image
♪ア〜ホ〜ピュドンマ〜イ
ア〜ホ〜ピュ〜ドンマ〜〜イ♪
image

ワラプッダン イン ワ~~~ズ♪♪



今日という日をつましく生きる市井のみなさんグッディーブニング♪

エルトン ジョンがゲイだってことは知ってたけど、同性婚してたとはつい最近まで知らなくて驚きを隠せない旧世代井の中のイモリ・サラよ

男同士or女同士で結婚できるだなんて時代は進んでるわね〜




時の流れといえば・・・まだ梅雨入り前だってのにすでに夏の気候よね。

パレ・ド・イモリンは只今「食欲の初夏

特にジェントルメンの食欲がすごいわ!

他の季節はレディースに比べて食べる量は少ないのだけど・・・
・・・・1年分食いだめするつもりかってくらいの勢いねっ!!



己の欲望のままに、がっつがっつ食べてるけど、両生類は食べ過ぎによる消化不良が命に関わることもあるから食事の分量はニンゲンサイドで調節してね。




それにしても暑くなってきたわね。

水温はまだ日中23〜24℃でいいんだけど、28℃を超えると男子の方からバテてくるわ。

女子の方が水温の変化には強いみたいなの。
やっぱり女ってスゴイわね・・・。


ヤモイモ家はそろそろ夏の水温対策の準備を始めたところ。
まーたいしたことはしてないんだけどね。


最近では水を冷やすファンなんかも売ってるけど、水の蒸発が激しいのでヤモイモ家では水を冷やすのに氷を使うわ。

まず空のペットボトルを用意して、水道水入れて凍らせるの。ペットボトルの大きさは冷やす水槽の大きさやお部屋の暑さにもよるけど、アタシたちが使っているのは1.5ℓ入り。
image

あとは500㎜を何本か用意しといて状況によって足したりするわ。




これを直に水槽に入れちゃうって御家庭もあるみたいだけど、水温の変化が激しい上にすぐに氷が溶けちゃうので、ゆっくりじわじわ半日もたせたいヤモイモ家では、凍ったペットボトルにタオルを巻いて水槽の外の壁からぴったり密着させるわ。
image

ぴったり壁面に密着させないと意味ないから気をつけてね。


半地下で室温があまり上がらないヤモイモ家では、通常はこれで大丈夫なんだけど、猛暑日や、もっと暑くなるおうちの場合、魚屋さんにあるような大きな発泡スチロールの箱があると便利ね。
image

これはキャンプとかバーベキューとか行く時、ビール冷やして持っていく用の発砲スチロール。


image

発砲スチロールの中に、水槽と凍らせたペットボトルを適当な本数入れるわ。
夏の日中にニンゲンたちが留守をしてクーラー入れてもらえないときなんかは、こうして凌いでるわね。

キャンプもバーベキューも行かないお宅なら、断熱シートが何枚かあれば便利よ
水槽と凍ったペットボトルを一緒にくるんでしまうの。

断熱シートは冬場のヤモリ小屋の保温対策にも使えるし、ニンゲン・メスは数枚持ってて重宝してるわ。
ご近所へのお中元に冷えた水羊羹なんかを持っていくときにも便利よ~、て・・・冗談よっ





アカハライモリが普通に生活できる温度は亜種にもよると思うけど、だいたい15℃以上28℃以下。20℃~25℃に保てるとベストよ

でもあまり急激には冷やさないでね!
アタシたち急な温度変化はキライよ!!

ゆっくりじわじわ温度下げてちょうだい。


成体は冬は7℃以上ならまぁ生きてられるけど、夏場は30℃越すと弱い固体は危ないわ

※ちなみに上陸前の幼体の場合、あまり冷やしすぎても成長が遅くなるわ。
かといって高温でも可哀想なので、成長速度を見ながら、成体水槽よりもマイルドな感じで冷やしてあげるのがベターね。ヤモイモ家ではベビー水槽はだいたい26~27℃くらいだったわ。




二人のカンケイは年中アツアツでもいいけれど、お水はヒンヤリしてる方が好き
image

くれぐれも夏の水温上昇には気をつけてね


いつもクリックしてくれるアナタ
♪ハウ ワンダホー ライフ イズ   
ワイル ヨー イン ザ ワールド♪♪
にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

ヤモリランキングへ