どぉも!

モリーよ!!


今日はニンゲン・メスがハワイで買ってきた絵本の紹介。


グルメなあたしとしては、絵本なんかより食べ物のほうが興味あるんだけど、こういうものを紹介するのはやっぱりある程度の教養がなくちゃダメよね。

ヤモイモ家で一番インテリジェンスがあるあたしが受け持つしかないんでしょうね。

しょうがないわね。



まずはこの一冊。

image

「おやすみヤモリくん」(ニンゲン・メス訳)

初版が出てから25年間、愛され続けているハワイの絵本。

対象年齢は2歳~6歳・・・くらいかしら?

「とお~い しまの、おおきな やまのちかく、きんいろの はまべの そばに、ちっちゃな あかい おうちが ありましたとさ。 

ちっちゃな あかい おうちには、おかあさんと、おとうさんと、おんなのこと、おとこのこと、それからヤモリのかぞくが すんでいましたとさ。

おかあさんヤモリと、おとうさんヤモリ、それから2ひきのチビヤモリ。」(ニンゲン・メス訳)


先に生まれた姉さんチビヤモは、生まれてすぐにお月さまやお星さまに挨拶したのに、後に生まれた弟チビヤモは、ヤモリのくせに『暗い夜が嫌い!』と言って、巣から出てこないの。


弟チビヤモは太陽の下で花を摘んだり・・・

image




明るい海の中で魚と泳いだりしてみたいと言うのだけれど・・・

image

ヤモリは夜の生き物。

母さんヤモリに諭されて、チビヤモは夜嫌いを克服するために素晴らしい夜の世界を母さんと一緒に見に出かけるわ。

image

夜の世界で見た美しいものたちに、母さんヤモリは「Goodnight to・・・」と呼びかけていくのだけれど、文章が韻を踏んでいるから日本語訳するにはそれなりに詩心のある人でなきゃムリね。

でもとっても易しい英語だから、子供の英語の勉強なんかにちょうどいいと思うわ。


素敵な絵とお話しなんだけど、ニンゲン・メスが一番心を動かされたのは背表紙!

image
細かい字と丁寧なイラストで描かれたヤモリの説明文!!

・・・なにこの溢れるヤモリ愛・・・。



なによ、アマゾンで買えたじゃない・・・




2冊目は独特の存在感を放つコレ!

image

「ヤモリが鳴くようになったわけ」(訳 ニンゲン・メス)

対象年齢は小学校中学年くらいかしら?


「はるか昔、世界がまだ新しかった頃・・・夜、星は澄んだ空にきらめき、暖かな空気は静けさに満ちていた。なぜならヤモリたちが、まだ鳴くことを知らずにいたからだ。」



小川の傍の若いコアの樹に、ヤモリたちが住んでいたのだけど、彼らは朝から晩まで自分たちの生活に不平不満をこぼしながら暮らしていたの。

image

ある日、「ポノ」と名乗る謎の人面幼虫がやってきて、コアの樹にヤモリたちと一緒に住み始めるのだけれど、同じ環境に暮らしながらポノはいつもニコニコと上機嫌で口笛を吹いているわ。

それがヤモリたちの気に障って、ポノに対して意地悪な態度をとったりするのだけれど、ポノはどこ吹く風。

「僕は怒ることで時間を無駄にしたくないんだよ。君たちは僕の感情を害したりはできないね。
君たちが不幸な気持ちでいることに決めたからって、僕まで不幸な気持ちにならなきゃいけないわけはないもの。」

と言って、ニコニコと口笛吹きながら働いているの。

この幼虫・・・何の教祖!?




ある日、怖ろしい嵐がやってきて、ポノとヤモリたちの暮らすコアの樹は危機に直面するわ。

樹の上へ上へと逃げるヤモリたちの耳に、風の音の切れ間から、ポノの力強い口笛が聞こえてくるの。

image


いじめ、レイシズム、人生観、友情・・・

想像していたよりはるかにテーマが深くてニンゲン・メスは驚いたわ。



お話しを書いたのはマウイ島に住む15歳の女の子と、そのお父さんなんですってよ!

どうも「The Goodnight Gecko」の作者の娘と旦那さんぽいわね。


絵を描いた人はベトナム人の画家らしいんだけど、ベトナムのヤモリってこういう顔なのかしら?

ちょっとベトナム行ってみたくなったわ。


ちなみにハワイ語でPonoは「幸せ、感謝、正しい」の意。


image

ニンゲン・メスはこの絵本を買って、ひとつ「しまった!」って思ったことがあったわ。

ニンゲン・メスったらハワイ島滞在中、デイゲッコーにはたくさん会ったけど、夜行性のヤモリにはぜんぜん会えてなかったのよ。

こんな絵本があるってことは、夜にもヤモリはいっぱいいるはずじゃない!

次は夜ヤモリに会いにマウイ島に行かなくちゃね!


クリックしてくれた貴方「Goodnight! Have a sweet dream
]



にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村


ヤモリランキングへ