①住まい

ニホンヤモリ飼育の場合は爬虫類用のアクリルケージより、昆虫用のプラスチックの飼育ケースの方が扱いやすいし安価です。

ヤモリはプラスチックの壁を登ります。
なるべく高さのあるものを・・・。

我が家のオーとタムが使っているサイズ3L


もうすこし小さくてもいいでしょうが、隠れ家や湿度を保つためのウェットシェルターなどを中に入れることを考えると、ある程度の広さは必要です。

オーちゃん愛用のウェットシェルター。


ウェットシェルターは買った方がてっとり早いですが、タッパーの側面にヤモリが出入りできる穴をあけ、湿らせたミズゴケを入れる・・・など、自分で作ることもできます。




隠れ家は絶対に入れてあげてください。


一応スドウのシェルターをのせてみましたが、こんな立派なものでなくても、板切れでも段ボールでも何でもいいので、ヤモリが身を隠せる場所を作ってあげてください。



②エサ

とりあえずSサイズのコオロギを用意してあげましょう。
チャームさんは15時までに注文すれば翌日配送です。
体長4㎝程度の赤ちゃんヤモリの場合はSSサイズを用意します。


コオロギはヤモリを攻撃することがあります。
一度にたくさんのコオロギを飼育ケースに投入しないように!

Sサイズ以上のコオロギは、できれば後ろ足をとってからヤモリに与えてください。

コオロギをエサとして与える時に、直に飼育ケースに放り込むのではなく、コオロギは登れないけれどヤモリが出入りできるようなプラスチックのエサ入れを用意してあげると安心です。


③サプリメント

飼育下のヤモリはカルシウム不足でクル病を発症しがちです。
エサにカルシウム剤の添加は必須です。

マルベリーカルシウムにはカルシウムだけでなく、少量のビタミンも含まれています。


④保温器具

飼育環境が20℃を下回る場合、保温のためにパネルヒーターが必要です
気温が低いとヤモリはエサを消化できません。

パネルヒーターにはさまざまなサイズがあります。
飼育ケースの大きさにもよりますが、内部が22~29℃になるのが望ましいです。

飼育ケースの外壁にセロテープなどで貼り付けます。

パネルヒーターを張り付けた飼育ケースを段ボールや断熱シートなどで覆うと内部が暖まりやすくなります。



温湿度計、必須です!


・・・以上がとりあえずヤモリ飼育で揃えなければならないものです。




⑤温度・湿度があるのに一週間以上エサを食べない
尻尾が曲がっている、アゴが外れて口が閉じない・・・等の場合

クル病の怖れがあります。
口が閉じないなどの場合、緊急を要します。


ヤモリに流動食を作って与えます。

常温のプレーンヨーグルトとレオパードゲッコーフードを1:1の割合で溶いて、暖かい室内でスポイトを使って人の手から与えます。鼻に入れないように注意してください。

病気の兆候など、詳しくは病気への対処をご覧ください。


にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ

にほんブログ村
 にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
 
ヤモリランキングへ

 爬虫類・両生類