image
・・・タムです。
蒸してます。

パキラ鉢にはえたキノコ、先週ニンゲンのおかーさんが根こそぎ撤去したのに、復活してますよ!しかも巨大化してwww
image

BlogPaint

進撃の毒キノコ!!!
コガネキヌカラカサタケというらしいです。

食べて死ぬような毒はないそうです。
上等のシメジのようなすんげーいい匂いもしますが、食べない方が良いですよね?


ニンゲンのおかーさんがこないだ買ってきたフタホシM、完食です。
おかーさんは今日、また中野行って、今度はレッドローチを買ってきました。
レッドローチ数十匹をカバンにしのばせたまま、友達と会って、都内某チェーン店で食事をしてきたそうです。

ローチを買って帰る最中、都会の人ごみのなかで、おかーさんがいつもまざまざと想像する光景があります。
「ここでアタシがドジ踏んで、カバンがぽーんと飛んで中身がかぱぁっと飛び散ったら・・・どうなるかなぁ~」

一瞬でテロリスト認定されますね。爬虫類飼いの皆さん、くれぐれもお気をつけて。



さて、ついさっき平らげたフタホシコオロギの話ですが、ニンゲンのおかーさんはとても興味深いものを目にしたそうです。

あ、最初に断っときますが、今日の話題は虫嫌いな人にはもちろん、虫好きの人にとってもけっこうグロい話です。



ニンゲンのおかーさんが後脚をモギモギすべく、コオロギを捕まえていると、1匹のコオロギがこのような状態だったのです。image


なんと、人参に自分で穴をあけて隠れている??

ちょうどコオロギ1匹が入れるくらいの幅の穴。深さが足りなくて頭隠して尻隠さず状態になっていますが・・・

image
BlogPaint



小さな虫が必死に隠れようとするさまは、なんとも哀れを誘いますが、食べるべく買ってきたコオロギ、ニンゲンのおかーさんは心を鬼にして、ピンセットでコオロギの後脚の関節あたりをつまみました・・・と、コオロギが跳ねた!!!

びっくりしたおかーさんは、慌ててコオロギを抑えようとしましたが、あろうことか、コオロギはおかーさんの肘と出窓の角の間に挟まれて、お腹のあたりで、まるで鋭利な刃物で切断したかのようにスッパリと、キレイに真っ二つになってしまいました・・・

・・・フタホシって、柔らかいんですね・・・


もっとビックリしたのは、フタホシの断面が綺麗なオレンジ色・・・ちょうどその時食べていた人参そのものの色をしていたことでした。


まるで甲にゴハンがぱんぱんに詰まったイカ飯のごとく、コオロギのお腹の中には色鮮やかなニンジンピューレがぎっしり詰まっていたのです。

ヤモイモ家ではガットローディングと称してエサ虫にいろいろな野菜や果物を食べさせています。ガットローディングの効用については賛否両論ありますが、ヤモイモ家で分かっているのはエサ虫に食べさせるエサによってあたしたちの食い付きがぜんぜん違うということです。

バナナを食べさせたコオロギは好きだけど、ピーマン食べさせたコオロギはぜんぜん見向きもしない、とか。

虫の美味しい・美味しくないは中に入っているピューレ(?)の違いなのではないか・・・とニンゲンのおかーさんは思ったのです。
BlogPaint





さて、明日からのメニューはトマト味のレッドローチです。
image


あ、グロかったらゴメンナサイ。
ちなみに関係のない話ですが、ニンゲンのおかーさんが大学時代付き合っていた彼氏の実家では蝉を唐揚げにして食べたそうですよ。

ニンゲンのおかーさん、学生時代にそのエピソードを聞いて以来、蝉の声を聞くたびに目に浮かぶのは九十九里浜ではなく「唐揚げ」です。


クリックしても何も出ませんが、してもらえると嬉しいです。それなりに。
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ